工房 横井珈琲:エチオピア アイラ ウォッシング・ステーション

工房 横井珈琲 エチオピア アイラ ウォッシング・ステーションです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

エチオピア アイラ ウォッシング・ステーション

スポンサーリンク

アイラ ウォッシング・ステーション

アイラ ウォッシング・ステーション(Ayla Washing Station)は、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)シダマ地方(Sidama Zone)ベンサ郡(Bensa Woreda)シャンタウェネ住民自治組織(Shantawene Kebele)に位置するウォッシング・ステーションです。

アイラ ウォッシング・ステーションは、は2013年に建設されましたが、2019年にテスティ・コーヒー(Testi Coffee)(Testi Trading PLC)に引き継がれました。

アイラ ウォッシング・ステーションは、テスティ・コーヒーが引き継いでから飛躍的に発展しました。2年後には、乾燥ベッドを追加するスペースを備えた広い敷地になり、収穫期にはより多くのコーヒーを処理できるようになりました。

スペースに余裕ができたため、テスティ・コーヒーは、プレミアム・セクションとスタンダード・セクションの2つのセクションにエリアを分けました。この区分により、テスティ・コーヒーは、トップ・グレードのロットを他のグレードと区別して処理することができるようになりました。プレミアム・セクションには、精製とロジスティックスを監督する別のマネジメント・チームも置かれています。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 エチオピア アイラ ウォッシング・ステーション

エチオピア アイラ ウォッシング・ステーション
エチオピア アイラ ウォッシング・ステーション

アイラウォッシングステーション は 2013 年に開設され、 2019 年にテスティ・トレーディング社によって運営されることとなりました 。 同社 の代表、ファイセル A. ヨニスさんは、コーヒーを栽培する家庭に生まれ、若いころからエチオピアの豊かで伝統的なコーヒー文化に親しんできました。
90 年代後半になると、ファイセルさんはコーヒー市場への関心を抱き始めます。彼はコーヒー生産者たちと地元の市場を繋ぐ役割を果たすことで生産者たちの代表となり、その後、テスティ・トレーディング社を立ち上げました。
テスティトレーディング社は、アイラ ウォッシングステーションの運営を始めて 2 年の間に、乾燥用のベッドを追加するため土地を拡大し、生産処理能力を向上させてきました。
アイラウォッシングステーションは 、最高品質のコーヒーを作り 、エチオピアコーヒー産業におけるスペシャルティコーヒー のロールモデルとなることをミッションとしています。

工房 横井珈琲

エチオピアらしいモカ・フレーバーを伴った華やかなフレーバーと酸味、はちみつシロップのような甘さとなめらかな口当たりが印象的です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事