パプアニューギニア カーペンター・エステートとウォルター・ランドルフ・カーペンター卿

パプアニューギニア カーペンター・エステートとウォルター・ランドルフ・カーペンター卿

スポンサーリンク

カーペンター・エステート

"WRC Estates - Sigri - Carpenter Estates - Papua New Guinea Grown Coffee",WR Carpenter Estates PNG 2020年2月14日.

カーペンター・エステート(Carpenter Estates)は、WR カーペンターズ(WR Carpenters (PNG) )が経営するパプアニューギニア(PNG)(Papua New Guinea)のバルサの木、コーヒー、紅茶、カカオ、ココナッツの農園および輸出業者です。

カーペンター・エステートのコーヒーと紅茶は、西部山岳州(Western Highlands Province)とジワカ州(Jiwaka Province)の標高約1,500m付近で栽培されています。コーヒーのシグリ(Sigri™)は、高品質なコーヒーとして世界的に認められています。また、紅茶のNN1™は、農薬や殺菌剤を一切使用せずに栽培され、地元の市場シェアの90%を占める紅茶の国内ブランドです。

カカオのプランテーションは、東ニューブリテン州(East New Britain Province)の沿岸地帯、グナヌール(Gunanur)に位置しており、カカオのトリニタリオ種(Trinitario)が栽培されています。また、ココナッツのプランテーションは、東ニューブリテン州のラバウル(Rabaul)に位置しています。1952年に設立されました。

スポンサーリンク

ウォルター・ランドルフ・カーペンター卿

ウォルター・ランドルフ・カーペンター卿

1877年10月31日、ウォルター・ランドルフ・カーペンター卿(Sir Walter Randolph Carpenter)は、海峡植民地のシンガポールで、ジョン・ボルトン・カーペンター(John Bolton Carpenter )と彼の英国人妻エマ・フランシス(Emma Frances)(旧姓グリフィン(Griffin))の間に生まれました。ジョンは、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘブン出身の商人、捕鯨船員、船長でした。アメリカ南北戦争の影響で、海峡植民地を拠点とし、英国に帰化していました。1885年に家族でシドニーに移住し、バーンズ・フィリップ商会(Burns, Philp & Co.)の船長となりました。1891年、同社のコスタリカ・パケット号(Costa Rica Packet)を指揮していたとき、オランダ領東インド諸島のテルナートで逮捕され、その後、長い補償闘争に巻き込まれました。

家族を助けるため、ウォルターは14歳でフォレスト・ロッジ・パブリック・スクール(Forest Lodge Public School)を退学し、バーンズ・フィルプのシドニー事務所に入社しました。西オーストラリア州のエスペランスで1年過ごした後、1896年頃に木曜島支社に移りました。1899年12月18日、彼は砂糖栽培農家の娘、エディス・アンダーソン(Edith Anderson)と結婚しました。同年、バーンズ・フィルプを離れ、3隻のラガー船を購入し、家族で真珠貝採取事業を立ち上げ、1901年にJ. B. カーペンター&サンズ社(J. B. Carpenter & Sons Ltd)として登録、ウォルターは300ポンドの給与で最高経営責任者に就任しました。1905年、彼はトーレスシャイア評議会(Torres Shire Council)の議長に就任しました。弟のウィリアム(William)に仕事を任せ、カーペンターは1908年末に木曜島を離れ、バーンズ・フィルプに再入社しました。シドニーで1年過ごした後、彼はフィジーに行き、最近バーンズ・フィルプに買収されたロビー・カアド株式会社(Robbie, Kaad Co.Ltd.)の経営に携わりました。

1914年、カーペンターはシドニーに戻り、9月にW. R. カーペンター株式会社(W. R. Carpenter & Co. Ltd.)を設立しました。最初の株主となったのは、P. A. モリス(P. A. Morris)とメイナード・ヘドストロム(Maynard Hedstrom)(後にフィジーでモリス・ヘドストロム社(Morris Hedstrom Ltd.)を設立)でした。第一次世界大戦が始まると、カーペンターは軍需品や食料としてのコプラの重要性を認識し、手に入るものならどこでも買い入れ、信用を集め、古い帆船など「浮くものならほとんど何でも」チャーターしてイギリスに運びました。彼は大きなリスクを冒しながらも莫大な利益を上げたことにより、オーストラリア政府がドイツの資産を収用した後、ニューギニアに進出するのに最適な立場にありました。カーペンターは、彼の有能な経営陣の下で、コプラ価格の下落で多額の負債を抱えたオーストラリアの元軍人の農園に融資し、後にそれを引き継ぎ、ニューギニアとソロモン諸島で大規模な倉庫業、貿易業、不動産所有者となり、1922年にはW. R. カーペンター社(W. R. Carpenter & Co.)(ソロモン諸島)株式会社を設立しています。W. R. C.は「救世主を略奪するだろう(Would Rob Christ)」の略と言われ、カーペンターは事業を行うための長期的な信用を必要とする人々から感謝されましたが、その成功は一部のプランターや小商人からは疎まれました。

カーペンターは、ニューギニアの豊かなモロベ金鉱(Morobe Goldfield)の開発を利用し、ワウ(Wau)とブロロ(Bulolo)にホテルを取得し、各所に発電所と冷凍庫を設置し、島間汽船の小さな船団を運営し、ラバウル(Rabaul)に滑走路を建設して設備を整え、ココナッツ乾燥所を運営しました。1933年にはデ・ハビランド社(De Haviland)のフォックス・モス(Fox Moths)2機でサラマウア(Salamaua)とワウ(Wau)を結ぶ初の航空サービスを開始し、翌年にはオーストラリア、西太平洋、ヨーロッパの港を結ぶ直行便を就航させ、ほとんどの船舶はオーストラリアで建造されました。1924年から1934年にかけて、同社は8%の配当を欠かさず、ギルバートおよびエリス諸島 (Gilbert and Ellice Islands)にも貿易業を拡大しました。1935年、カーペンターは、南太平洋保険株式会社(Southern Pacific Insurance Co. Ltd.)を設立しました。翌年には、フィジーのスバ(Suva)にあるジョブソン・ブラウン&ヨースケ社(Jobson Brown & Joske Ltd.)の株式を取得し、ラバウル-オーストラリア間の政府補助路線への入札に成功し、航空会社を拡大することになりました。

カーペンターは、貿易難の解決策として通貨切り下げを強く提唱していました。また、1930年代に入ると、連邦政府の国防、海運、造船業に対する消極的な姿勢を批判し、強力な海軍の育成の必要性を強く訴えました。「シンガポール基地を防衛の防波堤として、巡洋艦に集中すべきだ」、1938年には義務教育での軍事訓練も提唱しています。最悪の事態を恐れた彼は、次第に資本の大半をオーストラリアから移転させていきました。

カーペンターはかなりの慈善家であり、貧困児童養護施設(Home for Destitute Children)をポンド単位で助成し、1935年にはウォルストンクラフトの家(1万5000ポンド相当)と英連邦政府のジュビリー産科病院用に現金5000ポンドを寄付しています。1936年には、ナイトの称号を与えられました。

第二次世界大戦が勃発すると、カーペンターの船や飛行機はイギリスやオーストラリア政府によって徴用されました。しかし、1940年彼はアメリカを訪れ、「ヨーロッパの支配を受けずに太平洋で活動できる条件」で貨物船2隻を購入することに成功しました。そして、カナダに新会社を設立し、バンクーバー近郊にコプラ粉砕所を建設し、健全な北米市場を見出しました。日本の参戦により、ニューギニアやソロモン、ギルバート、エリス諸島の建物や農園は破壊されましたが、戦時中のフィジーの繁栄で財を成し、後に戦災補償を受けました。戦後間もなく、彼はオーストラリアとカナダの航路のために2隻の英国船を購入しました。1941年11月、彼はバンクーバーに永住し、1948年5月には妻とともにカナダ国籍を取得しました。

シドニーでは、ナショナル・クラブ、ミリオンズ・クラブ、タッタソール・クラブ、オーストラリア王立自動車クラブに所属し、テニスやビリヤード、「下手なゴルフ」を楽しみながらも、「仕事に没頭」していたそうです。ハゲで眼鏡をかけ、長身で力強い体格の彼は、「陽気な習慣と気さくな性格」で「自分自身を笑う立派な習慣」を持っていました。経営者としても優秀で、先見の明があり、進取の気性に富み、従業員には親切だが、競争相手には手厳しい。初期の取引で高いリスクを克服した彼は、後に販売状況の変動に対処するために莫大な内部留保を築き上げました。

数度の心臓発作の後、1954年2月1日、シドニー訪問中のキララで(Killara)死去、英国国教会の儀式で荼毘に付されました。

妻、2人の息子、3人の娘に先立たれ、息子たちが後を継いでW. R. カーペンター社の社長に就任しました。1956年には、モリス・ヘドストロム社の株式を取得しました。彼の遺産は検認の結果、ニューサウスウェールズ州で50,387ポンド、カナダで923,481ドルと評価されました。

W. R. カーペンター社は、バーンズ・フィルプ社、コロニアル砂糖精製社(Colonial Sugar Refining Co.)とともに、オーストラリアが南西太平洋に関与していることを最も具体的に示す存在でした。この地域に対するオーストラリアの評判は、彼らがうまくやったか、あるいは無神経に島や島民を搾取してきたか、その程度によって、大きく左右されました。

スポンサーリンク

カーペンター・エステートの6つのコーヒー・エステート

カーペンター・エステートは、シグリ(Sigri)、ブヌン・ウー(Bunum-Wo)、キンデン(Kindeng)、クジップ(Kudjip)、キガバー(Kigabah)、アヴィアンプ(Aviamp)の6つのコーヒー・エステートを持っています。

シグリ

シグリ 出典:WR Carpenters (PNG) 

シグリ(Sigri)は、パプアニューギニア(Papua New Guinea)ジワカ州(Jiwaka Province)ワギ・バレー(Wahgi Valley)に位置する農園です。125ヘクタールの広大な農園で、ワギ・バレーと呼ばれる四方を高い山に囲まれた標高1,500mの高地に位置しています。

シグリは、1951年にコーヒー・プランターでクロコダイル・ハンターのトム・コール(Tom Cole)によって設立された歴史のある農園です。シグリは、パプアニューギニアでコーヒーを専門的に栽培を始めた最初の農園の1つで、ニューギニア国内において最も品質の優れたアラビカ種コーヒーを生産する農園として評判を維持してきました。

収穫

収穫時期は4月から9月です。

品種

栽培品種は、ティピカ(Typica)、アルーシャ(Arusha)、カリビアン・ブルー(Caribbean Blue)が84% 、カチモール(Catimor)が8%、マラゴジッペ(Maragogype)が8%です。

シグリでは、2014年にビッグ・レッド・マラゴジッペ(Big Red/Maragogype)が発見されました。この巨大品種の栽培のために、3ヘクタールが追加される予定です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。乾燥方法は天日乾燥です。

シグリでは、完熟実が手摘みされ、収穫されたコーヒーチェリーは、その日のうちにパルパーという機械で果皮と果肉を取り除かれて種子の状態になります。WR カーペンターズ所有の精製所で、通常より1日多い4日間の水洗発酵工程を経て、10日間から14日間かけてテーブルで天日乾燥されます。完成した豆は、2度にわたって人の手で選別されます。

滑らかでバランスのとれたミディアムボディの複雑なフレーバー、トロピカルフルーツ、チョコレート、スパイシーなノート、レモンのような優れた酸味が特徴です。

ブヌン・ウー

ブヌン・ウー 出典:WR Carpenters (PNG) 

ブヌン・ウー(Bunum-Wo)は、パプアニューギニア(Papua New Guinea)ジワカ州(Jiwaka Province)州ワギ・バレー(Wahgi Valley)バンズ・タウン(Banz Town)近郊に位置する農園です。かつては茶園でしたが、ここ5年間の間に完全にコーヒーに転作されました。

面積457ヘクタールで、ビッグ・レッド・マラゴジッペの栽培のために15ヘクタールが追加される予定です。

収穫

収穫時期は4月から9月です。

品種

栽培品種はティピカ(Typica)、アルーシャ(Arusha)、カリビアン・ブルー(Caribbean Blue)、ムンド・ノーボ(Mundo Novo)、ブルボン(Bourbon)が60% 、カチモール(Catimor)が39%、マラゴジッペ(Maragogype)が1%です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。近くのブヌン・ウー川の水が使用されます。

滑らかでバランスの取れたミディアムボディの複雑なフレーバー、トロピカルフルーツ、チョコレート、明るいオレンジの酸味が特徴です。

キンデン

キンデン出典:WR Carpenters (PNG) 

キンデン(Kindeng)は、パプアニューギニア(Papua New Guinea)ジワカ州(Jiwaka Province)州ワギ・バレー(Wahgi Valley)に位置する農園です。面積は351ヘクタールで、ビッグ・レッド・マラゴジぺの栽培のために90ヘクタール追加予定です。

収穫

収穫時期は4月から9月です。

品種

栽培品種は、ティピカ(Typica)、アルーシャ(Arusha)、ブルボン(Bourbon)が90% 、カチモール(Catimor)が9%、マラゴジッペ(Maragogype)が1%です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

滑らかでバランスが取れたボディ、シロップのようなフレーバー、ジューシーな酸味が特徴です。

キガバー

キガバー 出典:WR Carpenters (PNG) 

キガバー(Kigabah)は、パプアニューギニア(Papua New Guinea)ジワカ州(Jiwaka Province)州ワギ・バレー(Wahgi Valley)に位置する農園です。面積は104ヘクタールです。

収穫

収穫時期は4月から9月です。

品種

栽培品種はティピカ(Typica)が50%、カチモール(Catimor)が50%です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

滑らかで、ミディアムボディ、優れたフレーバーとレモンのような酸味が特徴です。

アヴィアンプ

"Aviamp Tea - No. 1 Tea Producers - Papua New Guinea",WR Carpenter Estates PNG 2020年2月15日.

アヴィアンプ(Aviamp)は、パプアニューギニアの代表的な茶園です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事