加藤珈琲店:世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルー

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルーです。

加藤珈琲店は、愛知県名古屋市に本社を置く大手コーヒー店です。

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルー

スポンサーリンク

ED&F マン ボルカフェ ペルー

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルーは、標高1,200mから1,900mのペルーのコーヒー農家が栽培したコーヒーを、ED&F マン(ED&F Man)ボルカフェ(Volcafe)のペルーの精製所で精製されたロットです。

ペルーのコーヒーの約75%は、標高1,200m以上で栽培されています。ペルーでは、約15万人の生産者が年間平均400万袋のコーヒーを生産しており、そのほぼすべてがアラビカ種のウォッシュト精製です。

ボルカフェ・ウェイ・ペルー(Volcafe Way Peru)は、2014年に立ち上げられ、カハマルカ(Cajamarca)、サン・マルティン(San Martin)、フニン(Junin)、パスコ(Pasco)の4つの主要なコーヒー地域から、2,500人以上の生産者が参加しています。

ボルカフェ・スペシャルティコーヒー(VSC)(Volcafe Specialty Coffee)のペルー支社では、約125人の従業員が本社、現場、6つの倉庫と2つの精製所で働いています。

品種

品種はカツーラ(Caturra)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ペルーは、伝統的にシェードツリーの日陰でアラビカ種を栽培し、ウォッシュトで精製されたコーヒーを生産しています。

スポンサーリンク

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルー

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルー

ペルーは南アメリカ大陸西部に位置し、国土を南北にアンデス山脈が走っています。インカ帝国の古都マチュピチュを有する山岳国であり、アンデス山脈の東側、標高1500mほどのシエラ地帯と呼ばれるエリアでコーヒー栽培が盛んに行われており、主な産地にサンマルティン、カハマルカなどがあります。ペルー全体で約22万世帯の小規模コーヒー農家があるといわれ、険しい斜面で手作業による栽培収穫が行われています。 フルーティーで甘いフレーバー、しっかりしたコクとさわやか酸味、選りすぐりのコーヒーにし仕上がっています。
香り:★★★★
コク:★★☆☆
甘味:★★★☆
苦味:★☆☆☆
酸味:★★☆☆
焙煎:中煎り(シティ)

加藤珈琲店

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー

Qアラビカ証明書

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルーは、Qグレードのスペシャルティコーヒーです。

Qコーヒーは、アメリカスペシャルティコーヒー協会SCAAの基準で、味覚評価80点以上の高品質のコーヒーです。
CQIが認定した3人のQグレーダーによって厳しく品質の味がチェックされています。
そして、合格した珈琲豆がコーヒー生産国から、日本へ輸出されます。
消費者の皆様はQグレードのコーヒーは、第三者による認証を受けていることから信頼と安心、間違いない風味のよいコーヒーを得ることができます。

加藤珈琲店

Qグレードのコーヒーとは、カッピングの資格を持つQグレーダーが、甘さ、酸味、質感、風味、後味、バランスなどの各カッピング項目に基づき、コーヒー豆を複合的に評価し、合計で80点以上で評価した豆のことです。

世界の珈琲鑑定士が認めた高品質コーヒーの称号です。

Qグレード(Q-Grade)とは高い品質をもつコーヒーに与えられる称号で、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットにQの称号が与えられます。SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の関連団体であるCQI(Coffee Quality Institute)の認証です。世界規格認定のスペシャルティコーヒーなのです。

加藤珈琲店

Qグレーダーとは、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)(Specialty Coffee Association of America)(現スペシャルティコーヒー協会(SCA))が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができると、コーヒー品質協会(CQI)(Coffee Quality Institute)、場合によってはアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)とコーヒー品質協会(CQI)の両方が認定した技能者のことです。

日本においても、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)(Specialty Coffee Association of Japan)が試験を行っており、Qグレーダーの資格を取得することができます。

評価方法は、コーヒー生産者またはその代理者が、コーヒー品質協会の協力機関(ICP)(In-Country Partner)に生豆サンプルを送ります。生豆サンプルを受け取った協力機関が、3人のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を委嘱します。選ばれたQグレーダー3人が、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)方式のコーヒー評価法に基づいて、当該生豆サンプルを評価します。80点以上の評価を受けることができれば、その生豆はQグレードを名乗ることができます。

このロットの協力機関(ICP)は、ジャパン・コーヒー・エクスチェンジ(JCE)(Japan Coffee Exchange)です。

チョコレートのような甘いフレーバー、フルーティーな酸味、ミディアムボディのバランスの取れた味わいが印象的です。バランスの取れた飲みやすいコーヒーです。





スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事