コンビニコーヒー:ファミリーマートのファミマカフェ(新型)

ファミマカフェ(FAMIMA CAFÉ)について

ファミマカフェ(FAMIMA CAFÉ)は2013年から始まったファミリーマートの展開するコンビニコーヒーです。

ファミマカフェの旧型の抽出方法はエスプレッソ方式でしたが、2018年10月上旬からペーパードリップ式の新型コーヒーマシーンの導入を順次開始しています。2020年2月までにすべての店舗でマシーンが入れ替えられる予定です、これによってファミリーマートもセブンイレブンのセブンカフェ同様にドリップ方式に変わることになります。今回はドリップ方式の新型マシーンについてです。

ファミマカフェの旧式マシーンについては、以下の記事を参照してください。

コンビニコーヒーの中では、ドリップ方式のセブンイレブンとファミリーマートが香りに優れています。エスプレッソ方式のローソンと比べて、良質な酸味があり、苦味が少なく、バランスのとれた飲みやすいコーヒーです。

ファミマカフェではブレンドコーヒーとカフェラテに加えて、フラッペのようなアレンジコーヒー、キリマンジャロやモカのようなスペシャルティも取り扱っています。

スポンサーリンク

ファミマカフェの豆

ファミリーマートは2015年に3月31日にファミマカフェを刷新しました。ファミマカフェの使用しているコーヒー豆は、ブラジル、コロンビア、グアテマラ、タンザニアの4産地のブレンドで、従来のブレンド豆に爽やかな甘味と酸味が特徴のグァテマラ産を加えました。また、豆の大きさをスクリーン15以上を80%、水分含有量12%以下を基準として、豆を厳選しました。

船積み前2回、国内受入前、工場受入前の4段階で、熟練の鑑定士が品質検査し、品質の悪い豆を除くため、徹底した選別を行い、合格した豆だけを使用しています。

それぞれの産地ごとの豆を単品焙煎し、後でブレンドするアフターミックスです。

焙煎した豆は-2℃の冷気で急速冷却し、豊かな香りを封じ込めています。焙煎後の鮮度を長く保つため、残存酸素率を1%以下の包装袋にコーヒー豆を包装しています。

スポンサーリンク

新型コーヒーマシーン

ストローや蓋など

新型コーヒーマシーンでは、メニューボタンを8個から16個に増やし、メニューを豊富にしました。豆ホッパーを2個から3個に増やすことで、スペシャルティコーヒーの提供も可能になりました。

ファミマカフェの旧式コーヒーマシンは経年劣化のために、味や抽出量にブレが生じることがありましたが、コーヒーマシーンを刷新することで味を改善し、ブレなく安定させました。

新型コーヒーマシーンを採用するにあたり、カップのデザインも刷新。ブルックリン風のデザインが採用されています。

ファミマカフェの新型コーヒーマシーンでは、旧式のエスプレッソ方式からペーパードリップ方式に変更することで、日本人好みの味を再現しました。味の特徴は「濃厚なコクとすっきりとした後味」です。

スポンサーリンク

ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーはSサイズ93円(税込み100円)、Mサイズ139円(税込み150円)です。濃い味も同じ値段です。新型コーヒーマシーンからは、通常のブレンドコーヒーに加え、ブレンドコーヒー濃い味が選択できるようになりました。

左 ブレンドコーヒー、右 ブレンドコーヒー濃い味
左 ブレンドコーヒー、右 ブレンドコーヒー濃い味

ブレンドコーヒーとブレンドコーヒー濃い味は、見た目にそれ程差がありません。

ブレンドコーヒー

香り高く、軽やかな苦味のあるバランスのとれたコーヒーです。中深煎り程度のコーヒーですが、軽やかな味わいのため、香りが引き立っています。旧式と比べると、とても飲みやすく美味しくなっています。

ブレンドコーヒー濃い味

ブレンドコーヒーと比べると、苦味が強くなり濃厚な味わいのコーヒーです。深煎り程度のコーヒーで苦味が強めですが、味わいはあくまで軽やかです。ミルクとの相性も良さそうです。

アイスコーヒー

アイスコーヒーはSサイズが93円(税込100円)、Mサイズが167円(税込180円)です。

濃厚な味わいで、苦味の効いたアイスコーヒーです。ブレンドコーヒー 濃い味と同様の深煎り程度のコーヒーなので、ミルクなどと相性も良さそうです。

カフェラテ

カフェラテはMサイズのみで、139円(税込み150円)です。

とてもキメの細かいミルクです。生乳100%のミルクが使用されています。

とてもキメの細かいフォームドミルクの柔らかい口当たりと、軽やかな味わいのコーヒーがうまく調和しています。コーヒー軽やかな印象よりもミルクの滑らかな質感の印象が優っています。キメの細かいフォームドミルクは旧式マシーンのカフェラテにはなかったものです。

アイスカフェラテ

アイスカフェラテはMサイズのみで、167円(税込み180円)です。

低温ミルクで、氷が溶けにくく工夫がされています。

アイスカフェラテもホットのカフェラテと同様に、とてもキメの細かいフォームドミルクの柔らかい口当たりと、軽やかな味わいのコーヒーの調和に優れています。コーヒー軽やかな印象よりもミルクの滑らかな質感の印象が優っています。

スペシャルティコーヒー

新型コーヒーマシーンになってからは、スペシャルティコーヒーも取り扱っています。ブレンドコーヒーにはない、特徴的な香りを持つコーヒーを飲むことができます。現時点(2019年11月現在)の取り扱いは、モカブレンドで112円(税込120円)です。

「モカフレーバー」と呼ばれる特徴的な香りを持つコーヒーです。モカは独特のクセのある香りを持っていますが、ブレンドにすることでクセが抑えられ、飲みやすいコーヒーに仕上がっています。

<参考>

「ファミリーマート/新型コーヒーマシン5400台導入、売上10%増目標」,流通ニュース<https://www.ryutsuu.biz/commodity/k091146.html>

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事