帰山人の珈琲遊戯:ブラジル グアリロバ農園 トパージオ

帰山人の珈琲遊戯のブラジル グアリロバ農園 トパージオです。帰山人の珈琲遊戯は、2017年に始まった鳥目散 帰山人氏による焙煎豆販売です。

ブラジル

ブラジルの主なコーヒー生産地域、Ally Coffeeより

ブラジル(Brazil)は南米の東部に位置する60億本のコーヒーの木が栽培されている世界最大のコーヒー産地です。人口は約2億930万人で、日系人は約160万人です。

ブラジルは北部のノルチ(Norte)、北東部のノルデスチ(Nordeste)、中西部のセントロ・オエスチ(Centro-Oeste)、南東部のスデスチ(Sudeste)、南部のスウ(Sul)5つの地域に別れ、それらの地域はさらに26のエスタードと呼ばれる州(Estado)と1つの連邦直轄区(首都ブラジリア)から構成されています。グアリロバ農園があるミナスジェライス州(Minas Gerais)は、南東部のスデスチに位置しています。

ブラジルのコーヒー栽培は、ロマンスから始まったという話があります。1727年に領土紛争の解決のためにフランス領ギアナに派遣されたフランシスコ・デ・メリョ・パリェタ(Francisco de Mello Palheta)が、フランス領事夫人の恋仲になり、彼女はパリェタの帰国時に渡した花束の中に、コーヒーの若木をこっそりと忍ばせていたという話です。

ブラジルは19世紀半ば頃に世界最大のコーヒー生産国になりました。現在でもブラジルのコーヒー生産量は世界全体の生産量の約30%を占めるため、コーヒーの国際相場はブラジルの生産量に左右されます。

ブラジルのコーヒー生産の大部分は、ブラジルの南部パラナ州(Paraná)と南東部のサンパウロ州(São Paulo)とミナスジェライス州(Minas Gerais)で行われます。そのうち、ミナスジェライス州は全体の約50%を生産する最大のコーヒー生産地域です。

ミナスジェライス州

ブラジルの生態系、Wikipediaより

ミナスジェライス州はブラジルでも最大のコーヒー生産量を誇る州です。コーヒー生産は、主にセラード(Cerrado)と呼ばれる高原地帯で行われます。

主なコーヒー生産地域として、スウ・デ・ミナス(Sul de Minas)、セラード・ミネイロ(Cerrrado Mineiro)、シャパダ・デ・ミナス(Chapada de Minas)、マタス・デ・ミナス(Matas de Minas)が挙げられます。

ブラジルの生態系は、熱帯雨林のアマゾニア(Amazonia)、サバンナ地帯のセラード(Cerrado)、熱帯性湿地のパンタナル(Pantanal)、乾燥地帯のカーチンガ(Caatinga)、大西洋岸森林のアトランティック・レインフォレスト(Mata Atlantica)、草原地帯のパンパ(Pampa)に分かれています。

元々ブラジルでは、農耕のしやすいアトランティック・レインフォレストを居住地域としていました、ポルトガル領ブラジルの最初の首都であるサルヴァドーレ(Salvador)のあるバイーア州(Bahia)もここに位置しています。

アトランティック・レインフォレストの内陸部に位置するセラードは、高原地帯のサバンナで、乾季が長く、日射の強い厳しい環境のため、農業が困難な地域でした。

セラード(ポルトガル語で「未開の大地」の意味)の開発が始まるのは1960年、ブラジリア(Brasília)への首都遷都からです。

ブラジル政府の一大国家プロジェクトであったセラードの開発には、資金・技術提供において、日本も深く関わっています。

この開発事業は、大豆生産が主たる目的でした。1973年のニクソンの大豆禁輸ショックをきっかけとして、大豆生産を目的とした南米の農地開発が行われ、約20年程度で南米は世界最大の大豆生産地域となりました。

現在セラードは、世界でも有数の一大農業生産地域として知られるようになりました。

サンコーヒー

サンコーヒー、SanCoffeeより

サンコーヒー(SanCoffee)は、1999年にグアリロバ農園のフェルナンド・パイヴァ(Fernando Paiva)氏によって設立された協同組合です。サンコーヒーの現社長は、エンリケ・カンブライア(Henrique Cambraia)氏です。

この協同組合にはスペシャルティコーヒー生産に焦点を当てた20の生産者が所属しており、103の小規模生産者が「ビヨンド・アワー・ボーダーズ(Beyond our Borders)」というプログラムに参加しています。サンコーヒーは、年間18万袋(1袋60kg)のコーヒーを生産しています。

サンコーヒーは、生産国のコーヒー生産者と消費国のコーヒー輸入業者を直接結びつけるサプライチェーンを構築しています。長期にわたる顧客に、日本の丸山珈琲があります。

長期にわたる顧客、SanCoffeより

サンコーヒーは高品質なコーヒー生産に焦点を当てて活動しており、研究機関や大学と協力して、品質と一貫性の継続的な改善に向けていくつかのプロジェクトに取り組んでいます。

「品質の発掘と学習プロジェクト(Quality Mining and Learning Project)」では、農園の環境にふさわしい品種の選択とその農園で生産された最高品質のロットの選別、スペシャルティコーヒーの生産の動機付けと、その生産方法の指導を行っています。

受賞歴

サンコーヒーは、2000年からカップオブエクセレンスに参加しています。

グアリロバ農園(Fazenda Guariroba)は、2016年のブラジル カップ・オブ・エクセレンスのウィニング・ファームとなった、サンコーヒーを代表する農園です。

グアリロバ農園は、2016年のブラジル・ナチュラルズ(Brazil Naturals)でイエロー・カツカイ(Yellow Catucaí)が90.50点を獲得し第1位に輝きました。また、2018年のブラジル・パルプト・ナチュラルズ(Brazil Pulped Naturals)でイエロー・カツアイが89.53点を獲得し第8位に入賞しました。

グアリロバ農園

グアリロバ農園、Mirai Seedsより

グアリロバ農園(Fazenda Guariroba)は、ミナスジェライス州南部サント・アントーニオ・ド・アンパーロ (Santo Antônio do Amparo)に位置する農園です。

標高約1,100m、農園面積は202ヘクタールで、コーヒーの栽培面積は92ヘクタールです。

農園の歴史は、19世紀にジョアン・フェレイラ・カルネイロ(João Ferreira Carneiro)氏が、現在農園のあるサント・アントーニオ・ド・アンパーロで農作物の栽培を始めたことに遡ります。

コーヒーの生産は、1940年代にフェルナンド・パイヴァ(Fernando Paiva)によって始められました。彼はサンコーヒーの創業者であり、ブラジルスペシャルティコーヒー協会(Brazil Specialty Coffee Association(BSCA))の創設者の一人です。

現在の農園主はホメーロ・アギーア・パイヴァ(Homero Aguiar Paiva)氏で、彼で第5世代目です。彼は彼の叔父であるフェルナンド氏からカショエイラ農園(Fazenda Cachoeira)の一部を取得し、コーヒー生産を始めました。

ホメーロ氏は彼の兄弟で農学者のレナト・パイヴァ(Renato Paiva)氏の指導のもと、農園の土地に最適なコーヒーの品種を選択し、栽培しています。今日、ガブリエル・ラモニエール・ヴィエイラ(Gabriel Lamounier Vieira)氏とその妻エリサ・パイヴァ・ラモニエール(Elisa Paiva Lamounier)女史、妹のマリーリア・アギーア・パイヴァ(Marília Aguiar Paiva)女史が農園の管理をしています。

グアリロバとは?

Fazenda Guariroba(グアリロバ農園)は、ブラジルの

ミナスジェライス州南部の町サント・アントニオ・ド・アンパロ

で威を張るSancoffee(サンコーヒー)傘下にある銘農園。

ブラジルのCoE(カップ・オブ・エクセレンス)では、

2016年にナチュラル部門の第1位を、

2018年にパルプトナチュラル部門の第8位を

獲得したウィニングファームとして名を馳せている。

フレーバー通販ページより

品種

品種はトパージオ(Topázio)です。

トパージオは、ブラジルのカンピナス農業研究所(Agronomic Institute of Campinas (IAC))で選抜された品種です。この品種は、ミナスジェライス州の気候に特に適しています。

トパージオとは?

栽培品種Topázio(トパージオ)MG1190の元は、

1974年にIAC(カンピナス農業研究所)で取得された

ムンドノーボとイエローカトゥアイの交配種である。

1978年以降はミナスジェライス州の州立研究機関

EPAMIGでカトゥアイ種との再交配と選抜育種で

強化が続けられ、チェリーが濃い黄色に熟した

MG1190には、宝石のトパーズ(黄玉石)に由来する

Topázio(トパージオ)という名が与えられた。

フレーバー通販ページより

農園ではトパージオの他に、ブルボン・アマレロ(Bourbon Amarelo)、カツアイ(Catuaí)カツカイ・アマレロ(Catucaí Amarelo)が栽培されています。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural、乾式)です。

サンコーヒーでは、ラド・ア・ラド(Lado a Lado)とジレート・ダ・ロカ(Directo da Roça)という2つのナチュラル精製方法が採用されています。

Natural process:

Lado a Lado: hand picked cherries, slowly dried in the patios in a single bean layer – Dr. Flávio Borém process

Directo da Roça: ripe cherries straight from the plantation to the patio – no water contact: like the great old times in Brazil

ナチュラル精製、SanCoffeeより

O café Topázio resulta em uma bebida suave, complexa e de finalização agradável. Seu aroma apresenta notas cítricas e complexas.

トパージオの味の特徴、Fazenda Guarirobaより

グアリロバ農園のトパージオは、スムースで複雑な味、心地よい後味、シトラスと複雑なノートのアロマを特徴としています。

帰山人の珈琲遊戯のブラジル グアリロバ農園 トパージオ

帰山人氏による商品の紹介、「週刊フレーバー・ペーパーをお湯につけると・・・」 flavorcoffeeフレーバー放送局 2020年4月8日.

【生豆と焙煎の仕立て】

ブラジル連邦共和国 スル・デ・ミナス地区
 グアリロバ農園
 トパージオ ナチュラル(乾式精製)  100%

ブラジル産コーヒー輸入会社MIRAI SEEDSの取扱う
グアリロバ農園の生豆から、今般は強過ぎず程よい
乾式精製の発酵臭があるロット(SBT2693)の
トパージオを選びました。
直火の手廻し釜で火力一定の「一本焼き」にして、
18分30秒の焙煎で、中深煎りに仕立てています。
MIRAI SEEDSはカッピングプロファイルを、赤ワイン・
オレンジピール・レモン・キャラメル・ハチミツと並べて
います。確かにナッティというよりはキャラメルっぽい
香味がありますが、ワインや柑橘系のフレイヴァーは
(あるにはあるけれども)さほど強烈ではありません。
但し、ブラジルらしからぬ奥行きのあるコクには
想いの外に好感です。これに甘さが乗っています。
ブラジルの銘園グアリロバからの薫る黄玉(トパーズ)、
珈琲遊戯で初登場の香味を、どうぞご笑味ください。

フレーバー通販ページより

赤ワインのようなこってりとしたコクのある味わいが印象的です。オレンジのようなフレーバーとキャラメルのような甘味があり、ブラジル特有のナッツっぽさが感じられますがそれほど強くはありません。

<参考>

「グアリロバ農園」,Mirai Seeds<https://www.miraiseeds.com/>

SanCoffee<http://www.sancoffee.com/#cover>

Fazenda Guariroba<http://fazendaguariroba.com/>

「Opening the black box for a sustainable coffee future」,algrano<https://blog.algrano.com/post/170300622374/opening-the-black-box-for-a-sustainable-coffee>




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事