カフェテナンゴ:コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニー

カフェテナンゴ コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニーです。

カフェテナンゴ(Cafetenango)は、2008年に創業した東京都世田谷区の中米スペシャルティコーヒー専門店です。店主の栢沼 良行(かやぬま よしゆき)が直接現地の農園に赴き、信頼関係を築いた農園からコーヒーを買い付けています。

コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニー

スポンサーリンク

サンタ・ロサ 1900

サンタ・ロサ 1900(Santa Rosa 1900)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)タラス・カントン(Tarrazú Canton)サン・ロレンソ(San Lorenzo)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

サンタ・ロサ 1900は、ベネフィシオ ラ・リア(Beneficio La Lía)の所有農園の1つです。

コスタリカのタラス県の実力あるマイクロミル【ラ・リア】は、ドラゴン農園やラ・トリニダード農園などカップオブエクセレンスでおなじみの超有名農園を所有する一方でまだまだ知られていない優良農園も多数所有しています。

その中でも特に優良な農園の一つがこのサンタ・ロサ 1900農園です。

ラ・リアは、サンタ・ロサ農園、サンタ・ロサ 1800農園、サンタ・ロサ 1900農園の3つのサンタ・ロサ農園を所有していますが、標高が最も高く産出されるコーヒーのレベルも高いのが1900です。

このロットは、果肉を多く残したまま網棚で乾燥させるイエローハニーという精製方法で作られています。

カフェテナンゴ

品種

品種はレッド・カツアイ(Red Catuai)です。

コスタリカでは標高の高い場所ではカツーラよりもカツアイが多く植えられているようです。
カツーラ種は、標高が上がると生産性がだんだんと落ちると言われます。
しかしカツアイ種は、高い場所でも良く実を付けるそうです。

コスタリカの農園を見ていると、確かに高い場所に行くほどカツアイ種の作付割合が高くなるような気がします。

カフェテナンゴ

精製方法

精製方法はイエローハニー(Yellow Honey)です。

スポンサーリンク

カフェテナンゴ コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニー

コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニー
コスタリカ サンタ・ロサ 1900 イエローハニー

黄色の果実系の甘さと酸味、後味に発酵臭が残ります。明るい甘さが印象的な味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事