グリーン フォレスト コーヒー:コスタリカ タラス ホワイトハニー

グリーン フォレスト コーヒー コスタリカ タラス ホワイトハニーです。

グリーン フォレスト コーヒー(Green Forest Coffee)は、北海道札幌市手稲区にあるダイレクトトレードの生豆と自家焙煎珈琲の販売所です。

コスタリカ タラス ホワイトハニー

スポンサーリンク

ビオカフェ・オロ・タラス

コスタリカ タラス ホワイトハニーは、コスタリカ(Costa Rica)タラス(Tarrazú)のラ・パカヤ(La Pacaya)、ラ・コンセプシオン(La Concepción)、ナポレス(Nápoles)、ダリア(Dalia)、エル・ジャノ(El Llano)の各農園から集めたコーヒーチェリーを、ビオカフェ・オロ・タラス(Biocafe Oro Tarrazú)で精製したロットです。

ビオカフェ・オロ・タラスとそのブランドであるカフェ・ドーガ(Café Döga)は、2003年にドーガ家(Döga Family)によって設立されたプロジェクトです。

このロットは、カフェ・リベンス・デル・チリポ(Café Rivense del Chirripó)が、品質監視、乾燥区分、包装、輸出を担当しています。グリーン フォレスト コーヒーは、カフェ・リベンス・デル・チリポとダイレクトトレードを行なっています。

品種

品種はカツアイ(Catuai)、カツーラ(Caturra)です。

精製方法

精製方法はホワイトハニー(White Honey)です。

スポンサーリンク

グリーン フォレスト コーヒー コスタリカ タラス ホワイトハニー

コスタリカ タラス ホワイトハニー
コスタリカ タラス ホワイトハニー

コスタリカ タラス地方にあるLa Pacaya、La Concepción、Nápoles、Dalia、El Llano各農園から集められたコーヒーチェリーをビオカフェ・オロ・タラズ マイクロミルで精製したロット。
COE常連となったカフェ・リベンセ・デル・チリポが収穫時および収穫後の品質監視、乾燥区分、包装、輸出を担当し、高品質の製品を保証しています。

カッピングコメントとしてはチョコレート、キャラメル、程よい酸味とマイルドなボディ。

品種はカツーラとカツアイ。
The Costa rica Coffeeという印象。
焙煎歴20年の職人がアンティーク国産窯で焙煎。
焼きは1ハゼ終了から火力を落として少し引っ張って2ハゼ前に釜だしした軽い酸味の浅煎り。

グリーン フォレスト コーヒー

チョコレートとナッツのようなフレーバー、甘さ控えめのガムシロップのような厚みのある口当たりが印象的です。浅めの焙煎ですが酸味は控えめで、ふくよかな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事