澤井珈琲:ムンドノーボ

今回は澤井珈琲Beans&Leaf店のザ・サワイファーム ムンドノーボを紹介します。こちらは楽天市場でも加藤珈琲店と並ぶ大手のコーヒー店です。銘柄豊富なので、ゲイシャやモカマタリなど近所で見つからないレアな銘柄もこちらで購入できます。本社は鳥取県にあり、鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

ザ・サワイファーム ムンドノーボ

ブラジルは南米の東部に位置する60億本のコーヒーの木が栽培されている世界最大のコーヒー産地です。人口は約2億930万人で、日系人は約160万人です。国土の60%以上が中部から南部に高原地帯です。北部は熱帯性雨林、中部は亜熱帯地帯、南部は温帯地帯となっています。

ブラジルのコーヒーの生産は、南部のミナスジェライス州が全体の約50%を生産しています。74%がアラビカ種で、26%がロブスタ種です。ブラジルのコーヒー生産量は世界全体の生産量の約30%を占めるため、コーヒーの国際相場はブラジルの生産量に左右されます。

ザ・サワイファームのムンドノーボは、ブラジルの良質なコーヒー産地として名高い、標高約850~1200mに位置するミナスジェライス州のセラード地域で収穫されたコーヒーです。

セラードは1995年に、ミナス・ジェライス州政府の法令により認定されたこの州の55都市に広がる広大な熱帯サバンナ地域です。セラード(ポルトガル語で未開の大地の意味)はブラジル政府が国家プロジェクトとして農業開発を始めてから、約20年程度で南アメリカ最大の農業地域に生まれ変わった場所です。資金・技術提供において、日本もこの土地の開発に深く関わっています。土壌、栽培技術の改良により、農業に適さないとされていた広大な熱帯サバンナ地域が、世界有数の一大穀倉地帯に変貌しました。セラードは今では、「ブラジルの緑の革命」「20世紀農学史上最大の偉業」と称され、成功した開発援助のモデルとなっています。

このセラード地域で生産されるコーヒー豆は、ブラジル全土における生産量の約15%を占めています。コーヒーの生産地は山脈の地形が一般的ですが、セラードは広大な高原のため、コーヒーノキに日が均一に当たり、成長にばらつきが出ないことから、均質なコーヒー豆の安定した生産ができます。

また、気候は大陸性気候で、年間の平均気温は23度、夏の雨期と冬の乾期がはっきり別れるのが特徴です。セラード地域モンテカルメロ地区はもともと降雨量が少ない土地ですが、生産期の夏は雨季のため高温多湿で、集中的な降雨による一斉開花によって、コーヒーチェリーの熟成を均一に保つことができます。それに対して、収穫期の冬は乾季のため低温乾燥の穏やかな気候で、特に降雨量が少ないために、豆が発酵することなく、安定した収穫を行うことができます。雨期と乾期のはっきりと分かれた気候は、良質のコーヒー豆の栽培に最適です。

ザ・サワイファーム ムンドノーボはワグナー・フェレーロ氏(Wagner Ferrero)の所有農園の中に作られた澤井珈琲の農園で生産されたコーヒーです。フェレーロ家は約100年の歴史があるブラジルコーヒー生産農家です。 のコーヒーの歴史は20世紀初頭にワグナー氏の曽祖父がイタリアから移民し、サンパウロで農園を始めたのが最初です。1984年にセラードのコロマンデル(Coromandel)に農園を移し、現在に至ります。1984年にワグナー氏の父が亡くなり、彼はそれまで父任せだったコーヒー生産を自分で引き受け、新しい農業、土地へと挑戦することにしました。セラードを選んだ理由は、霜が降らないことと土壌が侵食されていない点でした。

ワグナー氏は開園当初から、生態系を維持することをポリシーとしています。
農薬はできる限り使わず、独自方法として雑草のコントロールをしています。本来害虫と同格に見られていた雑草に肥料を撒き成長させてから刈り込み、土中に戻し堆肥とします。雑草を取り除く除草剤を一切使用しないため、害虫の天敵となる蜘蛛や鳥が多く住む理想的な環境を作り上げました。

日本との関係も深く、澤井珈琲のムンドノーボ他に、キョーワズ珈琲もワグナー氏の運営しているエストレーラ2農園に、キョーワズ珈琲専用のブルボンを栽培しています。

ワグナー氏は所有農園は以下の通りです。

  • パンタノ農園(Pantano)地域:パスト・デ・ミナス(Patos de Minas)、標高:1,150m、農園面積:318ha、収穫量:6,100袋
  • カイセッタス農園(Caixetas)地域:パスト・デ・ミナス(Patos de Minas)、標高:1,150m、農園面積:148ha、収穫量:2,000袋
  • エストレーラ2農園(Estrela II)
    地域:コロマンデル(Coromandel)、標高:1,180m、農園面積:100ha、収穫量:?

品種はムンドノーボ(Mundo Novo)です。ムンドノーボとは新世界という意味で、ブラジルで主要に栽培されている品種の一つで、ブラジル以外での栽培には不向きです。インドネシアからブラジルに移植されたティピカとブルボンによる自然交配から生まれた品種で、1943年にサンパウロのムンドノーボ地区で交配が開始されたことから、この名が取られました。生豆の平均サイズはスクリーン17と大きく、病害虫に強く、生産性は高い品種です。

味は酸味、甘味、苦味のバランスが良いのが特徴です。ブラジルで広く栽培されているブルボンに比べると、渋みが出やすいとされています。

薫り - aroma -★ ★ ★ ★
旨味 - tasty -★ ★ ★ ★
苦味 - bitter -★ ★
酸味 -acidity-★ ★

★は5段階表記しています。★が多いほど強くなります。

本当に美味しいコーヒー豆を創りたくて、現地の有名農園と契約し、
世界にたったひとつだけの当店専用のコーヒー豆を大切に育ててもらいました。名付けて、 " the SAWAI FARM -ザ・サワイファーム-"のレギュラーコーヒー豆。

" the SAWAI FARM -ザ・サワイファーム-"の契約農園は、
ブラジル・スペシャルティーコンテストに連続入賞の実績を持つフェレーロさんが大切に育てているコーヒーの本場、欧州でも評価の高い名門農場の中にございます。

澤井珈琲ホームページより

焙煎

焙煎:シティロースト(8段階中5番目)

中深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です 。日本人が好む焙煎度合いです。別名ジャーマンローストともいいます。

酸味と苦味がともに突出せず、バランスよく飲める焙煎度です。

証明書がついてきます。

欠点豆ほぼありません。ムンドノーボ種に特徴的な大粒の豆です。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

酸味、甘味、苦味のバランスが良いですが、少し苦味が強めです。渋みも若干感じられます。

購入はこちらから。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事