ブルーボトルコーヒー:スリー・アフリカズ

ブルーボトルコーヒー スリー・アフリカズです。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)は、2002年にジェームス・フリーマン(James Freeman)が創業したアメリカ合衆国のコーヒー会社です。

スリー・アフリカズ

スポンサーリンク

スリー・アフリカズ

スリー・アフリカズ(Three Africas)は、ベラ・ドノヴァン(Bella Donovan)、ジャイアント・ステップス(Giant Steps)と並ぶ、ブルーボトルコーヒー定番のブレンドコーヒーです。

スリー・アフリカズは、アフリカ産の3種類のコーヒーのブレンドです。そのうちの2種類は、エチオピアのウォッシュトとナチュラルで構成されています。

ナチュラルとウォッシュトのエチオピアは、シングルオリジン・セレクションで頻繁に使用され、月によっては少なくとも半分のブレンドに使用されています。例えば、スリー・アフリカズは大体、中央アフリカのコーヒーが3分の1、エチオピアが3分の2で、1つはナチュラル、1つはウォッシュトです。エチオピアのウォッシュト・コーヒーは、その繊細さと微妙な酸味から、料理を鮮やかにするためにレモンを絞るように、限られた量だけ使うのが最適です。

Naturals and washed Ethiopias play in heavy rotation in our single origin selections, and depending on the month, show up in at least half our blends. Three Africas, for instance, is roughly one-third Central African coffee, and two parts Ethiopia—one natural, one washed. Because of their delicacy and subtle acidity, washed Ethiopian coffees are best used in limited quantities, like a squeeze of lemon to brighten a dish.

"Origins: Ethiopia Coffee",Blue Bottle Coffee Lab

スリー・アフリカズのエチオピアは、ナチュラルがメインで、ウォッシュトが隠し味として使用されています。

しかし、コーヒーのフレーバーや質感に影響を与えるために、意外なコーヒーをブレンドに使用することも楽しみのひとつです。例えば、私たちはナチュラル・プロセスのエチオピアをブレンドに使うことを特に好んでいます。それはベラ・ドノヴァンやスリー・アフリカズにシロップのような質感を与えています。

But we also have fun using unexpected coffees in our blends to influence the flavor and texture of a coffee. For example, we especially love using natural-process Ethiopias in our blends. It contributes a syrupy quality to the Bella Donovan as well as the Three Africas.

"The Craft of Blends",Blue Bottle Coffee Lab
スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒー スリー・アフリカズ

スリー・アフリカズ
スリー・アフリカズ

スリーアフリカズはアフリカの3種類のコーヒー豆のブレンドでチョコレートのようなアロマが特徴です。好みが分かれそうなシングルオリジンのコーヒーとは異なり、このブレンドが持つ程よいボディと複雑さ、クリーンな後味はたくさんの方が飲みやすいと感じてくれるはずです。

ベリーのような甘みと爽やかなシトラス、チョコレートのような風味が複雑に重なりあったすっきりとした後味のコーヒーブレンドです。

ブルーボトルコーヒー

おいしいコーヒーの淹れ方

エチオピアの果実味のある華やかなフレーバーとモカ・フレーバーが相まったフレーバーが支配的な味わいです。エチオピアのウォッシュトとナチュラルをブレンドすることによって、エチオピアの華やかなフレーバーを表現しながら、ナチュラルの発酵臭を抑えることに成功しています。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事