パナマ カフェタレラ・リオ・コチェア

パナマ カフェタレラ・リオ・コチェア

スポンサーリンク

カフェタレラ・リオ・コチェア

カフェタレラ・リオ・コチェア(Cafetalera Río Cochea)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ドレガ地区(Dolega District)コチェア(Cochea)のコーヒー会社です。

カフェタレラ・リオ・コチェアの始まりは、1960年に遡ります。アルフレッド・コリンズ(Alfredo Collins)、アルベルト・サムバーグ(Alberto Samberg)、ヴィダル・スアレス(Vidal Suárez)、ロレンソ・エスキベル(Lorenzo Esquivel)、エセキエル・レデスマ(Ezequiel Ledesma)が、ボケテ地区の生産者が適切にコーヒーチェリーを精製処理できるようにするために建設したベネフィシオ・セントラル・デ・カフェ(Beneficio Central de Café)を会社登記しました。この頃まで、それぞれの生産者は精製処理を自身で実行していたため、品質と価格に影響を与える一貫性のあるコーヒーを生産することができませんでした。

ベネフィシオ・セントラル・デ・カフェは、コーヒーの輸送を促進し、大規模の経済を作り出し、小規模生産者により良い価格や、時には彼らの農業を手助けするキャッシングサービスを提供することにより、そしてまた、精製処理の一貫性を保証する新しい技術により、地域の生産者に改善をもたらしました。このことにより、ボケテ地区のコーヒー生産から生まれる利益は、急激な改善を見せました。

ベネフィシオ・セントラル・デ・カフェは、ボケテ地区のコーヒー生産の歴史に、重要な段階を記録しました。その後、同社はオーナーが変わり、カフェタレラ・リオ・コチェアとなりました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事