アスラン コーヒー ファクトリー:コロンビア ラス・フローレス ヨハン・ベルガラ サーマル・ショック・ウォッシュト
スポンサーリンク

アスラン コーヒー ファクトリー コロンビア ラス・フローレス ヨハン・ベルガラ サーマル・ショック・ウォッシュトです。

アスラン コーヒー ファクトリー(ASLAN Coffee Factory)は、福岡県北九州市にあるスペシャルティコーヒー店です。

コロンビア ラス・フローレス ヨハン・ベルガラ サーマル・ショック・ウォッシュト

ラス・フローレス農園

ラス・フローレス農園(Finca Las Flores)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)アセベド市(Acevedo Municipality)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

ラス・フローレス農園については、以下の記事を参照してください。

品種

品種はタビ(Tabi)です。

精製方法

精製方法はサーマル・ショック・ウォッシュト(Thermal Shock Washed)です。

アスラン コーヒー ファクトリー コロンビア ラス・フローレス ヨハン・ベルガラ サーマル・ショック・ウォッシュト

コロンビア ラス・フローレス ヨハン・ベルガラ サーマル・ショック・ウォッシュト

フィンカ・ラス・フローレス農園はウィラ南部アセヴェド地区に位置し、海抜1,730mの高地にあります。

1990年の設立当初は18,000本のコーヒーの木の小さな農場でしたが、今では90000万本も のコーヒーノキが育つ14haにも及ぶ広大な農場へと成長しています。

2006年、先代の農園主エディベルトさんはコ ロンビア・カップオブエクセレンスコンペティ ションに参加し、スペシャルティコーヒーの世界に飛び込みました。それ以来、エディベル トさんは息子のヨハンさんの助けを借りて、生豆コーヒーの改善と差別化に取り組んでいまし たが、現在では農園の管理をヨハンさんに譲っています。

ラス・フローレスではマイルドでバランスの良い酸味のイメージがある従来のコロンビアテロ ワールとは一線を画す独特なコロンビアコーヒ ープロファイルを開発するために、新たな品種 の開発と加工方法の研究と実験を継続的に行っ ています。

現在、ヨハンさんの農園ではレッド 系、ピンク系、イエロー系の三種類のブルボン 種に加えて、タビ、ジャワ、マラカトゥーラ、 ゲイシャ種などが商品ベースとして生産しています。 最近ではウシュウシュ種やシドラ種などのここ最近のコーヒーマーケットでも注目されて いるトレンディーかつエキゾチックな品種も商品化に成功しており、トレンドの動向への 興味と研究熱心な姿勢が品種のラインナップからも窺えます。

ラス・フローレス農園はASLANがとてもお世話になっている農園の一つで、2023年の今 年は特に春口からピンクブルボンやゲイシャなど様々なお豆をヨハンさんの農園から仕入 れています。(どんだけ好きなんだ)

Heirroom

ほうじ茶のようなフレーバーが支配的な印象です。冷めてくると、柑橘やストロベリーのような酸味の印象が強くなります。特殊発酵の風変わりな味わいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事