エチオピア テスティ・コーヒー

エチオピア テスティ・コーヒー

スポンサーリンク

テスティ・コーヒー

"TESTI COFFEE VEDIO",Tek Printing & Advertising 2021年6月10日.

テスティ・コーヒー(Testi Coffee)(Testi Trading PLC)は、エチオピアのヨニス家(Yonis Family)の家族経営のスペシャルティコーヒー生産・輸出業者です。テスティ・コーヒーは、エチオピア商品取引所(ECX)(Ethiopian Commodity Exchange)、アフリカ最高級コーヒー協会(AFCA)(African Finest Coffee Association)、エチオピアコーヒー輸出業者協会(ECEA)(Ethiopian Coffee Exporter Association)、エチオピア商工会議所および各業界団体(ECCSA)(Ethiopian Chamber of Commerce and Sectoral Associations)に加盟しています。

創業者は、ファイサル・アブドシュ・ヨニス(Faysel Abdosh Yonis)です。

ファイサルは、コーヒー生産者の家庭に生まれ、幼い頃からエチオピアのコーヒー文化の豊かな伝統を享受してきました。彼の父親であるアブドシュ・ヨニス(Abdosh Yonis)は、ハラール(Harrar)のチェレンコ(Chelenko)の近くに、2つの農園を所有していました。しかし、アブドシュは、デルグ政権期に農園を失いました。

ファイサルは、1990年代後半にコーヒー市場に関心を持ち始め、コーヒー農家の代表として彼らのコーヒーを地元市場へ紹介し、販売していました。国内でスペシャルティコーヒーの可能性が高まる中、彼はチャンスと感じました。エチオピア商品取引所(ECX)の制約を受けながらも、彼は状況が変わることを予感していたのです。アメリカ合衆国で育ち、教育を受けた甥のアドハム(Adham)を雇い、アウトリーチとマーケティングを手伝わせました。そして、2009年にファイサルは、自らの会社であるテスティ・コーヒーを設立しました。

現在、テスティ・コーヒーは、グジ(Guji)、イルガチェフェ(Yirgacheffe)、シダモ(Sidamo)、リム(Limu)といったコーヒー生産地域に、ウォッシング・ステーションを所有・運営しています。

「テスティ(Testi)」という名前は、ハラリ語で「幸せ」という意味で、ファイサルの真ん中の息子の名前でもあります。

テスティ・コーヒー Testi Coffee:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/africa/ethiopia/exporter/testi-coffee

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事