スターバックス リザーブ®:サンドライドウガンダシピフォールズ

今回はスターバックス リザーブ®のサンドライド ウガンダ シピ フォールズの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

スターバックス リザーブ®のサンドライド ウガンダ シピ フォールズ

ウガンダは東アフリカに位置する共和国です。東はケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ、北に南スーダンと、コーヒー生産国と国境を接してます。首都はカンパラ(Kampala)です。カンパラは「カモシカの土地」を意味します。イギリス連邦に加盟しています。南に白ナイル川の始まるヴィクトリア湖があります。世界第2の淡水湖で、チャーチルの著書では「アフリカの真珠」と形容されています。

ウガンダは人口の約80%が農業を営む農業国です。コーヒー、綿花、紅茶が主な生産物で、輸出品として外貨を稼ぐ手段となっています。綿花は20世紀初頭に栽培が奨励されたウガンダでもっとも重要な作物で、おもに鉄道に沿って栽培地が広がり、カンパラ周辺から東部テソ地域やキョーガ湖の北部にまで普及しました。紅茶は西部のトロ王国の首都であったフォート・ポータル(Fort Portal)近辺や、ヴィクトリア湖北岸のジンジャ (Jinja)が主要な産地です。コーヒー、と綿花の栽培は小規模農家によって行われ、紅茶の栽培はプランテーションによて行われます。

ウガンダのコーヒーは古くからブガンダ王国の主体となったガンダ族によって生産されていました。彼らによって生産されていたのはロブスタ(正式にはカネフォラ種)です。ウガンダはロブスタの発見地であると言われています。ウガンダのブガンダ(ウガンダ中南部にあった国)には血盟の儀式の際にロブスタ(カネフォラ種)のコーヒー豆を噛む習慣があり、1862年にウガンダに入り込んだ英軍士官ジョン・ハニング・スピーク(John Hanning Speke)の手記にはコーヒーを噛んで利用したと記されています。1898年にベルギーの植物学者エミール・ロラン(Emile Laurent)によってベルギー領コンゴでロブスタ種が再発見された後、ロブスタ種の栽培が始められた。当初風味の悪さからロブスタ種は市場で敬遠されていたが、栽培のしやすさ、耐病性、価格を武器にして世界中に広まっていきます。

1900年代初頭にエチオピア、マラウイからウガンダにアラビカ種がもたらされました。ウガンダのコーヒーは1920年代に商品化が進み、1960年代にはアフリカで第3位の生産量を誇るようになりました。ロブスタ種はガンダ地域などの低丘陵地で、アラビカ種はキゲジやエルゴン山で栽培されていますが、アラビカ種のほうが良質なため、近年ウガンダではロブスタ種からアラビカ種への転換が進められています。スターバックスが調達するコーヒー豆はアラビカ種のみで、サンドライド ウガンダ シピ フォールズもアラビカ種です。

スターバックス リザーブ®のサンドライド ウガンダ シピ フォールズを生産するシピ フォールズ(Sipi Falls)地域はケニアとの国境近く、ウガンダ東部のカプチョルワ地区カプチョルワ県(Kapchorwa)にあります。カプチョルワ県の住民はカレンジン(Kalenjin)と近いナイル系のセベイ族(Sebei)が多く、バントゥー系のギス族や少数のポコットやナンディも住んでいる地区です。セベイ族は元は牛牧民で植民地時代にコーヒー栽培を始め、近年はトウモロコシを生産していますが、農耕用の牛は現在も保有しています。

シピ フォールズとはカプチョルワ地区シロンコ(Sironko)とムバレ(Mbale)の北東にあるエルゴン山の山あいから流れ出す3つの滝です。滝はケニア国境近くのエルゴン山国立公園の端にあります。エルゴン山はアフリカで4番目に高い山で、高品質のコーヒー生産に適した火山性の土壌と高い標高に恵まれています。

シピ フォールズエリアはエルゴン山登山の出発点です。エルゴン山登山の最も人気のあるルートはブダディリ(Budadiri)から始まり、ササ(Sasa)トレイルを通って頂上へと続き、その後シピ(Sipi)トレイルを下りてシピ フォールズに戻るルートです。滝周辺のハイキングコースでは、カラモジャ平原、キョーガ湖、そして山の斜面の素晴らしい景色を眺めることができます。エリア内にはロッジやキャンプ場などの宿泊施設が数多くあります。涼しい気候のため、都会の喧騒を離れてリラックスするのに最適な場所です。

シピ(Sipi)は、「Sep」という河畔に生息する植物にちなんで名付けられました。Sepは薬用植物です。野生のバナナの一種に似ていて、葉ははしかと熱を治療するために使用されます。エルゴン山のシピ フォールズエリアは標高1,600〜1,900メートルで生産されるブギス(Bugisu)というアラビカ種コーヒーの生産で特に有名です。

品種はSL-14です。1903年には、ケニアのカベテ(Kabete)に東アフリカ初の本格的なコーヒー研究所となるスコット研究所(Scott Laboratories)が設立されます。スコット研究所は世界中から入手した様々な品種を改良し、ケニアに特徴的な品種を輩出していきます。SLシリーズはこのスコット研究所から生まれた品種です。SLシリーズはウガンダのアラビカ種生産でよく用いられる品種です。

SL-14はSLシリーズの14番目の品種です。1931年にタンガニカ地方の北部由来のブロンズチップ・ブルボンから選別され、耐乾品種として研究開発された品種です。低地栽培に適していていて、ブルボンから選別されたため、丸い形をしています。

精製方法はナチュラルです。

味の特徴はライムやレモンのような酸味に、チョコレートやキャラメルのような風味を持ち合わせたコーヒーです。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。(スターバックスホームページより)

スターバックス リザーブ®を購入すると、商品説明のカードを挟んだこちらの用紙がもらえます。

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このデザインは、シピ フォールズ地域に根付いている神秘的な言い伝えからインスピレーションを得ています。生産者たちの情熱と献身的な努力、そして素晴らしい自然の力が、この素晴らしいコーヒーには凝縮されています。このラベルのデザインでは、何層にも折り重なる様々な地形の中で「かくれんぼ」をしている動物たちが、まるで魔法のような味わいを持つこのコーヒーが出来上がったことを祝福しています。

スターバックスホームページより

初回購入時にコーヒーパスポートがもらえます。

中にコーヒーの基本情報(味わい方、ロースト方法、加工法、コーヒーの淹れ方など)と、スターバックスのコーヒーについての情報が載っています。中身が充実しているので、コーヒーパスポートをもらうためだけでもスターバックス リザーブ®を購入する価値があると思います。

スターバックス リザーブ®のページもあり、こちらに商品を購入するともらえるスタンプを貼って、コーヒーについての感想が書き込めるようになっています。

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのサンドライド ウガンダ シピ フォールズはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

「コーヒーチェリーを加工するウェットミルは、標高の高い場所にあるコーヒー農園の近くにあります。低い場所にあるドライミルまでコーヒー運ぶには、車で一日かかることもあります。時には、道路が閉鎖されてしまうこともあります。」
コーヒー クオリティー デベロップメント マネージャー レズリー ウォルフォード

スターバックスホームページより

欠豆が少しありますが、欠点豆少ないです。SL-14の丸い形をしています。

ミディアムボディのチョコレートのようなコクと風味を持っています。柑橘系の爽やかで控えめな酸味が感じられます。香味に優れません。ウガンダでアラビカ種の高品質コーヒーを生産できるようになるには、時間が必要だと思います。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事