カフェ ランバン:エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーション

カフェ ランバンのエチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーションです。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーション

エチオピア

エチオピア(Ethiopia)は東アフリカに位置する内陸国です。北をエリトリア、東をソマリア、南をケニア、北西をスーダン、北東をジプチに囲まれています。首都はアディスアベバです。エチオピアは200以上の言語を話す70以上の民族グループを持っています。かつてエチオピアはアビシニア(Abyssinia)と呼ばれていました。

エチオピアはナイル一帯の高原地帯に位置している、面積113万平方キロメートル以上のアフリカ最大の国の一つです。エチオピアには海抜マイナス100mをきるアファール盆地(Afar Depression)があるダナキル砂漠(Danakil Desert)と、海抜約4,600mのエチオピアの最高峰、ラス・ダシャン山(Ras Dashan)までの険しい地形が広がっています。

エチオピアコーヒーの主要な産地として、コーヒーの名の由来といわれるカファ地方(Kaffa)、南部のシダマ地方(Sidama)、東部山岳地帯のハラー(Harrar)があります。

エチオピアはグレート・リフト・バレー(Great Rift Valley、大地溝帯)の入り口にあたり、北東の紅海から南西に向かって国土を半分に割るようにグレート・リフト・バレーが貫いています。グレート・リフト・バレーの西と東で、コーヒーノキのタイプに違いが見られます。イルガチェフェ群は東側の南部グループに位置付けられます。東側のコーヒーノキは人工的に栽培されたものがほとんどで、自生のコーヒーノキは見られません。西側には自生のコーヒーノキがみられます。

コーヒーがいつ発見されたのかについては多くの説がありますが、エチオピアでの発見伝説は1671年レバノンの言語学者ファウスト・ナイロニが著書「眠りを知らない修道院」で紹介した山羊飼カルディが有名です。

「アラビアである山羊飼が、山羊が寝ずに一晩中跳ね回っているのに困って、修道士に相談に行った。修道士は山羊が何か特効のある草木を食べたに違いないと周辺を探すと、食い荒らされた赤い木の実を発見した。そして、その実を持ち帰り、ゆでた汁を飲むと、それが眠気を払うものと気がついた。修道士はこの効用を夜の祈りに利用することを思いつき、毎日これを飲むと、眠ることなく夜通し祈り続けることができた。その後、徐々に他の健康への効用も知られるようになり、その地の人々の間に浸透していった」。この赤い木の実がコーヒーであるという説です。

イルガチェフェ

エチオピアのコーヒー生産地、アタカ通商 ホームページより

エチオピア イルガチェフェ(Yirgacheffe)は、エチオピア南部諸民族州(Southern Nations, Nationalities, and People's Region(SNNPR))ゲデオ地方(Gedeo Zone)イルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)で生産されるコーヒーまたはそのブランドです。

南部諸民族州

エチオピアでは1995年に憲法改正があり、「エチオピア連邦民主共和国憲法(the Constitution of the Federal Democratic Republic of Ethiopia)」が施行されました。ここからエチオピアは「諸民族」の民族自治による連邦制へと移行しました。

このエチオピア連邦民主共和国憲法のもとで、「諸民族」の民族自治の理念に合わせて、1995年にエチオピアでは行政区画の変更がありました。エチオピアの行政区画は「州(Region または Regional state)」、「地方(Zone)」、「群(Woreda)」の順に区分されることになり、さらに郡の下に行政区画の最小単位として「住民自治組織(Kebele)」が置かれることになりました。

「南部諸民族州(Southern Nations, Nationalities, and People's Region(SNNPR))」は、1995年にエチオピアが各民族に州を割り当てた際、かつては独立していた各民族を一つの州にまとめ、形成された州です。現行憲法では一民族ごとに一州が割り当てられていますが、複数の少数民族で構成されている南部諸民族州は、「地方(Zone)」または「特別郡(Liyu Woreda)」が民族構成単位となっています。

ゲデオ地方

ゲデオ地方はゲデオ民族(Gedeo people)によって構成される地方です。

ゲデオ民族は、2007年のエチオピアの国勢調査によると、150万人を超えるエチオピアで11番目に大きな民族グループです。彼らは南部諸民族州のゲデオ地方とオロミア州(Oromia Region)のグジ地方(Guji Zone)西部に住んでおり、世界的に有名なイルガチェフェコーヒーの生産者です。エチオピアのコーヒー輸出の3分の1は、彼らの生産するコーヒーによって占められています。

また、ゲデオ民族の50万人以上は、オロモ民族のサブグループであるグジ・オロモ民族(Guji Oromo People)とともに、オロミア州の70の住民自治組織に住んでいます。

ゲデオ民族とグジ・オロモ民族は、同様の文化と生活様式を共有している共通の祖先を持つ民族であると考えられています。

ゲデオ地方に住んでいるゲデオ民族は、「バーレ(baalle)」と呼ばれる年齢階層秩序と農業経済によって集団形成をする二つの伝統文化を持っています。「バーレ」はオロモ民族(Oromo people)の「ガダー(Gadaa)」に似たシステムです。「ガダー」は8年ごとに権力者が入れ替わるシステムですが、「バーレ」では、誕生10年で一つの階層が区分され、70年を一つのサイクルとしています。

エチオピアのコーヒーは栽培の仕方によって、ガーデン・コーヒー(Garden Coffee)、 フォレスト・コーヒー(Forest Coffee)、セミ・フォレスト・コーヒー(Semi-Forest Coffee)、プランテーション・コーヒー(Plantation Coffee)の4つのタイプに分けることができます。

ゲデオ地方のコーヒー生産はガーデン・コーヒーで、家の裏庭のような場所で小規模農家が栽培しています。ゲデオ地方は鉄分の多い深い土壌で、高品質のコーヒーを生産するのに適した栄養価の高い土壌です。

イルガチェフェ

イルガチェフェ群(Yirgachefe または Irgachefe Woreda)は、エチオピアのスペシャルティコーヒーの有名産地の一つです。南にコチェレ群(Kochere Woreda)、西にはオロミア地方(Oromia Zone)、北にはウェナゴ群(Wenago Woreda)、東にブレ群(Bule Woreda)、南東にゲデブ群(Gedeb Woreda)が隣接しています。

イルガチェフェ群はアバヤ湖(Lake Abaya)近く、標高約2,000mの高地に位置しています。イルガチェフェの豊かな土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差が、良質なコーヒー栽培に適しています。

イルガチェフェ群は行政区画ですが、イルガチェフェ群にはイルガチェフェ(Yirgachefe または Irgachefe)という町があり、イルガチェフェ群行政の中心地となっています。

イルガチェフェ自体は小さな町ですが、この近くにはディラ(Dilla)やブルー・オラ・タウン(Bule Hora Town、アゲレ・マリアム(Agere Maryam)とも)といった大きな町が位置しています。

イルガチェフェ群で生産されたコーヒーは、主にディラに持ち込まれ、配送されます。

エチオピアのコーヒーは「エチオピア商品取引所(Ethiopian Commodity Exchange(ECX))」を介して取引されます。しかし、コーヒー生産者を代表する協同組合は、自分たちでコーヒーを管理することができます。

イルガチェフェのコーヒー農家の多くは、約3万7000人の農家からなる27の異なる協同組合で構成されている「イルガチェフェコーヒー生産者協同組合連合(Yirgachefe Coffee Farmers Cooperative Union(YCFCU))」のメンバーです。イルガチェフェコーヒー農業協同組合のメンバーは、取引においてエチオピア商品取引所を経由することから免除されています。

また、一部のコーヒー農家は「オロミアコーヒー生産者協同組合連合(Oromia Coffee Farmers Cooperative Union(OCFCU))」のメンバーでもあります。

イルガチェフェには約26の協同組合があると言われています。

このように協同組合を組織し、コーヒーの精製処理、流通の機能を統合することで、市場効率が向上し、収入が拡大することによって、コーヒー農家の経済安定性を高めることができます。

エチオピアコーヒーと商標

2006年10月26日、オックスファム(Oxfam)がスターバックス(Starbucks)と全米コーヒー協会(National Coffee Association(NCA))に関するレポートを発表しました。

オックスファムはエチオピア政府がシダモ(Sidamo)、ハラー(Harar)、イルガチェフェ(Yirgachefe)を全米コーヒー協会に商標出願したことを、スターバックスが阻止しようと働きかけたとの声明を発表しました。しかし、スターバックスはエチオピア政府の商標登録出願に異議を申し立てたこともなく、原産地の所有権を主張したこともないと反論しました。

スターバックスがエチオピアの有名産地のブランド名を使用することによって高い利益を上げる一方で、現地の農家は低い利益しか得ることができないため、エチオピア政府とオックスファムはスターバックスにエチオピア政府とライセンス契約を結ぶように求めました。

2007年6月20日、エチオピア政府とスターバックスは流通、マーケティング、ライセンスに関する契約を締結することで決着しました。

また、エチオピア政府と日本の間でも商標登録を巡って争いが起きていました。

エチオピア政府と日本の間では、エチオピアの「シダモ」と「イルガチェフェ」が「商標」であるのか「産地名」であるのかをめぐり、長い間訴訟が起きていましたが、エチオピア政府が商標登録することで決着がつきました。

エチオピアには国家による行政区分の他に、「エチオピア商品取引所(Ethiopian Commodity Exchange(ECX))」によるコーヒー生産地域の区分があります。エチオピア政府が商標登録したのは、このコーヒー生産地域です。

エチオピア国YIRGACHEFFE(イルガッチェフェ)地域で生産されたコーヒー豆,エチオピア国YIRGACHEFFE(イルガッチェフェ)地域で生産されたコーヒー豆を原材料としたコーヒー29B01 32D04

「登録4955560」,特許情報プラットフォームより

この「イルガチェフェ地域」にはイルガチェフェ群の他に、ウェナゴ群(Wenago Woreda)、コチェレ群(Kochere Woreda)、ゲラナ・アバヤ群(Gelana Abaya)、ディラ・ズリア群(Dilla Zuria Woreda)が含まれており、これらの地域で生産されたコーヒー豆またはそれを原材料としたコーヒーは「イルガチェフェ」ブランドとして販売されます。

M.H.A ウォッシングステーション

M.H.A ウォッシングステーションの所在地、アタカ通商 ホームページより

エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーション(Yirgachefe G-1 Natural Mohammed Hussein Adami Washing Station)を生産するM.H.A ウォッシングステーションは、エチオピア南部諸民族州(Southern Nations, Nationalities, and People's Region (SNNPR))ゲデオ地方(Gedeo Zone)ウェナゴ群(Wenago Woreda)に位置しています。

イルガチェフェはエチオピアの群および町の名前ですが、「イルガチェフェ」はエチオピア政府が商標登録しているコーヒーブランド名でもあります。このコーヒーが生産されるウェナゴ群はイルガチェフェ群に隣接する群でイルガチェフェ群ではありませんが、「イルガチェフェ」ブランドとして取り扱われています。

M.H.A ウォッシングステーションは、モハメッド・フセイン・アダミ(Mohammed Hussein Adami)というエチオピアの最初の女性輸出業者の1人の名前に因んで名付けられました。エチオピアには、「エチオピア・コーヒー・輸出業者協会(Ethiopian Coffee Exporters' Association(ECEA))」に属する約100のコーヒー輸出業者がありますが、このコーヒーはモハメッド・フセイン・コーヒー・輸出業者(Mohammed Hussien Coffee Exporter)取り扱いのコーヒーです。

イルガチェフェ群のコーヒー畑、アタカ通商 ホームページより

エチオピアでは、コーヒー生産の大部分は小規模農家によって行われ、各農家は約2ヘクタールの土地を管理しています。このコーヒーの生産農家は年間平均降雨量850mm、標高1,700m-1,800mの高地に位置しており、このコーヒーはエンセーテ( Ensete、アビシニアンバナナ)というババナの植物の間で生産されています。このエンセーテは、エチオピア高地の限られた地域で栽培される植物です。

(前略)アフリカで生まれた栽培作物は、世界に広く伝播して大きな影響を与えた「拡散型」と、限られた地域に留まった「局所型」に区分され、前者の代表としてはモロコシやシコクビエ、トウジンビエが、後者にはエチオピア高地で栽培される穀物のテフ(水と混ぜて乳酸発酵させた粉をクレープ状の薄焼きにする「インジュラ」の原料)や「偽バナナ」ことエンセーテ(葉の付け根にできるデンプン塊を食用にする)が挙げられます。

 テフもエンテーセも現地では主食となる重要作物ですが、標高2000mの熱帯高地で育つ植物のため、それ以外の地域に栽培が広まらなかったのです。

旦部幸博(2017)『珈琲の世界史』,講談社現代新書.p35

規格(グレード)

エチオピアコーヒーの等級には欠点豆の混入率によって、グレード1-9までに分けられています。

エチオピアのコーヒーは大きく4つに区分されます。コマーシャル・ウォッシュト(Commercial Washed)、コマーシャル・アンウォッシュト(Commercial Unwashed)、スペシャルティ・ウォッシュト(Specialty Washed)、スペシャルティ・アンウォッシュト(Specialty Unwashed)です。グレード1-2までは「スペシャルティ」に分類され、グレード3-9までは「コマーシャル」に分類されます。

イルガチェフェでは、コマーシャルコーヒーはイルガチェフェ A(Yirgachefe A)またはイルガチェフェ B(Yirgachefe B)と分類されます。

スペシャルティコーヒーでは、Q1とQ2に分類されます。

この分類はコマーシャルとスペシャルティの両方とも、イルガチェフェ(Yirgachefe)、ウェナゴ(Wenago)、コチェレ(Kochere)、ゲレナ・アバヤ(Gelena Abaya)の4つの群(Woreda)に割り当てられます。

ウェナゴ群で生産されるエチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーションはこの分類に割り当てられ、グレード1(Q1)に分類されます。

精製方法

乾燥の様子、アタカ通商 ホームページより

エチオピアのコーヒーは、ナチュラル(Natural、乾式)で精製されることが多いですが、イルガチェフェは水が豊富なため、ウォッシュト(Washed、湿式)で精製されることが多いです。このコーヒーはイルガチェフェでナチュラルで精製されています。

イルガチェフェのコーヒーは、エチオピアのコーヒーのなかでも最高ランクに評価され、近接するシダマ地方の最高のコーヒーと多くの特徴を共有しています。

フローラルであり、チェリーやブルーベリーのような果実感のある華やかなフレーバー、柑橘系の明るい酸、シルクのような滑らかな口当たりが特徴です。エチオピア産のコーヒーに特徴的な「モカフレーバー 」も感じられます。

イルガチェフェのウォッシュトではレモンのような明るい酸が、ナチュラルではベリー系の果実感のあるフレーバーが特徴です。

カフェ ランバンのエチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーション

毎年人気のイルガチェフェG1 ナチュラル2018/2019クロップ入荷しました。独特の酸味と甘みが特徴です。ストロベリーやブルーベリーなどのベリー系の風味があります。

カフェ ランバン ホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができますが、こちらのエチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル M.H.A ウォッシングステーションは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)、極深煎り(イタリアンロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

モカフレーバーにストロベリーのようなベリー系のフレーバーを併せ持つエキゾチックなコーヒーです。浅煎りの心地よい酸味が感じられます。紅茶のようにキレイな味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

モカフレーバーにストロベリーのようなベリー系のフレーバーと甘酸っぱさを併せ持つコーヒーです。中煎りでは、ワインのようなフレーバーが現れ、酸味とともに甘味も感じられるようになってきます。

深煎り(フレンチロースト)

モカフレーバーとベリー系のフレーバーがより深く濃厚に感じられます。深煎りになると、ワインのようなフレーバーが強くなり、複雑で奥深いフレーバーが官能的な印象を生み出していす。

極深煎り(イタリアンロースト)

深煎り同様に、モカフレーバーとベリー系のフレーバーがより深く濃厚に感じられます。ベリー系のフレーバーとワインのようなフレーバー、モカフレーバーが合わさって、複雑な印象を生み出しています。

<参考>

「M・H・A ウォッシングステーション イルガチェフェG-1 ナチュラル」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/1473.html>2019年12月8日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事