カフェテナンゴ:コスタリカ ピエ・サン ナチュラル・アナエロビコ

カフェテナンゴ コスタリカ ピエ・サン ナチュラル・アナエロビコです。

カフェテナンゴ(Cafetenango)は、2008年に創業した東京都世田谷区の中米スペシャルティコーヒー専門店です。店主の栢沼 良行(かやぬま よしゆき)が直接現地の農園に赴き、信頼関係を築いた農園からコーヒーを買い付けています。

カフェテナンゴ コスタリカ ピエ・サン ナチュラル・アナエロビコ

スポンサーリンク

ピエ・サン

ピエ・サン(Pie San)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)タラス・カントン(Tarrazú Canton)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

ピエ・サンは、ベネフィシオ ラ・リア(Beneficio La Lía)の所有農園の1つです。

ピエ・サンは、モンへ兄弟が2013年に購入した農園です。標高1,830m以上、10ヘクタールの面積で、多品種栽培を行っています。

品種

品種はレッド・カツアイ(Red Catuai)です。

コスタリカでは標高の高い場所ではカツーラよりもカツアイが多く植えられているようです。
カツーラ種は、標高が上がると生産性がだんだんと落ちると言われます。
しかしカツアイ種は、高い場所でも良く実を付けるそうです。

コスタリカの農園を見ていると、確かに高い場所に行くほどカツアイ種の作付割合が高くなるような気がします。

カフェテナンゴ

精製方法

精製方法はナチュラル・アナエロビコ(アネロビック・ナチュラル)です。

現在、中米を中心に世界的に流行している嫌気性発酵(アナエロビコ)は、生産者たちの工夫から数々のバリエーションを生み出し続けています。

その1つとしてここ2~3年で多く作られるようになったのが『ナチュラルアナエロビコ』です。

摘み取ったチェリーをそのまま発酵タンクに入れて嫌気性発酵をさせたものです。

ナチュラルの果肉発酵系フレーバーがあり、パッションフルーツのようなトロビカルな香味もあり、とても複雑で立体的な味を生み出します。

カフェテナンゴ
スポンサーリンク

カフェテナンゴ コスタリカ ピエ・サン ナチュラル・アナエロビコ

コスタリカ ピエ・サン ナチュラル・アナエロビコ
コスタリカ ピエ・サン ナチュラル アナエロビコ

甘いスパイスのような甘さと刺激的な口当たり、発酵系の黒葡萄系の味わいが印象的です。冷めてくると、ふくよかなボディ感のある口当たりが生まれます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事