スターバックス リザーブ®:コロンビア セロ アズール

スターバックス リザーブ® コロンビア セロ アズールです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

コロンビア セロ アズール

スポンサーリンク

セロ アズール

セロ・アスール(Cerro Azul)(または、セロ・アズール)は、コロンビア(Colombia)バジェ・デル・カウカ県(Valle del Cauca Department)トルヒージョ(Trujillo)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))または太平洋沿岸/チョコ自然地域(英語:The Pacífico/Chocó (natural) region、スペイン語:La región del Pacífico​​​ (de Colombia))のバジェ・デル・カウカ(Valle del Cauca)に区分されます。

セロ・アスールは、カフェ・グランハ・ラ・エスペランサ(Cafe Granja La Esperanza)の所有農園です。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® コロンビア セロ アズール

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

コロンビア セロ アズール

※ラベルデザイン
コロンビア セロ アズールのコーヒーカードのアーティストはそのデザインの中で、希少なゲイシャを表現しています。
ゲイシャの木の葉とチェリーがデザイン全体に広がり、この特別でユニークな品種を祝福しています。

スターバックス
コロンビア セロ アズール

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を、40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

コロンビア セロ アズールは、スターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

ゲイシャの明るく華やかなフローラルフレーバー、柑橘系の酸味、コロンビアコーヒーのマイルドでまろやかな口当たりが印象的です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事