いつか珈琲屋:グアテマラ ウナプー シティロースト

いつか珈琲屋 グアテマラ ウナプー シティローストです。

いつか珈琲屋は、神奈川県平塚市にある自家焙煎珈琲店です。代表は、ジャパン コーヒー ロースティング チャンピオンシップ 2016(JCRC)(Japan Coffee Roasting Championship)のチャンピオンの近藤 啓(こんどう ひらく)です。

グアテマラ ウナプー シティロースト

スポンサーリンク

ウナプー

ウナプー(Hunapu)は、グアテマラ(Guatemala)サカテペケス県(Sacatepéquez Department)の小規模生産者によって生産されるコーヒーです。コーヒー生産地域としては、アンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)に区分されます。

「ウナプー(Hunapu)」は、先住民族のキチェ語(K’iche Language)で「山の花」を意味しています。アグア火山の麓にセラヤ家(Zelaya Family)が所有するべジャ・ビスタ・ミル(Bella Vista Mill)で、アンティグア周辺の小規模生産者によって生産されたコーヒーがブレンドされ、ウナプーのロットが作られます。

品種

品種はブルボン(Bourbon)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

いつか珈琲屋 グアテマラ ウナプー シティロースト

グアテマラ ウナプー シティロースト

アンティグアの南部、アグア火山の標高1600~1700mの山麓で作られる、伝統的なアンティグアコーヒー。
GENUINE ANTIGUAのブランドを持ち、ブルボン種のコーヒーを大切に育てています。
この歴史あるコーヒーは、アグア火山の現地語であるウナプー(花の山)と名付けられ、地域の小規模生産者とベネフィシオ・ベジャ・ビスタ ミルの手によって生産・輸出がされています。

いつか珈琲屋

焙煎はシティローストです。

蜜を思わせる柔らかな甘さ、優しい口当たりが印象的です。ふくよかで柔らかなボディ感が、甘さを引き立てています。グアテマラのブルボンらしい爽やかな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事