チモトコーヒー:インドネシア コピ・ルアク

チモトコーヒー インドネシア コピ・ルアクです。

チモトコーヒー(Chimoto Coffee)は、1927年に創業した業務用コーヒー卸業者です。

チモトコーヒー

インドネシア コピ・ルアク

スポンサーリンク

コピ・ルアク

コピ・ルアク(Kopi Luwak)(または、コピ・ムサン(Kopi Musang))は、ジャコウネコの消化プロセスを利用して作ったコーヒーです。

このコピ・ルアク(Kopi Luwak)は、インドネシア(Indonesia)スマトラ島(Sumatra Island)アチェ州(Aceh)で採取されたロットです。

スポンサーリンク

チモトコーヒー インドネシア コピ・ルアク

インドネシア コピ・ルアク

ローストしたカカオのような香ばしいフレーバー、生のナッツのような癖のあるフレーバー、オレンジのような酸味が印象的です。少しクセのある発酵臭が感じられますが、糞のコーヒーというイメージに反してクリーンな味わいです。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事