アバウトアスコーヒー:ボリビア アラシータス ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

アバウトアスコーヒー ボリビア アラシータス ゲイシャ アネロビック・ウォッシュトです。

アバウトアスコーヒー ABOUT US COFFEEは、京都府京都市伏見区にあるスペシャルティコーヒー店です。

ボリビア アラシータス ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

スポンサーリンク

ラス・アラシータス農園

ラス・アラシータス農園(Finca Las Alasitas)は、ボリビア(Bolivia)ラ・パス県(La Paz Department)ユンガス地方(Yungas Region)カラナビ群(Caranavi Province)ボリンダ・コロニー(Bolinda Colony)に位置する農園です。

農園主はペドロ・ロドリゲス・ペニャリエータ(Pedro Rodriguez Peñarrieta)です。

ペドロ・ロドリゲスは、アグリカフェ(Agricafe)というコーヒー輸出業者を経営していますが、ボリビアのコーヒー生産の減少に危機感を覚え、2012年に自らコーヒー農園を始めました。現在ロス・ロドリゲス農園(Fincas Los Rodriguez)の名の下に、12の農園が経営されており、ラス・アラシータス農園はそのうちの1つです。

ラス・アラシータス農園は、2014年に設立された20.6ヘクタールの農園です。標高1,642mの高地から、ロス・ロドリゲス農園と山々の向こうに素晴らしい景色を一望することができます。ロドリゲスの家族は、ラ・カシータ(La Casita)と呼ばれる農園の最上部に家を建てて、コーヒーを片手に日没や日の出を楽しみに来る友人やゲストを迎えています。

「アラシータス(Alasitas)」は、アイマラ語(Aymara Language )で「買ってくれ(Buy Me)」という意味です。ボリビアのラ・パス県(La Paz Department)で毎年1月24日から1ヶ月間にわたって行われる祭りの名前に由来しています。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

ラス・アラシータス農園では、ゲイシャの他に、カツーラ(Caturra)、ジャバ(Java)などを栽培しています。

精製方法

精製方法はアネロビック・ウォッシュト(Anaerobic Washed)です

ラス・アラシータス農園のコーヒーは、ブエナ・ビスタ・ミル(Buena Vista Mill)で精製されます。

スポンサーリンク

アバウトアスコーヒー ボリビア アラシータス ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

ボリビア アラシータス ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

アラシータス農園はフィンカス・ロス・ロドリゲスが所有する12のコーヒー農園の中でも最も有名かつ、世界でも最高品質のコーヒーを作るカラナビ最大の農園です。
ラパス県のカラナビという町から10kmほど離れた緑豊かな急峻な山の谷間にあります。アマゾンのジャングルの入り口に位置するこの農園は山々が幾重にも連なり、青く澄み切った空気と融合して、無限の広がりを見せています。

その中でもゲイシャを植えている区画は農園の頂点に立つ険しい山の上にあります。午前中しか日が当たらないため、特殊な微気候を楽しむことができます。このゲイシャはアナエロビックプロセスとはいえ、ほとんど発酵感はなく、ウォッシュドプロセスに近いとてもクリーンな味わいになっています。

また、アラシータス農園では先進的かつ環境に配慮した継続的な農業にも注力しており、全農場において30%の自然保護区を設定、植物の病気を防ぐための予防的な施肥モデルや化学物質の過剰使用を避けています。プロセス工程でもドライミルとウェットミル 工程を1つの工場に集約し、ウェットプロセスでは有機認証の水処理を行なっています。コーヒーの副産物も堆肥、茶、パーチメント、パルプを燃料として使用しています。

アバウトアスコーヒー

非常に繊細なフローラルフレーバーと透明感のある非常にクリーンな味わいが印象的です。冷めてくると、ベルガモットのような酸味が生まれます。スーパークリーンな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事