キャピタルコーヒー:コロンビア セニカフェ ワン

キャピタルコーヒー コロンビア セニカフェ ワンです。

キャピタル(CAPITAL)は、1946年5月に栗田 昌彦(くりた まさひこ)が創業したコーヒー会社です。「キャピタルコーヒー」のブランドを展開しています。

コロンビア セニカフェ ワン

スポンサーリンク

セニカフェ ワン

セニカフェ ワン(Cenicafé 1)は、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)の研究センターであるセニカフェ(Cenicafé)で開発された品種です。

CENICAFE (セニカフェ)はFNCコロンビアコーヒー生産者連合会の一部として1938年に設立された、コーヒー専門研究施設です。

この施設の主な目的は最新の技術と知識をもってコーヒーの持続可能な生産を促進し、コーヒー自体の品質を維持・向上させることによって、コーヒー生産者のサポートをする事です。

CENICAFE (セニカフェ)」,コロンビアコーヒー生産者連合会 2016年5月26日.

セニカフェは、TBS「THE世界遺産」2012年7月29日(日)放送回「アンデスのコーヒー黄金郷」で特集されました。

品種

品種はセニカフェ ワン(Cenicafé 1)です。

1960年代後半、セニカフェの育種プログラムは、コーヒーさび病に強く、生産性が高く、コロンビアコーヒーの特徴であるカップ形状、低成長性、適度な表現型の均一性、適応性のある品種の開発に着手した。このスキームのもと、少なくとも4世代(FilialesまたはF)、各世代、4回の収穫のサイクルで厳格な評価と選択を行った結果、1980年にセニカフェは、複合品種というコンセプトのもと、品種コロンビア(3)を送り出した(2,8)。つまり、コーヒーさび病に対する抵抗力のメカニズムが異なる子孫によって構成されているコーヒー品種ということになる。このように、さび病に対する耐久性のある抵抗力を確立するための仕組みとして、遺伝的多様性の概念が利用されているのである。

その後、2005年に発表されたカスティージョ®品種(1)は、中粒でさびにくい素材を中心に構成されており、飲料品質の面で優れた特性を持ち、生産性が高く、収量と生産性を最適化するために特定の環境で選抜された品種である。しかし、コロンビアのコーヒー生産者の要望を意識し、セニカフェは、カツーラ系のサイズ、コーヒーさび病やコーヒーチェリー病-CBDへの耐性、同等の生産量、カスティージョ®品種より最高のコーヒーの比率が高いといった特徴を持つ、新しい品種セニカフェ 1を開発した。

A finales de 1960, el Programa de Mejoramiento Genético de Cenicafé inició el desarrollo de variedades resistentes a la roya del cafeto, altamente productivas, con el perfil de taza característico del café de Colombia, porte bajo, uniformidad fenotípica razonable y adaptabilidad. Bajo este esquema y como resultado de la evaluación y selección rigurosa de al menos cuatro generaciones (Filiales o F) y en cada generación, y ciclos de cuatro cosechas, en 1980 Cenicafé entregó la variedad Colombia (3), bajo el concepto de variedad compuesta (2,8). Esto significa que es una variedad de café que está constituida por diferentes progenies, que a su vez tienen diversos mecanismos de resistencia frente a la roya del cafeto. E s a s í c o m o e l c o n c e p t o d e diversidad genética s e u t i l i z a c o m o mecanismo para el establecimiento de una resistencia durable frente a la roya.

Posteriormente, en el año 2005 se liberó la Variedad Castillo® (1), conformada en su mayoría por materiales de porte intermedio y con resistencia a la roya, que poseen excelentes atributos en calidad de bebida, son altamente productivos y fueron seleccionados en ambientes específicos para optimizar su rendimiento y productividad. Sin embargo, conscientes de los requerimientos de los caficultores colombianos, Cenicafé desarrolló la nueva Variedad Cenicafé 1, que posee como características un porte tipo variedad Caturra, resistencia a la roya del cafeto y a la enfermedad de las cerezas del café-CBD, producción igual y porcentaje de café supremo mayor que la Variedad Castillo®.

Cenicafé 1
スポンサーリンク

キャピタルコーヒー コロンビア セニカフェ ワン

コロンビア セニカフェ ワン

コロンビアコーヒー新品種セニカフェ1。
ほのかにライムを感じさせる酸味、バランスが良く、なめらかな口当たり、甘さの中に余韻が残ります。

キャピタルコーヒー

ライムのような凝縮感のある酸味が印象的です。酸味に特徴がありますが、全体のバランスに優れたクリーンな味わいです。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事