ロースト デザイン コーヒー:ボリビア ゴンザロ ママニ

ロースト デザイン コーヒー ボリビア ゴンザロ ママニです。

ロースト デザイン コーヒー(Roast Design Coffee)は、神奈川県川崎市にあるスペシャルティコーヒー店です。オーナーは、三神 仁美(みかみ ひとみ)と三神 亮(みかみ りょう)夫妻です。

ボリビア ゴンザロ ママニ

スポンサーリンク

ゴンザロ・ママニ

ゴンザロ・ママニ(Gonzalo Mamami)は、ボリビア(Bolivia)ラ・パス県(La Paz Department)ノル・ユンガス地方(Nor Yungas Province)のコーヒー生産者です。彼は、ファミリア・ママニ(Familia Mamani)という生産者団体に所属する生産者です。

この地域もMamani=ママニ姓が多いです・・・。

・・・とくになじみのある銘柄はないですねー(゜-゜)。

Nor Yungasのテロワールは・・・・。まあCaranaviとほとんど変わらないと思います(;’∀’)。

コーヒー無限の可能性・・・・テロワール編 ボリビアの章」,Roast Design Coffee Blog 2021年11月8日.

ゴンザロ・ママニは、兄弟のルイス・アントニオ・ママミ(Luis Antonio Mamami)とともにコーヒー生産を行なっています。

兄弟そろって働いていることのメリットは何なのだろう?

「お互いに話し合って計画を立てたり、役割分担をして協力し合ったりできるところです。たとえば、地域の集会にも二人のうちどちらかが参加すればいいから、農園を放ったらかしにする時間が生まれないのはいいことかな。もちろん意見が合わないことはあるけれど、喧嘩はしないですね」

Familia Mamani コーヒーと生きることは、自然な選択だった」,TYPICA

品種

品種はカツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)、クリオージョ(Criollo)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

ロースト デザイン コーヒー ボリビア ゴンザロ ママニ

ボリビア ゴンザロ ママニ

ボリビアの名産地であるカラナビ地区の南方にある、ノル・ユンガス地方。

ユンガスは”温暖”を意味し、この地方一帯は年間を通して温かく穏やかな気候を保っています。

生産者であるゴンザロ・ママニ氏は兄弟で農園を営み、5haほどの小さい土地でウチュマチ区画のテロワールを発揮したコーヒーづくりを行っています。

国際品評会として名高いCup of Excellenceが開催されなくなって数年経つボリビアですが、 優秀なテロワールを持つ農園は今でもコーヒーラバーを魅了する素晴らしいコーヒーを生み続けています。

隣国のコロンビアと比べてボリビアのコーヒーは、よりマイルドでふくよかな酸の質を発揮していますが、今回のゴンザロ・ママニ氏のロットはマンゴーのような甘さにハーバルな雰囲気が合わさった南国様の味わいを発揮しています。

この秀逸な甘さはまさにノル・ユンガスが育んだテロワールのたまものと言えるでしょう

ロースト デザイン コーヒー

レモンのような明るい酸味にハーブのようなフレーバーが相まった味わいが印象的です。冷めてくると、ハーブのような印象が強くなります。レモングラスティーのような明るくクリーンな印象です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事