加藤珈琲店:世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャル

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャルです。

加藤珈琲店は、愛知県名古屋市に本社を置く大手コーヒー店です。

コロンビア エルドラードスペシャル

スポンサーリンク

エルドラードスペシャル

ピタリートの地理的場所

コロンビア エルドラードスペシャルは、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)ピタリート市(Pitalito Municipality)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

ピタリートは、ウィラ県でもコーヒーの最大の産地の1つです。標高1,300m - 1,400mの山岳地帯で、ユネスコ世界遺産に指定されたサン・アグスティン遺跡郡がある場所です。この遺跡は独特な石彫でよく知られています。

同時にゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。ピタリートはかつては内戦の色濃く、家計を支えるためにコカインが栽培されていましたが、その後コーヒーの栽培に非常に適した環境、気候でと生産者たちの努力によって、スペシャルティコーヒーが栽培されるようになりました。現在では、コロンビアでも有数のコーヒーの産地となり、中にはカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)に入賞するまでになった農園もあります。ピタリートの各農園では、収穫時期になるとそれぞれの農園に手伝いに出るなどお互いに協力し合ってコーヒーが生産されています。

ピタリートは、ウィラ県のなかでも標高が高い丘陵地帯で、特に高品質なコーヒーが栽培されていることで有名です。酸性の土壌がシャープな味わいを生み出します。険しい丘陵地帯で機械の搬入が困難なため、コーヒーチェリーは手摘みで収穫されます。

スポンサーリンク

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャル

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャル

この珈琲豆は、コロンビア南西部のウィラでも特に素晴らしいコーヒーが栽培されていることで有名なピタリート地区で栽培された珈琲豆です。

香り:★★★★
コク:★★☆☆
甘味:★★☆☆
苦味:★☆☆☆
酸味:★★☆☆

加藤珈琲店

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャルは、Qグレードのスペシャルティコーヒーです。

Qコーヒーは、アメリカスペシャルティコーヒー協会SCAAの基準で、味覚評価80点以上の高品質のコーヒーです。
CQIが認定した3人のQグレーダーによって厳しく品質の味がチェックされています。
そして、合格した珈琲豆がコーヒー生産国から、日本へ輸出されます。
消費者の皆様はQグレードのコーヒーは、第三者による認証を受けていることから信頼と安心、間違いない風味のよいコーヒーを得ることができます。

加藤珈琲店

Qグレードのコーヒーとは、カッピングの資格を持つQグレーダーが、甘さ、酸味、質感、風味、後味、バランスなどの各カッピング項目に基づき、コーヒー豆を複合的に評価し、合計で80点以上で評価した豆のことです。

世界の珈琲鑑定士が認めた高品質コーヒーの称号です。

Qグレード(Q-Grade)とは高い品質をもつコーヒーに与えられる称号で、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットにQの称号が与えられます。SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の関連団体であるCQI(Coffee Quality Institute)の認証です。世界規格認定のスペシャルティコーヒーなのです。

加藤珈琲店

Qグレーダーとは、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)(Specialty Coffee Association of America)(現スペシャルティコーヒー協会(SCA))が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができると、コーヒー品質協会(CQI)(Coffee Quality Institute)、場合によってはアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)とコーヒー品質協会(CQI)の両方が認定した技能者のことです。

日本においても、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)(Specialty Coffee Association of Japan)が試験を行っており、Qグレーダーの資格を取得することができます。

評価方法は、コーヒー生産者またはその代理者が、コーヒー品質協会の協力機関(ICP)(In-Country Partner)に生豆サンプルを送ります。生豆サンプルを受け取った協力機関が、3人のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を委嘱します。選ばれたQグレーダー3人が、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)方式のコーヒー評価法に基づいて、当該生豆サンプルを評価します。80点以上の評価を受けることができれば、その生豆はQグレードを名乗ることができます。

パイナップルのようなフルーティーな酸味と甘さが目立って感じられる味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事