工房 横井珈琲:ケニア ギチュグ
スポンサーリンク

工房 横井珈琲 ケニア ギチュグです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

ケニア ギチュグ

ギチュグ・ファクトリー

ギチュグ・ファクトリー(Gichugu Factory)は、ケニア(Kenya)中央州(Central Province)エンプ県(Embu County)マニャッタ郡(Manyatta Division)に位置するコーヒー・ウォッシング・ステーション(Coffee Washing Station)です。ガクンドゥ生産者協同組合(Gakundu Farmer’s Cooperative Society)に所属しています。

ギチュグ・ファクトリーは、1970年代初頭に操業を開始しました。近隣のカムヴィウ(Kamviu)、ギチュグ(Gichugu)、マニャッタ(Manyatta)の村からコーヒーチェリーを集荷しています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

工房 横井珈琲 ケニア ギチュグ

ケニア ギチュグ
ケニア ギチュグ

【コーヒーガイド】
ギチュグ・ファクトリーはケニア中央のエンブ・カウンティにあり、首都ナイロビから145km ほど離れた、ケニア山とアバーディア山脈に挟まれたコーヒー産地に位置しています。
小規模生産者が多いケニアでは、「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場に納められた多数の小規模生産者のコーヒーからひとつのロットが作られるのが一般的です。
ギチュグ・ファクトリーには 834名ほどの生産者が登録しており、彼らが持ち込んだコーヒーチェリーを水洗式(ウォッシュト)で生産処理しています。

工房 横井珈琲

ダークチョコレートとカシスのようなフレーバーが非常にクリーンに広がります。ケニアの特徴が非常にクリーンに感じられる味わいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事