スターバックス リザーブ®:コロンビア ラ ホヤ

スターバックス リザーブ® コロンビア ラ ホヤです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

コロンビア ラ ホヤ

スポンサーリンク

ラ ホヤ

ラ ホヤ(La Joya)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)ラ・プラタ(La Plata)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

ラ・プラタのコーヒー生産者は、大半が家族経営の小規模農家がです。この地域の生産者の約80%が、3ヘクタール未満の土地でコーヒーを栽培しています。ラ・プラタは「銀」という意味です。スペイン人探検家であるディエゴ・デ・オスピナ・イ・メディニージャ(Diego de Ospina y Medinilla)が、ここで銀鉱山を発見したことに因んで付けられた名前です。

ラ・プラタの町自体は、1.2平方キロメートル程度の面積しかない小さな町で、生産者はそこから急な山を登り、より高地にある自らの農園に辿り着かなければなりません。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® コロンビア ラ ホヤ

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

コロンビア ラ ホヤ

※ラベルデザイン
コロンビア ラ ホヤのデザインは、ウィラ県のコーヒー生産の伝統と、繰り返されてきたコーヒーの栽培技術の進化と革新から着想を得ています。何世代にも渡って継承された知識や技術によって、生産者たちは素晴らしいコーヒーを生産できるのです。このデザインでは、躍動感のある模様や構図でこの土地のコーヒーを取り巻く環境の変化を表現するとともに、色味でプラムやレッドグレープを思わせる味わいを表しています。

スターバックス
コロンビア ラ ホヤ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

コロンビア ラ ホヤはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

プラムのようなフレーバーと酸味、スパイシーな口当たりがアクセントになっています。バランスの取れたマイルドな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事