リッジバイコーヒーアップ:エチオピア フォゲ

リッジバイコーヒーアップ エチオピア フォゲです。

リッジバイコーヒーアップ(ridge by coffee up!)は、兵庫県神戸市にあるスペシャルティコーヒー店です。オーナーは、フリーポアー・ラテアート・グランプリ 大阪 2019 チャンピオンの金藤 智也(きんとうともや)です。

エチオピア フォゲ

スポンサーリンク

フォゲ ウォッシング・ステーション

フォゲ ウォッシング・ステーション(Foge Washing Station)は、エチオピア(Ethiopia)オロミア州(Oromia Region)ボレナ地方(Borena Zone)アバヤ郡(Abaya Woreda)に位置するウォッシング・ステーションです。

フォゲ ウォッシング・ステーションは、カンケティ・コーヒー・エクスポート(Kanketi Coffee Export)が所有するウォッシング・ステーション です。カンケティは、ツェデニア・アバネア(Tsedenia Abayneh)とフィカドゥ・アバネア(Fikadu Abayneh)の兄弟によって管理・運営されています。ツェデニアはマーケティングを学び、他社で働いた後、2017年に正社員として入社しました。彼女は事務と顧客対応を管理し、シーズン中はアディス・アベバとイルガチェフェの実家を行き来しています。彼女は映画製作を志す一方、家業にも深く関わっています。

フィカドゥは、ウォッシング・ステーションで生産と品質管理を担当しています。彼は長く家業に携わってきましたが、正社員として会社に勤めるようになったのは2015年からです。

彼らはイルガチェフェ町に住む生産者家族で、イルガチェフェとグジに6つのウォッシング・ステーションと85ヘクタールの私有農園を所有しています。一家の輸出事業であるカンケティ・コーヒー・エクスポートは、彼らの父親が創業されました。ツェデニアとフィカドゥの兄弟は共にイルガチェフェで育ち、コーヒーに没頭する生活を送ってきました。2代目の彼らは新しいビジョンを持ち、事業と農家の生活を改善する方法を模索しています。

品種

品種は74110と74112です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

リッジバイコーヒーアップ エチオピア フォゲ

エチオピア フォゲ

ジャスミンのような甘いフローラルフレーバーとオレンジのような酸味に、モカフレーバーが相まった味わいが印象的です。全体的に穏やかで繊細な印象の味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事