エクーア:フィリピン シベット・コーヒーとバラコ・コーヒー

エクーアのシベットコーヒーです。エクーアはフィリピンの特産物を扱っている通販ショップです。

フィリピン シベット・コーヒー バラコ・コーヒー

スポンサーリンク

フィリピン

フィリピン(Philippines)は、東南アジアに位置する島国です。海を挟んで日本、台湾、マレーシア、インドネシア、中国、ベトナムなどと対しています。首都はマニラ(Manila)で、最大の都市にケソンがあります。

国名のフィリピンは、1542年にスペイン人の征服者ルイ・ロペス・デ・ビリャロボス(Ruy López de Villalobos)によって、旧宗主国のスペイン皇太子フェリペ(のちの国王フェリペ2 世)の名をとり、ラス・フィリピナス諸島と名づけられたことに由来しています。

フィリピンのコーヒーの歴史

フィリピンコーヒーのドキュメンタリー、CNN Philippinesより

フィリピンのコーヒーの歴史は、最初のコーヒーノキがスペインのフランシスコ会修道僧によって、1740年にバタンガス州(Batangas)のリパ(Lipa)に持ち込まれたことに始まります。そこから、アイバーン(Ibaan)、レメリー(Lemery)、サンホセ(San Jose)、タール(Taal)、タナウアン(Tanauan)のような、バタンガス州の他の地域にコーヒーが広がりました。バタンガス州は、これらの地域のコーヒー農園を支援していたため、リパはフィリピンのコーヒー生産の中心地となります。

バタンガス州は、1860年代にサンフランシスコ経由でアメリカにコーヒーを輸出していました。1869年にスエズ運河が開通したとき、ヨーロッパにも新しい市場が広がりました。バタンガス州の成功を見て、カヴィテ州(Cavite)は1876年にアマデオ(Amadeo)で最初のコーヒー苗を栽培しました。しかし、依然としてリパはフィリピンのコーヒー生産の中心地であり、バタガス バラコ(Batangas barako)は、他のアジアのコーヒー豆の5倍の価格がつけられていました。1880年当時、フィリピンはブラジル、アフリカ、インドネシアに次いでコーヒー豆を輸出第4位であり、さび病がブラジル、アフリカ、ジャワを襲ったときには、世界中でコーヒー豆の唯一の供給源となっていました。

フィリピンのコーヒー産業の栄光の時代は、1889年にさび病がフィリピンを襲ったことで終わりをつげました。それは害虫の侵入と相まって、バタンガス州のほぼすべてのコーヒーノキを壊滅に追いやりました。バタンガス州はフィリピンコーヒーの主要な生産地だったので、これによってフィリピン全土のコーヒー生産に大きな打撃を受け、2年間にフィリピンコーヒーの生産量は元の1/6に減少しました。それまでに、ブラジルは世界有数のコーヒー生産者としての地位を回復しました。わずかに生き残ったコーヒーの苗はバタンガス州からカヴィテ州に移され、そこで栽培されることになりました。この被害はフィリピンのコーヒー栽培を全滅に追いやりはしませんでしたが、それまでコーヒー農家だった多くの生産者が他の作物の栽培に移ったために、フィリピンでコーヒー生産に割り当てられる農地の面積は少なくなりました。

1950年代、フィリピン政府は、アメリカの助けを借りて、より抵抗力のある種類のコーヒーを持ち込みました。その時代、インスタントコーヒーが商業的に生産されていたため、世界的にコーヒー豆の需要も増加しました。コーヒーの好景気な市場のため、多くの農家は1960年代にコーヒーを栽培することに戻りました。しかし、急激なコーヒー栽培の増加は世界中の豆の供給過剰をもたらし、しばらくの間、地元のコーヒー生産者を保護するためにコーヒーの輸入が禁止されました。ブラジルが1970年代に霜害に襲われたとき、世界市場のコーヒー価格は急騰しました。

フィリピンは1980年に国際コーヒー機関(ICO)のメンバーになります。そしてコーヒーの味の最近の世界的な人気と傾向から、フィリピンのコーヒー産業は再び盛り返している傾向にあります。

現在、フィリピンは23,000トンから30,000トンのコーヒーを生産しています。現在フィリピン国内で生産されている大多数のコーヒーは、バタンガス、ブキドン、ベンゲット、カヴィテ、ダバオとクラベリアの山岳地域となっていて、およそ164,139ヘクタールの農地にコーヒーが植えられていて、30万人のフィリピン人がコーヒー農業に従事しています。

フィリピンは、アラビカ種(Arabica)、リベリカ種(Liberica,Barako)、エクセルサ種(Excelsa)、ロブスタ種(Robusta)の4種類のコーヒーを生産する数少ない国の一つです。

フィリピンコーヒーにはは、バタンガス州リパ市原産のリベリカ種「バラコ・コーヒー(Barako Coffee)」、高原都市バギオで有名なベンゲット州のアラビカ種「ベンゲット・コーヒー(Benguet Coffee)」、また東南アジアに生息する夜行性動物ジャコウネコ(シベット)の体内で精製される高価な「シベット・コーヒー(Civet Coffee)」などがあります。シベット・コーヒーは希少性が高く、大変な高値で取引されています。

スポンサーリンク

シベット・コーヒー

シベット・コーヒー、AP Archiveより

「シベット・コーヒー」は、インドネシアでは「コピ・ルアク」や「コピ・ムサン」の名前で知られているジャコウネココーヒーです。フィリピンでは、ジャコウネコは「アラミド(Alamid)」の名前で知られているため、「アラミド・コーヒー」とも呼ばれます。

シベット(Civet、ジャコウネコ)は、フィリピンではバロス(Balos)と呼ばれていて、天然雑食性の動物ですが、美味しいコーヒーの果実のみを食べるという習性を持っています。シベットはコーヒーの果実を食べる際、中の種も飲み込んでしまいますが、種は消化されないまま体外に排出されます。シベットは高品質のコーヒーの果実のみを食べるため、排出された種は高品質のコーヒー豆が自然と選別されています。消化されないコーヒー豆は、シベットの体内で精製処理され、独特の香味を持つコーヒーに仕上げられます。

エクーアのシベット・コーヒーはベンゲット州(Banguet)にある契約農園から仕入れられているため、他のシベット・コーヒーよりも安価で購入することができます。フィリピンはアラビカ、リベリカ、エクセルサ、ロブスタの4種類のコーヒーを生産しています。この農園ではアラビカ種とロブスタ種の両方を栽培していますが、シベットコーヒーに関しては100%アラビカ種です。

ジャコウネコはフィリピンでは害獣とみなされることが多く、食肉目的で捕らえられます。ジャコウネコはまた、シベットコーヒー生産に利用されます。

シベットコーヒーはジャコウネコを檻の中に閉じ込めて生産されることが多いため、動物愛護の観点から問題となるこの多いコーヒーでもあります。

インドネシアでは「コピ・ルアク(コピ・ムサン)」については、以下の記事を参照してください。

http://real-coffee.net/caferanban-indonesia-sumatra-kopimusang

ジャコウネコの体内を通ることで加わる独特のフレーバーが特徴です。バランスが良く、苦味も少ないため、比較的飲みやすいです。

スポンサーリンク

エクーアのシベット・コーヒー

「幻のコーヒー」「コーヒーの王様」ジャコウネココーヒー。コーヒー好きなら一度は飲んでみたい希少価値の高いコーヒーです。

エクーアホームページより

ジャコウネコの糞のコーヒーというイメージとは対照的に、味わいにクセがなく、とてもクリーンです。




バラコ・コーヒー

バラコ・コーヒー、GMA Public Affairsより

バラコ・コーヒー(フィリピン語:Kapeng barako、スペイン語:CafévarracoまたはCaféverraco、英語:Barako coffee)とは、フィリピン産のリベリカ種のことです。フィリピンの特にバタンガス州とカビテ州で栽培されています。"Barako"は、スペイン語の"Varraco"(野生のイノシシ)からその名前を取られたフィリピン語です。バタンガス州とカビテ州で栽培されたコーヒーは、一般的にすべてバラコと呼ばれています。

フィリピンに初めて植えられたバラコのコーヒーノキは、1800年代にバタンガス州リパ市(Lipa)ピナグタング=ウラン(Pinagtung-Ulan)にウィリー(Willie)とコラ・マカサエット(Cora Macasaet)の家族によって、ブラジルから移植されました。バラココーヒーは強い味と風味を持ち、独特のスパイシーな香りがあります。フィリピンコーヒーの残りの3つの商業種(アラビカ、ロブスタ、エクセルサ)の中で最もユニークな個性があり、フィリピンのほとんどのコーヒー飲用者は、バラコ・コーヒーを好んで飲みます。

バタンガス州の人々は、米料理、タパスやドライ・フライドディッシュを食べるときに、スープの代わりにバラココーヒーを飲みます。飲み物とは別に、スパトリートメントのボディ・スクラブとしても使用されています。

エクーアのバラコ・コーヒー

バラココーヒーとは、フィリピン産リベリカ種コーヒーのこと。

フィリピンはコーヒーベルトに位置する、隠れた名産地として知られています。

"強い"を意味する Barako の名の通り、強いコクと苦みが特徴です。酸味は弱いため、飲みやすいコーヒーでもあります。

焙煎したての新鮮なものを空輸しています。賞味期限は焙煎後から6か月に設定しております。

リベリカ種はアラビカ種・ロブスタ種とともに世界三大コーヒー豆の1つとして知られる一方で、全世界で共通するコーヒー豆の流通量の1%に満たないため、希少性があります。

エクーアホームページより

非常に強くクセの強いフレーバーです。しかし、飲んでみると酸味がなく、スッキリしていて、意外と飲みやすいです。好き嫌いははっきり分かれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エクーア バラココーヒー 豆 200g
価格:784円(税込、送料別) (2020/1/4時点)


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事