ザンビアのコーヒーの歴史(4):北部州におけるコーヒー栽培が、カテシとンゴリ農園の地元コミュニティと周辺地域に与える社会・経済的影響について

以下、チャリティー・ムバラジ(Charity Mbalazi)「ザンビアのコーヒー栽培の歴史:カサマ地区のカテシ農園とゴリ農園の事例、1967年から2012年まで 」(原題:A history of coffee growing in Zambia: the case of Kateshi and Ngoli estates in Kasama district,1967 to 2012)の第4章の日本語訳である。

ザンビアのコーヒーの歴史(4) 北部州におけるコーヒー栽培が、カテシとンゴリ農園の地元コミュニティと周辺地域に与える社会・経済的影響について

スポンサーリンク

第4章

北部州におけるコーヒー栽培が、カテシとンゴリ農園の地元コミュニティと周辺地域に与える社会・経済的影響について
はじめに

本章では、ザンビア北部州のコーヒー産業が地元コミュニティや農園周辺にもたらした重要な効用について評価する。本章では、コーヒー会社の発展と設立は多くの問題に直面したが、コーヒー生産が国の輸出、収入、農村部の雇用創出に重要な役割を果たしたという点で、地元コミュニティや農園周辺の村々にプラスの影響を与えたと述べている。

本章では、コーヒー産業の発展が、地元の人々や周辺地域の人々の雇用創出に貢献したことを示している。また、労働者の収入が地域の現金経済を活性化させ、それが地域の特産品の取引を活発化させ、さらには地ビールの商業化にもつながったとしている。 

さらにこの章では、上記のような開発により、周辺地域の人々や労働者の妻たちが、特に給料日に地元の商品を会社に売るという、すぐに売れる市場が生まれたことを論じている。

さらに、コーヒー会社の発展により、学校や診療所などの社会施設が整備され、会社の労働者だけでなく、近隣や周辺地域にも恩恵を与えたことを論じている。最後に、コーヒー会社が地元コミュニティや周辺地域に与えたマイナスの影響を見て、コーヒー会社の影響を評価している。

この章は2つのセクションに分かれている。最初のセクションでは、コーヒー会社の設立によって雇用が創出され、その結果、地元や周辺の村でお金の流通が活発になり、地ビールの商業化が進んだことを紹介する。2つ目では、コーヒー会社によって始められた社会的な便宜について述べ、最後のセクションでは、コーヒー会社の設立によって生じたいくつかの否定的な効果について述べる。

カテシとゴリでのコーヒー栽培と雇用創出

コーヒー会社は北部州最大の雇用主であり、コーヒーは労働集約型であるため、地域経済における主要な雇用主として機能している。カサマにコーヒー会社が設立されたことで、地元の人々の雇用が創出され、雇用機会の提供により地域の資金循環が促進された。農園周辺の様々な村から人々が雇われた。例えば、1967年、農村開発省のプロジェクト部門は、コーヒー農園の建設予定地で地元の人々を雇い、開墾作業を始めた。その土地は、主にBrachystegia-isoberlinia(現地語ではミオンボ(Miombo))の森林で、中程度に多くの潅木が生い茂っていた。開発当初は80人の労働者が働いており、カテシでは35.62ヘクタールの土地を地元の労働者のみで開墾した。これは、お金になる事業がなかった農村部では、良い展開だった。整地に使われた重機が常に故障していたため、地元の雇用機会が増えた。そのため、農村開発省は進歩を遅らせないために、地元の人々を雇用して仕事をさせるようにしたのである。そのためには、必要な時に必要なだけの人手を確保しなければならない。木を伐採したり、重く茂った潅木を取り除くために男性が雇われた。この人たちは、地元や周辺の村の人たちである。会社が設立されたばかりの頃は、水路の掘削、道路建設、事務所、住宅、ビル建設など、人手に頼らざるを得ない仕事も多く、雇用の場が少なかったこの地域で、地元の人々の雇用を生み出していた。

1年目のコーヒー農園では、土地の準備、コーヒーの苗を植えるための穴掘り、雑草の成長を抑えるために多くの労働力を必要とした。農園のマネージャーによると、このような作業には1日1ヘクタールあたり最低でも60~70人が必要だという。このような作業には、地元の人々や周辺の村の人々が参加し、収入を得ていたのである。

この地域では他の収入源がなかったため、周辺の村や農園周辺の人々は、コーヒー農園から主な収入を得ていたと言える。下の写真は、同社が地元の人々に雇用を創出するために行っている様々な方法の1つである。

写真 6:カテシの苗床からグリーンハウスにコーヒーの苗を運ぶ女性たち

2年目は、主に年2回の施肥と定期的な除草を行なった。除草は、雨季になると大勢の人手が必要になる。このことは、確実に除草の仕事に従事する地元の人々の雇用を増やした。コーヒーの苗が十分に育った後は、少ない人数で化学薬品を使って雑草を防げるようになった。さらに、キャノピーが頭上を覆うようになると、雑草も覆い隠されるようになった。そのため、管理にかかる労力はさらに少なくて済む。

コーヒーの実がなると、機械で収穫することはできないため、手作業で収穫するしかない。つまり、コーヒーの収穫時期には、労働力を確保しなければならない。そのため、1年のうち4〜6ヶ月間(5月〜9月)の摘み取り期間中は、労働力の需要が比較的高くなる。そのため、この活動は雇用創出の可能性が最も高い。例えば、2004年の収穫のピーク時には、カテシ・コーヒー・エステートが7,000人、イサンヤが約1,400人、ンゴリが約2,000人の非正規労働者を雇用していた。

現在の収穫量が少ないにもかかわらず、この産業では1年のうち5ヶ月間、約3,000人のコーヒー・ピッカーと約70人の常用労働者を雇用している。これらの数字は、コーヒー産業が6,500トンの生豆を生産した2004年に起きたように、大きく成長する可能性がある。雇用者数は季節労働者が10,000人以上、常用労働者が300人以上だった。生産量の増加は、国内の高い失業率の緩和にも貢献した。

また、南部州のムナリ・コーヒー・エステートでは、年間を通じて約1,700人の労働者を雇用しているが、植樹のピーク時には2,000人を超える労働力が必要とされることも指摘されている。女性が多いコーヒー・ピッカーの収入は、1キログラムあたり約1.20クワチャ(2~3アメリカセント)で、平均的な労働者は1日に80~90キログラムのコーヒー豆を収穫することができる。中には1日に300キログラムを超える人もいる。カテシでは最も速い労働者でも8時間で80キログラム、平均的な労働者でも30キログラムから45キログラムのコーヒー豆を収穫し、2005年には1キログラムあたり500クワチャ(現在の50n)が支払われた。この地域には、代替雇用がないため、労働者が一人当たりの標準的な賃金で仕事を見つけることはそれほど容易ではなかった。カテシでは、コーヒーの摘み取りは女性が中心で、女性と男性の割合はそれぞれ55%と45%である。女性は男性に比べて優しくて素早いと考えられていたため、収穫などの作業に好まれ、さらに男性に比べて高い賃金を要求しなかったため、会社にとっても有利に働いた。会社の業績が良かった時期には、収穫期に平均してカテシで2,500人、イサンヤで2,000人、ンゴリで1,000人の女性コーヒー・ピッカーがいた。ただし、これは5月から9月までの平均値である。

コーヒー会社は、農村地域の労働力の最大の雇用主となった。例えば1981年、カテシ・エステートには50人の常用労働者と361人の臨時労働者がいたが、コーヒー用の全農地が開発された暁には3,500人の労働者が見込まれていた。1989年には、ZCCLは627人の従業員を抱えていたが、収穫時には1,500人の非正規労働者に増えていた。

表9:1989年から1993年までの労働力の程度

述べられた期間に同社が常用労働者として雇用した人数を見ると、それは地域経済の良い発展であり、地方の繁栄に大きく貢献していた。しかし、同社が直面し始めた経営上および経済上の制約により、その数は減少し始めた。

KCCは、2004 年のピーク時には10,000人の労働者を雇用しており、北部州最大の雇用主であった。NCCLは500人の労働者を雇用していたが、コーヒーの生産が本格的に再開されれば1,000人に増加すると予想されていた。「NCCLは、ピーク期には10,000人以上の地元の人々を雇用するだろう」と述べ、「復活したこの会社は、州だけでなく国全体の最大の経済活性化の一つである」と、当時の北部州政務官ムワリム・シムフクウェ(Mwalimu Simfukwe)氏がザンビアのタイムズ紙に語っている。2012年にオラム・インターナショナル社がNCCLを買収すると、農園周辺で1,000人以上の雇用が創出され、農園周辺の繁栄に拍車がかかった。これは、他にお金になるベンチャー企業がない地域での快挙だった。都市部での雇用を求め、村を離れていく人たちの多くが、コーヒー会社に雇用を求め、都市部での賃金労働を求めないようにしていた。

コーヒー会社は、地元の人々に雇用を提供しただけでなく、この地域で唯一の大きな商業事業でもあった。労働者として働くことは、市場での交渉や問題に左右されることなく、お金を手にすることができるという点でプラスに働くと考えられていた。何人かの人は、仕事を必要としており、労働者は自分の子供の教育や小規模農業に投資し、食生活を維持することができたため、農園での雇用に満足していた。例えば、ヴィンセント・チャルウェというンゴリ・エステートの労働者は、1987年に長男を医学を学ぶために大学に通わせることができたが、これは会社からの収入があったからこそ可能だったのである。しかし、特に満足度が高かったのは、両親と収入を分け合いながらも、自分の貯金のために分け前を確保していた若者たちだった。若者の中には、農園で働くことを楽しいと感じ、友人と一緒に働く仲間意識を大切にする人もいた。

他の人たちは、農園で働いて得た収入を話してくれたが、多くの場合、どんなに小さな収入でも地元の人々はそれに頼っていた。「使えるお金をくれるからね。仕事があるときは、他の場所で仕事を探す必要はなく、歩いて仕事に行けるし、村からも非常に近い」とある村人は言った。別の村人は「よく雇ってもらえるのはいいことだ。あまり雇ってもらえないと生活が成り立たないからね」と指摘した。1990年代後半から、現地の労働者たちは稼いだお金を農業に投資し、自転車や家の屋根を葺くための鉄板などの資本財を調達するための十分な資金を確保する傾向にあった。それゆえ、コーヒー会社から得た収入によって、労働者は家計と地元コミュニティの状況を改善する手段を手に入れたと言えるかもしれない。常用労働者や季節労働者に支払われる賃金は、地域経済の重要な構成要素であり、信頼できる年間収入であるため、地元の自給自足の生産者は自分の農園に投資して生産性を高めることができた。これにより、生態系を破壊する焼き畑農業を減らすことができる。

調査対象地域におけるプランテーションの設立がもたらしたもう一つのポジティブな影響は、コーヒー生産が外国為替収入に大きく貢献したことである。輸出の多様化は、ザンビアの経済多様化政策の中心となってきた。そのため、コーヒーの生産は、コーヒーの輸出によって外貨を獲得する機会を提供していた。例えば、1981年のコーヒーの価格は1トンあたり2,500クワチャで、当時の銅の価格よりも高かった。

表10:コーヒー生産と市場統計

1988/89年、ZCCLは173トンのコーヒーを輸出したが、1989/90年には 680トン、1990/91年には590トンを輸出し、その価格は1トンあたり 1,850米ドルと推定されている。2004年までに、国内のコーヒーの輸出量は6,500トンに増加した。生産量の増加は、ザンビアの外貨獲得にも貢献した。2008年のピーク時には、ザンビアは740万米ドルの生豆を輸出し、そのほとんどが南アフリカ、ドイツ、イギリスに輸出された。

しかし、大規模農園であるカテシ農園とンゴリ農園が閉鎖され、多くの農村住民が季節雇用や常用雇用から解雇されたため、コーヒーの輸出量は2004年の6,500トンから2009年には2,000トン以下に大幅に減少した。カテシ農園の平均収穫量は、1ヘクタールあたり3トンの良質な水洗式アラビカ種で、平均コストは1ヘクタールあたり1,400米ドルだった。

ZCCLはザンビアのコーヒーを唯一輸出する企業となり、外貨獲得と輸入代替のための輸出という国家目標を達成した。年間の総外貨獲得額は110万ドルに達し、これは同社の総売上高の8%に相当する。

内陸国であるザンビアは、コーヒーの輸出を近隣諸国の港に頼っている。ザンビアのコーヒー輸出先は、ヨーロッパ(94%)、アメリカ合衆国(1%)で、残りの5%は南アフリカ、オーストラリア、日本である。コーヒーの輸出により、ザンビアは長年にわたって外貨を獲得しており、それが国の収入増加にも一定の貢献をしている。

このように、コーヒーは輸出の多様化の可能性を秘めている。コーヒーは、輸出作物であることや、コーヒーを扱う労働者が受けるトレーニングによって、小規模農家の属性を高めることができる。これらの特性は、彼らの農業ビジネスを持続的に管理するための価値を浸透させるものである。コーヒー部門の成長の可能性は、世界的に競争力のあるアラビカ種のコーヒーを生産していることや、ザンビアコーヒー生産者協会(ZCGA)のように、ザンビアのコーヒー生産とマーケティングの発展を促進、規制、調整する制度が存在することにある。

地域製品の取引と商品化

会社が提供した雇用により、カテシ、ンゴリなどの周辺地域のキャッシュフローが増加した。それに伴い、地元の特産品や異国の品々の取引も盛んになった。というのも、会社が設立される前は、農園が設立された地域には市場や商店がなかったからだ。この地域の人々にとって最も近い市場や商店は、26kmと56km離れたカサマ・タウンシップにあった。1985年に農園が設立されると、状況は一変した。

1987年、カテシ・コーヒー・エステートに最初の店がオープンし、塩、砂糖、食用油、石鹸、お菓子、ビスケットなどの生活必需品や高級品が置かれた。カテシやその周辺の地域の人々は、塩のような小さなものでも、長い距離を歩いてカサマまで行くのではなく、労働者や地域の人々が生活必需品を地域内で調達できるようになったことで、その恩恵を受けた。

店のオープンとは別に、ウツンテンバ(utuntemba)(非常に小さな地元店)も急増した。1990年代前半には、カテシから2人、ンゴリから2人の計4人がウツンテンバを作り、利益を上げていたという。1990年代後半には、さらに多くの地元店ができた。

地元店は労働者に依存していた。会社の給料日もまた、地元店のピーク日だった。会社員はその収入で主要な顧客となり、ほとんどの場合、クレジットで商品を手に入れ、給料が支払われた時に返済することが許されていたが、地元コミュニティも同じトゥンテンバ(tuntemba)から必要な商品を買うことができたので、恩恵を受けていた。コーヒー会社のおかげで、労働者の収入によって地域のお金の流れが良くなったのは明らかである。ある地元店の店主は、4年間で店の商品を売って得た利益で、3LDKの家を建てることができたと話していた。彼はまた、チリラボンブウェ(Chililabombwe)で働いていた姉からもらった150クワチャだけで事業を始めたと話していた。調査の時点で、彼はZANACOに預けていた数百万(現在は数千)を持っていた。この地域での市場振興により、雇用や必需品の購入のために町に移住したり旅行したりする人が減った。同じ地域内で仕事を見つけ、取引品を手に入れることができるため、男性は都市部に行くよりも地元に残るようになった。

月末のピーク時は別として、収穫期の終わりになると、各地から集まった労働者たちは、自分の家に帰る前に大量の商品を買って帰る。衣類、靴、毛布、マットレス、自転車、鍬などが多い。このように、コーヒー会社は、農園の店、特にカサマに様々な商品の市場を作っていたと言える。

また、工業製品の取引だけでなく、農作物や地元の特産品の大規模な消費市場の創出にも貢献した。農園が設立される前、この地域には生産された食用作物の市場がなかった。農家が生産したものは、消費したり、親戚に分けたりするのに十分なものでしかなかった。会社の設立と発展により、サツマイモ、キャッサバ、落花生などの需要が高まり、市場に向けた地元の農業生産が活発化された。当初は売り物にならなかったこれらの農作物が、お金になって売れるようになったのだ。特に、遠くから来た労働者やコーヒー・ピッカーにとっては、地元の農作物に対する需要が大きく高まった。

このような状況を受けて、地元の農家は家族や市場の需要を満たすために農地を拡大するようになった。カビョラ(Kabyola)村のチレシェ・オスカー(Chileshe Oscar)は、1980年代後半に農産物の需要が高まったため、家庭用と市場用の両方に対応するために落花生とキャッサバの栽培面積を増やしたことを思い出した。インタビューされたある人は、自分の生活の前後については曖昧な感情を持っているが、村が開発されたこと、会社が自分たちの村を開発して食料と利益を得るようになったことに満足感を示したとコメントしている。これは、プランテーションが設立されるたびに、それまでの未開発地域を近代化してきたというコートニー(Courtenay)の主張と一致する。会社は作物の生産を促進し、人々が食料を手に入れることができるようにして、彼らの貧困を防ぐことができた。ネルソン(Nelson)は次のようにも指摘している。

プランテーションは、設立されたすべての地域の外観と経済を変
えた。多くの場合、プランテーションは、原始的な未使用の土
地に近代的な経済発展の基礎を築き、それまで砂漠や孤立した
地域を国際貿易の軌道に乗せ、近代世界の経済を形成するいく
つかの歴史的な動きに重要な役割を果たしてきた。

北部州のコーヒー生産地で起きている開発によって市場が形成され、農業が商業化されるという傾向は、鉱山が開設されたカブウェ(Kabwe)でも見られ、モード・ムンテムバ(Maud Muntemba)は、地元の人々が鉱山労働者の食事を補うためにトウモロコシやミルクを売り始めたと述べている。さらに彼女は、もともと本土の人々と取引をしていたルカンガ(Lukanga)の漁師たちが、カブウェの鉱山労働者が作った市場に反応し、後者に魚を売り始めたと述べている。

南ローデシアでも多数の小規模鉱山が開設され、鉱山労働者の食料やビールの需要が高まったが、ショナ人はそれに応えることができ、その結果、彼らの生産物の価格が上昇し、彼らの繁栄につながった。タンザニアでも、プランテーションの周辺に住むアフリカ人が、自分たちの生産物に対する需要を利用して生産量を増やし、プランテーションの労働者に売っていた。このように、プランテーション周辺に住む人々は、自分たちの農業を商業化することで、発展する市場に好意的に対応することができた。

さらに、カテシやンゴリなどの周辺地域の村人や労働者の妻たちも、会社が作った市場を利用して、丸パンや甘いビール(ムンコヨ(Munkoyo))、干物やカペンタの野菜、フリッター(イフィトゥンブワ(ifitumbuwa))などの料理を、特に需要の高い給料日に売り始めた。また、労働者は妻にもお金を与え、彼らは農園の周辺で小さな事業を始めた。市場が導入されたのは、収穫期、特に給料日になると人々がお腹を空かせてそういうものを欲しがるようになったからだと言われている。当初、労働者の給料は毎週金曜日に支払われていた。つまり、この地域では週単位でお金の流通が増えていた。このように、コーヒー会社が提供した雇用や、会社の発展に伴うその他の取引活動によって、商業活動や地元産品の取引が必要になったと言えるかもしれない。

コーヒー会社には、さまざまな場所から人が集まってきて、その市場を利用した。例えば、農園の近くに親戚がいる女性たちは、彼らの家に滞在してビールを醸造し始め、従業員たちはそれを買って、特に土日の自由時間に飲んでいた。私がインタビューしたある女性は、ビール醸造で多額の資金を調達し、会社から支払われる夫の給料を補い、現在は働いている3人の子供を寄宿学校に通わせることができたと話していた。別の女性は、会社の従業員やコーヒー・ピッカーが買ってくれたビールの醸造によって、ベッドとマットレスを買うことができ、小さな家のための鉄板も買うことができ、毎年、家を葺くための草を探す労働をやめたと述べた。

農園内でのビール醸造は、多くの女性が家財道具を手に入れるのに役立った。また、ビールの売上金は、地元の人々が子供を教育するのにも役立った。例えば、ゲトルード・ボワ(Getrude Bowa)は、農園でのビール醸造で資金を調達し、後にカサマ小学校の教師となった娘に教育を施した。他にも、農園でビールを売ることで、子どもの寄宿料をなんとか支払っているケースが多くあった。以上のように、コーヒー会社の設立は、主に従業員の給料を通じて、農村経済の現金化を促進したことは明らかである。

また、地ビールの商業化だけでなく、遠方から来た人が親戚や友人のいない弱者であることを利用した村人もいた。村人たちは、自分の家を貸し出すことで、地元の人々の収入レベルを向上させた。カテシの村人フェリックス・ムウェルワ(Felix Mwelwa)は、家を借りていたムポロコソ(Mporokoso)の6人のコーヒー・ピッカーから毎月支払われていた家賃で自転車を買ったと話していた。 他にも多くの人が同じ方法で家財道具を購入した。

KCCの元従業員であるモセス・カングワ(Moses Kangwa)は、2008年にコーヒー会社が管財人の管理になったとき、ほとんどの人が季節雇用や常用雇用から解雇され、計り知れない苦しみを味わったと述べた。子どもを学校に通わせるため、生活費を稼ぐため、そして食卓に食べ物を並べるために、炭焼きをしなければならなかった。しかし、炭焼きは永続的な解決策にはならなかった。というのも、当時、ほとんどの子どもたちが学費を払えずに学校を退学し、親には信頼できる月収がなくなったからである。炭焼きへの移行は、コーヒー会社が地元の人々に与えたプラスの影響を示すものだった。

会社の緊急事態では、2012年に大豆やバナナの小作農計画などの社会的コミュニティプログラムが実施された。村人たちは大豆の栽培を始め、それを売ってお金を稼いでいた。オラム下の会社は、彼らから特に大豆を大量に購入するようになった。それまでも農民は大豆の生産に従事していたが、2012年以降に栽培を開始した面積には及ばなかった。ある男性は、現在の会社で得た経験から、1ヘクタールのバナナを栽培することができ、そこから得たお金で子供の学費を払っており、現金経済に大いに貢献していると述べた。地元の人々にも、成人識字率向上のための短期コースやパン作りなど、さまざまなコミュニティ開発サービスが提供され、特に農園地域の女性たちは生活水準の向上を図ることができた。

社会的影響

会社の開発には、社会的設備の整備も必要だった。開発は他の開発を引き寄せる、とはよく言ったものだ。コーヒー会社が北部州のカサマ地区に設立されて以来、さまざまな開発が行われてきた。

まず、スタッフ・ハウスとオフィスが建設された。例えばZCCLでは、常用労働者用に51軒のハウスがあったが、教師や臨床スタッフなどの政府職員もそこに入居していた。

農園のオフィスや従業員の住宅に加えて、2つの学校や、カテシとンゴリにそれぞれ1つずつある2つのクリニックのような補助的なサービスも提供された。これらは農園の敷地内に建設され、2つの地域の発展に貢献した。この2つのクリニックは、会社のイニシアチブによるものである。

カテシでのクリニック建設の提案は、1987年に始まった。労働者が病気になったとき、治療のために長距離を歩いてンセルカ(Nseluka)の農村保険センターやカサマ総合病院まで行かなければならず、翌日には出勤しなければならないというのは、会社にとって損失であることに気づいたのである。場合によっては、労働者は病欠のために誇張した日数を要求することもあった。さらに、子どもや妻が病気になると、労働者は自転車で最寄りの保健施設であるカサマ総合病院やンセルカ農村保健センターに連れて行かなければならなかった。1992年にンゴリにクリニックを建設することが提案され、1995年にクリニックが建設された。

上記のクリニックでは、政府が臨床スタッフを雇用し、会社は彼らに無料の宿泊施設、電気、水道を提供した。調査時点では、カテシ・クリニックには臨床担当1名、看護師1名、アシスタント2名、清掃員1名、警備員1名が、ンゴリ・クリニックには臨床担当補佐1名、看護師1名、補助スタッフ1名、ステーション・ハンドマン1名がいた。また、これらのクリニックは、地元の人々にも医療サービスを提供しており、5人以下の施設や産科のサービスも提供している。クリニックが建設されたときから、地域のすべての人々が会社のクリニックから医療サービスを受けており、クリニックで対応できない場合のみ、カサマ総合病院に紹介された。その場合でも、ZCCL傘下の会社は、病人をカサマ総合病院に連れて行くための交通手段を提供していたが、1996年に会社が私有化されたときに、そのサービスは廃止された。オラム社の現在の状況は、会社が搬送を支援するような重篤なケースを除き、紹介されたケースは患者自身が処理しなければならない。

写真7:カテシ・クリニック 2015

クリニックに加えて、カテシとンゴリ・コーヒー・エステートの2つの学校の開発にも着手した。当初、農園の近くには学校がなく、最寄りの学校は農園から約12kmと20km離れたミサフ小学校(Misamfu Primary School)だった。学校がないため、生徒たちは長い距離を歩いて学校に通わなければならなかった。そのため、少年少女は長い距離を歩いて学校に行くことをやめてしまった。さらに悪いことに、子どもたちは雨季には朝から2マイル以上歩いて学校に行き、夕方にはその帰り道も歩かなければならなかった。会社は、労働者の子どもたちが学校に通っていないことを知り、会社の従業員の子どもたちや地域の人口増加に対応するための学校の必要性を政府に提案した。

1986年にはンゴリに、1989年にはカテシにそれぞれ学校が建設された。政府は教師を雇用し、会社は宿泊施設、電気、水道を無料で提供した。しかし、この地域には中等学校がなく、最寄りの中等学校は、農園から26kmと56km離れたカサマにあった。農園内の学校で初等教育を終えた生徒たちは、カサマの中等学校に行くことが再び困難になった。この問題を解決するために、ZCCL傘下の会社がバスを提供し、学校に通う子供たちをカサマの中等学校に送り届けていた。

会社のバスは、従業員の家族が土曜日に日用品を買いに行くのにも使われていた。しかし、1996年にコーヒー社が民間企業に移行したため、このサービスは廃止された。

現在のコーヒー会社であるオラム・インターナショナル有限会社は、カサマに滞在する労働者に交通手段を提供しているが、これはこの地域の標準的な宿泊施設が限られているため、多くの労働者が近くの宿泊施設を見つけられなかったためである。コーヒー会社が地元の人々に学校や診療所、きれいな水を提供していることは、プランテーションが地元コミュニティに社会サービスを提供することで知られており、時には政府に無償で提供していることを裏付けている。このようにして、特にZCCLとオラム・インターナショナル有限会社の下で、地元コミュニティが必要不可欠な社会サービスの利用可能性において地元の人々の生活が大きく改善されたことは間違いない。

上記の社会的設備とは別に、ZCCLによる農園のオフィスや精製工場への送電線の延長や、水ポンプの設置により、これまで電気や水道がなかった近隣の村人たちも電気や水道を利用できるようになった。オラム・インターナショナル有限会社下の会社は、最小限の負担で近隣の村にソーラー・ライトを提供した。また、APC下の会社は、農園への道路を整備した。カサマ・ムバラ・ロードと農園をつなぐ大きな砂利道が建設され、交通問題が緩和された。

写真8:ンゴリ・コーヒー・エステートへ向かう道
写真9:カテシ・コーヒー・エステートへ向かう道

これまで問題となっていたスメ(Sume)、ムカンコ(Mukanko)、パンダ(Panda)などの周辺の村からのトウモロコシなどの農産物の輸送も、APCが整備した道路のおかげで容易になった。また、APC
はルクパ(Lukupa)の橋の建設にも着手し、ムカンコ(Mukanko)やミサンボ(Misambo)の村人たちがルクパ(Lukupa River)を渡って診療所に行ったり、生徒たちが学校に行ったりできるようになった。

所有者の異なるコーヒー会社が発展した結果、もたらされたもう一つのポジティブな展開は、技術の習得だった。会社は、主にコーヒー生産の技術面を担当するために外国人を農園で働かせたが、苗木の植え付けや労働者の監督などの技術も持ち合わせていた。その結果、地元の人々はコーヒー栽培に関する多くの技術を習得することができた。多くの人々は、能力さえあれば自分たちのコーヒー農園を持つことができると考えており、そう主張している。また、ムポングウェ小麦会社(Mpongwe Wheat Company)のザンビア人経営者のほとんどが、カテシ・コーヒー・エステートからコーヒー栽培の技術を習得したことが確認されている。

技術の習得に加えて、特にコーヒーの収穫期に地元の人々が増えたことで、技術の識別も行われた。様々な技術を持った人々が特定され、常用労働者として雇用され、トラクターの運転、建具や大工仕事、会社のインフラ構築、機械サービスなどに従事した。農園のドライバーやメカニックのほとんどは、最初はコーヒー・ピッカーとしてやってきて、その過程で自分の技術を見極め、後に常用労働者として雇用されたことが確認されている。これに関連して、1988年に研究センターが設立され、コーヒーの植え付け、監督と管理の実践、機械・車両工学、トラクターの運転、化学薬品の散布に関する基本的なトレーニングが提供され、効率的で高い生産性が実現した。

したがって、コーヒー会社が基本的なトレーニングを提供し、会社だけでなく人々にも利益をもたらしたという点で、技能習得の面でプラスの効果があったことは疑いの余地がない。これはトレーニングやその他の社会サービスを提供できれば、産業は肯定的であるというベルクの主張を裏付けるものである。

以上のように、会社の発展は、地元コミュニティや国全体に一定の利益をもたらしたが、会社の設立にネガティブな影響がなかったわけではない。ネガティブな影響としては、環境問題や地元コミュニティの共有スペースの喪失などが挙げられる。コーヒー農園が設立される前、地元の人々は果物やキノコ、野菜の葉、小動物や昆虫などの野生の産物を集めていた。この地域の農産物は、販売のために収穫されるだけでなく、家計を補うのにも役立った。

この伝統的な収入源は、コーヒー会社がこの地域を占領したときに失われた。しかし、この2つの地域によって失われたのは、経済的な収入だけではなく、生活に必要な物資や食料も含まれていた。地元の人々は、伝統的な野菜やハーブ、森の果物を手に入れることができなくなった。カテシの女性たちは、土地や森が破壊される前と、森の産物が採れなくなったときの生活の様子を比較して、さまざまな意見を述べた。天然林産物や食料の重要な供給源となっていた一部の森林地域は完全に破壊されてしまった。地域の経済基盤が破壊されたことで、家計や地域のレベルでの生活の脆弱性が高まった。森林製品のための共有スペースであった地域は制限された。人々はそこに行くことはできるが、そこから木や草を切ることは許されなかった。

この会社がいかに彼らの経済基盤を破壊したかを、ジョイス・チェスワ(Joyce Cheswa)は次のように語っている。

トウモロコシやキャッサバの畑で働いた後は、食べるものや売
るものを探しにみんなで行きました。私たちは、自分たちで切
って形を整えた材料で家を作っていました。自分たちで家を建
てることができるので、買う必要はありませんでした。私たち
の生活は快適で穏やかなものでしたが、食べるものがなくなる
とは想像もしていませんでした。以前は、森に行って食べるも
のを探し、かごいっぱいにして帰ってきましたが、現在はコー
ヒー会社がすべて所有しているので、行くことはできても、集
めるものがありません。

例えば、かつては特定の世帯にとって重要な取引可能な森林製品であったマッシュルームは、インタビューに答えた人々の大半が家庭内での消費のためにマッシュルームを採取していたが、意味のある経済的利益をもたらさなくなった。会社が設立されると、地元の人々はコーヒー農園に生えていたキノコを手に入れることができなくなった。コーヒー農園に散布された除草剤が、それまでの森林製品を毒に変えてしまうのではないかと心配して、多くの地元の人々はマッシュルームを採取できなくなったのである。これは、バックフォード(Backford)の主張と一致している。

プランテーションの設立により、プランテーションのオーナー
と地元の人々の間で、資源、特に土地をめぐる大規模な競争が
発生した。その結果、多くの地域住民が農地を失ったため、
プランテーションの所有者に有利に働いた。彼によると、
プランテーションの歴史は、開放的な資源から閉鎖的な資源へ
の移行を特徴としている。

プランテーション地域では、土地の疎外や土地の奪い合いが目立つが、カサマのコーヒー会社の場合、農民による農地の喪失はなかった。農園が設立された地域は遊休地であり、地元の人々から土地を奪うような政策は取られていなかった。しかし、いくつかの家族はカポセラ(Kaposela)やカンヤラ(Kanyala)のようにな土地に避難したが、政府は彼らがルクパ(Lukupa)に再定住し、土地が与えられることに同意した。

この農園は、ケネス・D・カウンダ博士(Kenneth D Kaunda)の「土地への回帰」政策により、地元のムワンバ酋長から土地を取得した。この政策は、農村から都市への移住を防ぐために、農業を通じて農村を発展させることを目的としていた。コーヒー農園が設立されると、地元の人々が賃金労働者になる傾向があったため、カウンダの目的は部分的には達成された。しかし、賃金労働は、トウモロコシの生産やキャッサバ畑によって補われた。コーヒー会社の従業員は、元々持っていた土地を耕すことができた。そのため、以前のように農園を維持し、生活水準を維持・向上させることができたのである。

コーヒー会社の設立によって生じたもう一つの悪影響は、自然資源の劣化である。コーヒーを栽培するためには、すべての植物を取り除き、木を切り倒さなければならない。その結果、土壌がむき出しになり、強い雨で貴重な表土が洗い流されるリスクが高まった。この開発により、土壌の構造が損なわれただけでなく、土壌が貧弱になってしまった。コーヒーノキは、成長するにつれて植え穴を大きくしていく必要があり、土壌浸食の拡大につながった。土壌侵食や地滑りは、コーヒー会社にとっては管理コストの増加と収入減を意味する。時折マルチングを使用することで、会社の状況は軽減され、現在の会社では土壌の肥沃度を向上させるためにサンヘンプも栽培している。

コーヒー農園によって破壊される前の環境の状態に関する一次データを収集することはできなかったが、引き起こされた破壊について各家庭にインタビューすることはできた。コーヒー栽培は土壌を疲弊させる可能性があり、それがマルチングの重要性の主な理由である。コーヒーを栽培するために木が伐採されたことは明らかで、その結果、表土の浸食が問題となったが、彼らが施した厳重なマルチングとサンヘンプによって、それは防がれた。しかし、コーヒー生産は必ずしも物理的な景観に悪影響を与えているわけではなく、コーヒーノキが環境にとって良い豊かな緑の植生を生み出すことで、土壌を保全し、国の環境悪化に対処していると考えられるという意見もあった。

コーヒーの収穫は、学校に通う子どもたちの欠席率を悪化させた。インタビューに答えた教師たちは、収穫期になると、生徒たちが学校を犠牲にしてコーヒーの収穫に行くという社会的な悪影響があったことを指摘している。そのため、特に貧しい家庭の子どもたちは欠席が多くなった。授業への出席率が低いと、生徒の学校での成績に影響する。

しかし、すべてのコーヒー・ピッカーが他の人よりも強く、効率的であるとは限らず、特に年配の労働者にとっては、若い労働者と同等の収入を得るために十分な時間をかけて作業を終えることは困難だった。そのため、家庭では人手が足りず、学校に通う子供たちに仕事をさせる傾向があった。しかし、これは幼い子供たちの教育を妨げることになった。同様の傾向はブラジルでも見られ、ダイアナ・クルーガー(Diana Kruger)の調査では次のように結論づけられている。

貧困層の子どもたちは学校に通うことができず、コーヒー農園
で働くことになるが、高収入の家庭の子どもたちは悪影響を
受けない。ブラジルでのコーヒー生産は、若者が受ける教育
の量に影響を与えており、コーヒー市場での富の増加により、
貧しい子供たちが学校を休んで働く時間が増えている。

そのため、貧困層の子どもたちは教育の恩恵を十分に受けることができず、低学歴の若者が貧困に苦しむというサイクルが続いていた。

カテシとンゴリのコーヒー会社がもたらしたもう一つの悪影響は、特にコーヒーの収穫期に見られる売春と乱交だった。コーヒーの収穫は、ムポロコソ(Mporokoso)やムングウィ(Mungwi)などの遠方からも人を集めた。ローレンス・ビバヤ(Lawrence Vivaya)の見解によると、1986年から1993年、1997年から2004年の間に、売春と乱交がこの地域で流行した。コーヒーを収穫しに行く人たちは、既婚の男女だったが、農園の労働力として到着すると、独身であると騙し、独身のふりをして好きな人と同棲を始めたのである。会社は、独身者と既婚者を別々のキャンプにして、それぞれのキャンプを監視する警備員を配置しようとしたが、期待通りにはいかなかった。なぜなら、このような事態は、遠方から来た人だけでなく、地元の人々にも共通の傾向だったからだ。配偶者と一緒に行かない人は、現地の女性と同棲していることもあった。地元の男たちも、他所から商売で来て、就職せずにこの地域に残って男たちが飲むビールの醸造をしているような女を狙っていた。このような傾向は、特に相手がそのことを知った場合には、離婚や喧嘩の原因となった。情報提供者によると、このようなケースは時々あり、その結果、近隣の村で性的不倫や性感染症が多発したそうである。しかし、情報提供者が主張するように、性感染症のほとんどのケースは伝統的な薬を使って治療され、クリニックに行くことはなかったので、統計を取ることはできなかった。

カテシ村の村長チレッシュ・ムレンガ(Chileshe Mulenga)とンゴリ村の村長ムウェンヤ・カペンブワ(Mwenya Kapembwa)によると、コーヒー会社が彼らの地域にもたらしたもう一つの悪影響は、地元の人々がより多くの収入を得るために会社で働くことに時間を費やし、自分たちのトウモロコシやキャッサバの畑や菜園で働く時間が減ってしまったことだという。余剰分がなくても、会社が作った市場に農作物を売ってしまう人もいた。会社での仕事がなくなると、彼らは1年間家族を養うための十分な食料を得ることができなかった。このような家族は弱者となり、食料を十分に持っている人から食料を得るために働くことを選ぶ結果となった。その結果、彼らの地域では多くの世帯が構造的貧困に陥ってしまった。

結論

本章では、コーヒー会社が直面した多くの困難にもかかわらず、コーヒー会社がもたらしたものの中には、農園周辺の人々の幸福に貢献するものもあったことを論じてきた。コーヒー会社は、事業所がある地域の社会的・経済的発展に重要な役割を果たしていたのである。

本章では、コーヒー会社が州最大の雇用主となり、現在も数百人の常用労働者と数千人の臨時・季節労働者を雇用し、副収入を得ることで地域コミュニティの生活水準を向上させていることを明らかにした。また、コーヒー会社のおかげで地域にお金が循環し、農園内やその周辺では、労働者の収入や企業活動が促進されたことを論じている。その結果、街に出て仕事を探すよりも、地域に残って仕事をする人も出てきた。このように、コーヒー会社は長年にわたり、地域の発展と地元の人々の生活向上に重要な役割を果たしてきたのである。

また、コーヒー会社は、国の経済を多様化するという第一の国家目標の実現に多少貢献したと主張された。コーヒー会社は、輸出基盤を拡大し、国の外貨獲得のために多くの課題に直面したため、非常に限定的ではあるが貢献した。

会社が始めた学校やクリニックは、子供たちに基礎教育を提供し、人々の生活の近くに健康施設を提供した。これらの社会的設備は、地元コミュニティにとって大きな利益となり、地域の健康と基礎教育の向上に貢献した。

一方で、会社の発展は、農園の周辺地域や地元コミュニティにも悪影響を及ぼした。特に、夫や妻と一緒に行かなかった人たちは、収穫の時期になると売春や乱交をするようになった。また、キノコ、アマスク(amasuku)、山菜、果物などの林産物を採集していた地元コミュニティの共有スペースも奪われた。

しかし、地元の人々や周辺地域に対する会社のプラスの貢献は、マイナスの影響を上回っている。特に、地元の人々の雇用創出、市場の促進、地域産品の商業化、学校やクリニックなどの社会サービスの提供により、そのサービスが地元コミュニティに拡大されたことが挙げられる。

コーヒーの生産を促進することは、農村部の貧困問題を解決するためにも有効である。また、世界におけるコーヒーの重要性は、石油に次いで世界市場で2番目に取引されている商品であるという事実だけではなく、コーヒーは選択される飲料でもあり、人々は常にコーヒーを飲み、コーヒー製品の市場は常に存在するということにも注目する必要がある。ザンビアのコーヒー部門は成長し、外貨獲得と雇用創出に貢献する可能性がある。コーヒーは、その市場が確立されており、ますます有利になっていることから、魅力的な作物であることがわかっている。カテシとンゴリの2つの農園では、市場で最も競争力のあるアラビカ種のコーヒーを生産している。アラビカ種は、一般的にロブスタ種よりもプレミアム価格が高い。そのため、この2つの農園では、アラビカ種コーヒーを生産することで、より価値の高い市場にアクセスすることができる。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事