リーブス コーヒー ロースターズ:グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャ

リーブス コーヒー ロースターズ グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャです。

リーブス コーヒー ロースターズ(LEAVES COFFEE ROASTERS)は、東京都墨田区にあるロースタリーです。オーナーの石井 康雄(いしい やすお)氏は、TAKA ISHITANIの石谷 貴之(いしたに たかゆき)バリスタ、KOFFEE MAMEYAの三木 隆真(みき たかまさ)バリスタとともに活動を行なっています。

グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャ

スポンサーリンク

フィンカ・ラ・ソレダ

フィンカ・ラ・ソレダ(Finca La Soledad)は、グアテマラ(Guatemala)チマルテナンゴ県(Chimaltenango Department)アカテナンゴ自治体(Acatenango Municipality)に位置しています。標高1,460m - 1,720m、45ヘクタールでコーヒーが栽培され、44ヘクタールが森林、1ヘクタールが倉庫とウェット・ミル(Wet Mill)です。コーヒー生産地域としては、アカテナンゴ・バレー(Acatenango Valley)に区分されます。

農園主はヘニオ・ラウル・ペレス・メレンデス(Henio Raul Perez Melendez)です。

フィンカ・ラ・ソレダは、1895年からペレス家によって所有されている歴史のある農園で、現在は第4世代が中心となってコーヒーを生産しています。ヘニオ・ラウルは、祖父のホセ・レオン・ペレス・リマ(Jose Leon Perez Lima)から農園を受け継ぎました。「ラ・ソレダ(La Soledad)」という農園名は、ヘニオ・ラウルの祖母であるソレダ・デ・カルメン(Soledad de Carmen)にちなんで名付けられました。

アンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)には、同名の別農園があります。 

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

フィンカ・ラ・ソレダは、グアテマラ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2006年に89.18点を獲得し第8位、2008年に84.83点を獲得し第19位、2009年にブルボン・パチェ・カツーラ(Bourbón Pache Caturra)のサン(Sun)が84.95点を獲得し第20位、2017年にパカマラ他(Pacamara others)のウォッシュト(Washed)が87.97点を獲得し第10位、2018年にゲイシャのウォッシュトが89.97点を獲得し第4位に入賞しています。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

リーブス コーヒー ロースターズ グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャ

グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャ

グアテマラCOEで7回受賞歴もある

フィンカ ラ ソレダ農園をご存知ですか?

徹底的にこだわり抜かれた品質と管理基準を持ち

先進的な取り組みを続けイノベーションを起こしてきた

農園がフィンカ ラ ソレダ農園です。

標高1650mで栽培されるゲイシャ種は

とても甘くフルーティで繊細な香りを

特徴としています。

コーヒーチェリーを5回から6回の選別で

最高の熟度を選び約36時間から45時間に及ぶ

ドライファーメンテーションをへて

アフリカンベットを使い14日から17日間の乾燥をし

コーヒーチェリーの持つフレーバーを

最大限に引き出しています。

リーブス コーヒー ロースターズ

LEAVES COFFEE EXPERIENCE IN SAPPORO

LEAVES COFFEE EXPERIENCE IN SAPPORO

リーブス コーヒー ロースターズは、2021年10月23日にバリスタート コーヒー(BARISTART COFFEE)で1日限定のポップアップ・ストアを出店しました。

リーブス コーヒー ロースターズ
左 グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャ 右 ボリビア アグロ・タケシ ゲイシャ

非常にクリーンなゲイシャフレーバーと質感、酸味と甘さのバランスの取れた味わいが印象的です。ボリビア アグロ・タケシ ゲイシャは、密度の高いフレーバーとシロップのような甘さがありましたが、グアテマラ フィンカ・ラ・ソレダ ゲイシャはクリーンですっきりとした口当たりです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事