工房 横井珈琲:コロンビア ブエナビスタ

工房 横井珈琲 コロンビア ブエナビスタです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

コロンビア ブエナビスタ

スポンサーリンク

ブエナビスタ

ブエナビスタ(Buenavista)は、コロンビア(Colombia)トリマ県(Tolima Department)プラナダス(Planadas Municipality)ガイタニア村(Gaitania Corregimiento)サン・ミゲル(San Miguel Vered)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のトリマ(Tolima)に区分されます。

農園主のアストリッド・メディナ・ペレイラ(Astrid Medina Pereira)は、家族の世話やコーヒー生産を一手に担っている女性です。

アストリッドは、父親からこの農園を受け継ぎ、家族で農園を経営しています。

品種

品種はカスティージョ(Castillo)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

ブエナビスタは、2015年のカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)、コロンビア・ノース 2015(Colombia North 2015)で、90.20点を獲得し第1位に輝きました。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 コロンビア ブエナビスタ

コロンビア ブエナビスタ
コロンビア ブエナビスタ

コロンビア中西部のトリマ県の南部、ガイタニアの町に位置するブエナビスタ農園は、アストリッド・メディナさんと夫のラウルさんをはじめ、親族の皆さんを中心に運営されています。

彼女は二児の母親でもあり、家事や育児をしながら農園の管理・運営に取り組んでいます。
アストリッドさんは、ピッカーや従業員、オーナーまで、農園で働くすべての人が相互に理解し、同じ目標を持つことが重要だと考えており、コーヒーの品質は多くの人の努力が合わさって達成されるものだと話します。
アストリッドさんにとってコーヒーは、家族を団結させてくれる存在でもあります。
2015年のCOE優勝の際、彼女は「数は力になります。過去9年間農園で働く中で、浮き沈みもあり、従業員にもっと賃金を払いたくでも払えない時期もありました。それでも、私たちは希望を持って進み続けます。」と語りました。

工房 横井珈琲

高級チョコレートのような非常に綺麗な酸味と口当たりが印象的です。アメリカンチェリーのような酸味が非常に綺麗に感じられる味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事