加藤珈琲店:エチオピア ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社 エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第26位

加藤珈琲店 エチオピア ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社 エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第26位です。

加藤珈琲店は、愛知県名古屋市に本社を置く大手コーヒー店です。

エチオピア ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社 エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第26位

スポンサーリンク

ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社

ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社(Robi Wet Coffee Processing PLC)は、オロミア州(Oromia Region)西アルシ地方(West Arsi Zone)ネンセボ郡(Nensebo Woreda)に位置するコーヒー業者です。

ロビは、2019年からコーヒー業界に参入し、ネンセボ郡で300以上の農家と取引をしています。各農家は平均3ヘクタールの土地を所有し、標高1,900m - 2,100mの高地で74110品種のコーヒーを栽培しています。ロビは、これらの農家から合計12万kgを集荷しています。生産はウォッシュト精製が中心で、ナチュラル精製は少量です。

ロビは、以前はエチオピア商品取引所(ECX)(Ethiopia Commodity Exchange)販売していましたが、2020年からはトラコン・トレーディング社(Tracon Trading PLC)にコーヒーを供給しています。

品種

品種は74110です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社は、2021年のエチオピア カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で、74110のナチュラル(Natural)が87.53点を獲得し第26位に入賞しました。

    スポンサーリンク

    加藤珈琲店 エチオピア ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社 エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第26位

    エチオピア ロビ・ウェット・コーヒー・プロセッシング社 エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第26位

    この珈琲豆はカップオブエクセレンスを受賞し、私どもが世界のコーヒー会社と競合の末にオークションで落札した名品です。ラムレーズンや熟したベリーのような甘い香りが漂い、上品で柔らかな口当たりが紅茶を感じさせる秀逸なコーヒーです。
    香り:★★★★
    コク:★★☆☆
    甘味:★★★☆
    苦味:★☆☆☆
    酸味:★★★☆
    焙煎:中浅煎り(ハイ)

    加藤珈琲店

    レーズンやグレープのような濃厚な味わいから、ジャスミンのような甘いフレーバーが広がります。モカっぽい印象がありますが、発酵臭が薄く、後味に甘さが残るクリーンな印象です。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    1kg入・モカラデュースセット/(500g×2袋)
    価格:2698円(税込、送料無料) (2022/12/9時点)



    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事