サザコーヒー:イエメン ワディ・ベッダウ ジャディ ナチュラル シェバ・コーヒー 2021年 ハラーズ/02

イエメン ワディ・ベッダウ ジャディ ナチュラル シェバ・コーヒー 2021年 ハラーズ/02

スポンサーリンク

ワディ・ベッダウ

"Discover Coffee Growing in Haraz, Yemen",Sheba Coffee 2021年11月23日.

ワディ・ベッダウ(Wadi Beddah)は、イエメン(Yemen)サナア県(Sanaa Governorate)ハラーズ(Haraz)ベッダウ(Beddah)の標高1,800mで栽培されたジャディ(Jadi)のナチュラル(Natural)です。

イエメンの3つのコーヒー生産地域

ワディ・ベッダウ(Wadi Beddah)は、非常に険しく起伏の多い土地です。道路が整備されておらず、人里離れた土地のため、輸送のための自動車が横断することができません。ワディ・ベッダウは、他の地域に比べて温暖で穏やか気候です。コーヒーチェリーは気温15℃から29℃で育ち、糖度が高く、独特の味の特徴を持っています。シェバ・コーヒーは、温暖な気候と1日7時間のコーヒーノキの日射時間に合わせて精製方法を調整することで、差別化された優れた味を引き出しました。

品種

品種はジャディ(Jadi)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

乾燥期間は2週間から3週間です。

シェバ・コーヒー 2021

Haraz/02

ハラーズ/02(Haraz/02)は、90.50点を獲得しました。

スポンサーリンク

サザコーヒー イエメン ワディ・ベッダウ ジャディ ナチュラル シェバ・コーヒー 2021年 ハラーズ/02

Haraz/02
ワディ・ベッダウ ジャディ ナチュラル

Rose and violet florals set the aromatic base for a delicate and nuanced high-quality sample.
Secondary flavours of mango, berry and positive brown spice, along with a high level of
sweetness remain through cooling.
While the intensity fades this coffee's delicacy and complexity remains.

Cupping Comments

バイオレットやハイビスカスのようなエレガントなフレーバーが広がり、甘いフローラルフレーバーの余韻が残ります。冷めてくると、フルーツシロップのような口当たりと甘さに、スパイスのような刺激のある尖ったニュアンスが生まれます。非常にエレガントで上品、クリーンな味わいです。

<参考>

"Wadi Beddah",Sheba Coffee<https://shebacoffee.com/blogs/the-gems-of-haraz-2021/wadi-beddah>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事