丸美珈琲店:ケニア ガチャサ AB

丸美珈琲店 ケニア ガチャサ ABです。

丸美珈琲店(MARUMI COFFEE)は、2006年4月に創業した札幌市のスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に4店舗展開しています。

ケニア ガチャサ AB

スポンサーリンク

ガチャサ・コーヒー・ファクトリー

ガチャサ・コーヒー・ファクトリー(Gachatha Coffee Factory)は、ケニア(Kenya)中央州(Central Province)ニエリ・カウンティ(Nyeri County)テジェンジ(Thegenge)に位置するファクトリーです。ガチャサ生産者協同組合(Gachatha FCS)(Gachatha Farmers Co-operative Society)が運営しています。

ガチャサ・コーヒー・ファクトリーは、1963年に設立されました。標高1,300m、アバーディア山脈(Aberdare Range)の斜面に位置しており、ムトゥアイニ(Muthuaini)、ティリク(Thiriku)、ガチェンゲ(Gachenge)、キアンジャウ(Kianjau)の村々の392エーカーの土地で栽培されるコーヒーを精製処理しています。

品種

品種はSL-28、SL-34、バティアン(Batian)、ルイル 11(Ruiru 11)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

規格(グレード)

規格(グレード)はABです。

ケニアのグレードは、スクリーンサイズによって分類されます。ABはAAよりも一回り小さいサイズです。

スポンサーリンク

丸美珈琲店 ケニア ガチャサ AB

ケニア ガチャサ AB

ガチャサウェットミルは約150haもの面積を持つ大きな精製処理場です。

この周辺には多くの人々が住んでいる為、周囲への環境に配慮し、

その土地の住民や生態系、原生林の保護も行っています。

また収穫から得た収益を基に基金が設立されており、
所属しているメンバーへの教育費や
農園への投資など
様々なサポートを行うことで持続可能且つより品質の高い

珈琲が生産できていると考えています。

丸美珈琲店

~味わい~

アメリカンチェリーやプラムを連想させる果実感のある味わい、

黒糖キャンディーのような甘い風味や滑らかでバランスの良い飲み心地

丸美珈琲店

プラムのような濃厚なフレーバーと黒糖のような甘さが印象的です。ケニア特有のカシスのようなフレーバーよりも重く甘さがあり、冷めてくるとケニア特有の凝縮感のある酸味が生まれます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事