カフェテナンゴ:ニカラグア ラ・ウエジャ農園 イエロー・パカマラ ハニー

カフェテナンゴ ニカラグア ラ・ウエジャ農園 イエロー・パカマラ ハニーです。

カフェテナンゴ(Cafetenango)は、2008年に創業した東京都世田谷区の中米スペシャルティコーヒー専門店です。店主の栢沼 良行(かやぬま よしゆき)が直接現地の農園に赴き、信頼関係を築いた農園からコーヒーを買い付けています。

ニカラグア ラ・ウエジャ農園 イエロー・パカマラ ハニー

スポンサーリンク

ラ・ウェジャ

ラ・ウェジャ(La Huella)は、ニカラグア(Nicaragua)マタガルパ県(Matagalpa Department)エル・アレナル(El Arenal)に位置する農園です。標高1,315m - 1,400m、コーヒー栽培面積76ヘクタール、最高気温21℃、最低気温15℃、収穫時期は12月から3月です。

ラ・ウエジャは、スペイン語で『足跡』を意味しています。

ミエリッシュ家が2014年に購入した比較的新しい農園ですが、彼らが所有する農園の中でもトップクラスのコーヒーをいくつも生産し、エルビン・ミエリッシュお気に入りの畑となりました。

アレナル自然保護区の中に位置し、1日のうち6割は霧に覆われているというユニークなミクロクリマである為、シェードツリーをほとんど必要としません。

カフェテナンゴ

ラ・ウェジャは、フィンカス・ミエリッヒ(ミエリッシュ)(Fincas Mierisch)の所有農園の1つです

品種

品種はイエロー・パカマラ(Yellow Pacamara)です。

2004年、彼らはエル・リモンシーヨ農園で発見し、その木からタネを取りました。
今ではミエリッシュ家が所有するいくつかの農園で育てられています。

この品種は、マグネシウム、亜鉛、カリウムが豊富な土壌を好み、ブルボンやカツーラに比べて約20%多くの肥料を必要とし、病気の影響を受けやすく、生産性もそれほど高くありません。

しかし、カップクオリティは特筆に値し、レッドパカマラよりもフルーティでシトラス系の爽やかな酸味が際立ちます。

カフェテナンゴ

精製方法

精製方法はハニー(Honey)です。

ロス・ファボリートス・プライベート・オークション

RankScoreFarmProcessVarietyWeight (lbs)High BidTotal ValueCompany
1587.5La HuellaHoneyYellow Pacamara225$18.00$4,050.00cafetenango
LOS FAVORITOS PRIVATE COLLECTION AUCTION WITH FINCAS MIERISCH

ラ・ウエジャ イエロー・パカマラ ハニーは、ロス・ファボリートス・プライベート・オークション(Los Favoritos Private Auction) 2021で87.5点を獲得し第15位に入賞しました。カフェテナンゴによって落札されました。

スポンサーリンク

カフェテナンゴ ニカラグア ラ・ウエジャ農園 イエロー・パカマラ ハニー

ラ・ウエジャ農園 イエロー・パカマラ ハニー

ニカラグアを代表するスペシャルティの生産者ミエリッシュ家が開催するプライベートオークション『Los Favoritos』。日本でカフェテナンゴだけが落札したスペシャルロット。
甘く、澄んだ液体からバナナやストロベリーのような香りがだだよいます。大粒特有のハーブの感じもあり、複雑かつエレガントなコーヒー。

カフェテナンゴ

ピーチやストロベリー、バナナを思わせる複雑な果実感が印象的です。通常のパカマラよりも果実感の溢れる味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事