工房 横井珈琲:コロンビア ロス・ノガレス

工房 横井珈琲 コロンビア ロス・ノガレスです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年創業の札幌市西区に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に2店舗展開しています。

コロンビア ロス・ノガレス

スポンサーリンク

ロス・ノガレス

ロス・ノガレス(Los Nogales)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)ピタリート自治体(Pitalito Municipality)エル・ディアマンテ(El Diamante)に位置する農園です。

ロス・ノガレスは、コロンビアで最初のカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)、コロンビア・ノース 2005(Colombia North 2005)で、カツーラ(Caturra)のトラディショナル・ウェット・プロセシング(Traditional Wet Processing)が91.91点を獲得し第1位に輝きました。このロットを、丸山珈琲の珈琲の味方塾(現ジャパン・ロースターズ・ネットワーク(JRN)(Japan Roasters' Network))が落札したことで、丸山珈琲および珈琲の味方塾との付き合いが始まりました。

このカップ・オブ・エクセレンス(CoE)で獲得したプレミアムで、ロス・ノガレスはウェット・ミルを買い替えました。

このミルはエル・ディアマンテで見たものと異なり、果肉の除去は2段階ではなく1段階で処理される仕組みになっているため、わずかな水で洗い流す工程がともないます。そのため発酵時間はエル・ディアマンテの12時間に対し、は18時間と長め。同じところは発酵槽に水を張らないことです。

ウィラ・ピッタリート地区 カフェ・アンディーノグループ その5」,横井のさんかくらいふ 2009年12月5日.

工房 横井珈琲の横井 力(よこい ちから)氏は、2009年にロス・ノガレスを訪れています。このとき農園主であったリカウルテ・エルナンデス(Ricaurte Hernández)氏は、2013年に強盗に襲われて亡くなってしまいました。農園は息子のオスカー・エルナンデス(Óscar Hernández)氏に受け継がれることになり、丸山珈琲がロス・ノガレスで生産されるスペシャルティコーヒーを毎年すべて買い付けることとなりました。

品種

品種はカツーラ(Caturra)、コロンビア(Colombia)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 コロンビア ロス・ノガレス

コロンビア ロス・ノガレス
コロンビア ロス・ノガレス

現在オスカーさんが中心となって営むロス・ノガレス農園は、2005年に初めて開催されたコロンビアCOEで初代チャンピオンになった農園です。

この時のオークションで同農園の優勝ロットの落札をきっかけに、お付き合いがはじまりました。

2013年に当時のオーナーでオスカーさんのお父様であるリカウルテさんが強盗に襲われて亡くなり、農園を継続するのか売却するか何度も家族会議が行われました。

現在はオスカーさん、お母様のスルデリーさん、オスカーさんの姉妹が農園を継ぎ、コーヒー生産を続けられています。

リカウルテさん亡き後、オスカーさんとスルデリーさんは高品質コーヒーの生産に今まで以上にフォーカスすることを決め、環境に与える影響が少ない水洗処理設備を新たに導入しました。

オスカーさんたちはコーヒー作りにおいて日々向上を目指し、根気強く仕事に取り組んでいます。

工房 横井珈琲

アプリコット、ミルクチョコの印象
キャラメルの甘さ、クリーミーな質感

工房 横井珈琲

ミルクチョコレートのような滑らかな質感と軽いボディ、甘さが印象的です。チョコレート系のコーヒーの中でも、軽く飲みやすい味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事