オニヤンマ コーヒー&ビア:ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラル

オニヤンマ コーヒー&ビア ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラルです。

オニヤンマ コーヒー&ビア(ONIYANMA COFFEE&BEER)は、北海道札幌市中央区のスペシャルティコーヒーロースターです。

ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラル

スポンサーリンク

エル・ボスケ農園

"Peralta Coffees - Producers and Exporters",Peralta Coffees Nicaragua 2016年4月13日.

エル・ボスケ農園(Finca El Bosque)は、ニカラグア(Nicaragua)ヌエバ・セゴビア県(Nueva Segovia Department)サン・フェルナンド市(San Fernando Municipality)ラ・カスカーダ(La Cascada)北東に位置する農園です。ペラルタ・コーヒーズ(Peralta Coffees)の所有農園の1つです。

農園主はフリオ・ペラルタ・サロモン(Julio Peralta Salomon)です。

ペラルタ・コーヒーズは、ペラルタ家が経営するスペシャルティコーヒー生産者兼輸出業者です。ヌエバ・セゴビア県のディピルト山脈とハラパ山脈の標高1,150m - 1,600mに7つの農園を所有しています。

ペラルタ家は、1918年頃からコーヒー生産を始めた歴史のあるコーヒー生産者一家です。2008年にフリオと彼のいとこのオクタヴィオが、スペシャルティコーヒーに特化した輸出業者としてペラルタ・コーヒーズを開始しました。

エル・ボスケ農園は、42ヘクタールでコーヒーを栽培し、112ヘクタールが生物多様性に富んだ森林と山岳地帯です。農園は3つの長い丘の中腹に広がり、そのうちの1つは標高1,560mに達し、緑豊かな鬱蒼とした森となだらかな丘に囲まれています。

品種

品種はカツアイ(Catuai)です。

精製方法

精製方法はアネロビック・ナチュラル(Anaerobic Natural)です。

ペラルタ・コーヒーズは、様々な精製方法の実験を重ね、発酵は主にアネロビック・ファーメンテーション(嫌気性発酵)で行うことに決定しました。

スポンサーリンク

オニヤンマ コーヒー&ビア ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラル

ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラル
ニカラグア エル・ボスケ農園 カツアイ アネロビック・ナチュラル

発酵の強く効いた洋酒やプラムのようなフレーバー、果実感のある酸味、後口にカカオのような余韻が残ります。発酵の印象が強い味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事