スターバックス リザーブ®:ガラパゴス ラ トルトゥーガ

スターバックス リザーブ® ガラパゴス ラ トルトゥーガです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

ガラパゴス ラ トルトゥーガ

スポンサーリンク

ラ トルトゥーガ

ガラパゴス ラ トルトゥーガ(Galapagos La Tortuga)は、エクアドル(Ecuador)ガラパゴス諸島(Galápagos Islands)サン・クリストバル島(San Cristóbal(Chatham) Island)のガラパゴス諸島コーヒー生産者協同組合(COPGALACAF)(スペイン語:Cooperativa de Producción Cafetalera de las Islas Galápagos)によって生産されたコーヒーです。

ガラパゴス諸島コーヒー生産者協同組合(COPGALACAF)は、自然環境を保護しながらコーヒー産業を維持することを目的として、1997年に設立された協同組合です。「ラ トルトゥーガ(La Tortuga)」は、ガラパゴス諸島に生息する「ゾウガメ」を意味するロット名です。

エクアドル本土の西側に位置するガラパゴス諸島は島の大部分が国立公園として保護されており、その大自然の中で、驚くほど多様性に富んだ動植物が生息しています。そこには世界でガラパゴス諸島でしか見ることのできないフィンチやモッキングバードといった鳥類をはじめ、100歳を超えて生きるゾウガメ、スカレシアという木といった固有種が数多く存在しています。そのとても貴重な大自然の中でこの素晴らしいコーヒーは育まれました。このコーヒーが育ったサン クリストバル島では栽培に一般的な標高よりもとても低い土地でコーヒーが栽培されています。フンボルト海流によってもたらされる冷たい海風と、島に湧く綺麗な湧き水、そして赤道直下の強い日差しという自然条件が組み合わさることによって、ベルガモット、ピンクグレープフルーツ、ココア、ブラックティーを思わせる複雑な味わいのコーヒーが生み出されます。

コーヒーストーリー

スターバックス リザーブ®は、2010年にガラパゴス諸島サン・クリストバル島のコーヒーを販売しました。

2010年、スターバックス リザーブ®として最初に販売されたコーヒーの一つが「ガラパゴス アイランド」という名前のサン クリストバル島のコーヒーでした。そのコーヒーは今回お届けするものとは異なる農園のものでしたが、このコーヒーがスターバックス リザーブ®の過去と未来を語るよいきっかけになってくれることを確信しています。

カッピングルームからのメッセージ

ガラパゴス ラ トルトゥーガは、コーヒー・レビュー(Coffee Review)で92点(Paradise Roasters)を獲得しています。

品種

品種はティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、ブルボン(Bourbon)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® ガラパゴス ラ トルトゥーガ

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

ガラパゴス ラ トルトゥーガ

※ラベルデザイン
このコーヒーは世界で最も美しい場所の一つであるガラパゴス諸島で育まれた、宝石のように素晴らしい存在です。
カードにはその島に生息する様々な動植物が光沢のあるカッパーカラーの箔で描かれています。背景に描かれているのはそれらの生物が暮らす、このコーヒーの産地でもあるサン クリストバル島です。島と動植物、そこに照り付ける太陽、そしてきれいな水といったこの場所で見られる美しい光景に、ピンクの雲を加えることによって、まるで夢の中のような南国の息吹をより美しく表現しています。

スターバックス
ガラパゴス ラ トルトゥーガ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

ガラパゴス ラ トルトゥーガは、スターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

フローラルな甘いフレーバーとピンクグレープフルーツのような優しい酸味が印象的です。全体として、甘く優しい味わいが印象的なコーヒーです。

スポンサーリンク

スターバックス アニバーサリー ブレンド

スターバックス創業50周年

スターバックスは、2021年3月で創業50周年を迎えました。創業50周年を記念して発売されたアニバーサリー ブレンドには、スラウェシ、ウェスト ジャバにエイジド スマトラがブレンドされ、インドネシアらしい濃厚な味わいコーヒーに仕上げています。

スターバックス1号店の扉が開くと、サイレンは古くからの港町であるのシアトル、パイクプレイスマーケットで、海とつながるモチーフとして馴染み、親しまれる存在になっていきます。

1971年3月30日―。

その日から、サイレンを掲げた50年にわたる私たちの航海がはじまったのです。

あなたは誰?スターバックスの永遠のシンボル 「サイレン」のストーリー」,Starbucks Coffee Japan 2021年3月16日.

重い苦味が全面に表現された濃厚な味わいです。深煎りのスターバックスらしいコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事