ザンビアのコーヒーの歴史(1):導入と歴史的背景

以下、チャリティー・ムバラジ(Charity Mbalazi)「ザンビアのコーヒー栽培の歴史:カサマ地区のカテシ農園とゴリ農園の事例、1967年から2012年まで 」(原題:A history of coffee growing in Zambia: the case of Kateshi and Ngoli estates in Kasama district,1967 to 2012)の第1章の日本語訳である。

ザンビアのコーヒーの歴史(1) 導入と歴史的背景

スポンサーリンク

第1章

導入と歴史的背景

(前略)

中央アフリカでは、1877年にブランタイヤ・ミッション(Blantyre Mission)によってエジンバラ植物園(Edinburgh Botanic gardens)から最初の苗木がニアサランド(Nyasaland)に輸入された。1901年には、南ムランジェ高原(Southern Mlanje Plateau)で生産されたコーヒーがニヤサランドの主要な輸出作物となったが、その後の低価格化や病害虫の影響により、生産量はごくわずかになってしまった。その後、南ローデシア、20世紀初頭には北ローデシアにもコーヒーが輸入されるようになった。

北ローデシアでは、かなり早い時期からコーヒーの栽培が行われていた。この国で初めて本格的なコーヒー栽培を試みたのは、第一次世界大戦前にジャマイカから種子を輸入してチランガ(Chilanga)に植えたイギリス南アフリカ会社(British South Africa Company)(以下、BSACO)だった。しかし、チランガの環境は全く適していないことがわかった。1923年にコーヒーは根絶やしにされたが、その前に種子が集められ、北部州のアバコーン(Abercorn)(現在のムバラ(Mbala))に送られた。1923年、アバコーン地区には約12.1ヘクタール(30エーカー)のコーヒーが植えられた。北部州には、ヨーロッパからの入植者は少なかったものの、一握りの白人入植者がコーヒーの栽培を試み、宣教師たちはすでにタンガニーカとの国境のすぐ南、国の北東部にあるタンガニーカ湖の地域に位置するマンブウェ(Mambwe)とルング(Lungu)の間でコーヒー生産を導入する試みを行っていた。それまでに約20エーカーの土地が確保されていた。当初、コーヒーの成長と発展は期待されており、初収穫の様子はロンドンでもよく報道され、1930年代初頭にはヨーロッパの入植者たちがすでに商業的なコーヒー栽培を試みていた。アバコーン地区では、すでに国内で広く消費されているコーヒーの栽培に慣れており、その品質の良さで知られていたため、入植者の関心を集めた。当時は「アバコーン・コーヒー」と呼ばれていた。それは、駐在員が自由保有の農園で栽培していたコーヒーだった。

1933年には推定158ヘクタール(390エーカー)が生産され、そのうち69ヘクタール(170エーカー)で平均247キログラム/ヘクタール(220ポンド/エーカー)の収穫があった。1936年から1937年には、約238エーカーが実り、1ヘクタールあたり平均196ポンドのクリーン・コーヒーが収穫された。環境面での不利がすぐに明らかになり、4月末から10月末までの長い乾季を乗り切るためには、灌漑が不可欠であると認識された。また、少しでも収穫を得るためには、肥料やマルチング、遮光も欠かせないと考えられた。

しかし、様々な理由から、これらの初期のコーヒー生産の試みは、実行可能で持続可能な部門の発展にはつながらなかった。1938年、初期のコーヒー産業は衰退し始めたが、これに拍車をかけたのが、White Stem Borer(Anthores leuconotus)の侵入と劣悪な気候条件だった。マーケティングの問題は、さらに状況を悪化させた。20年代から30年代にかけて、アバコーンの農家はタンガニーカ湖やダル・エス・サラーム(Dar-es-salam)を経由してロンドンにコーヒーを輸出していたが、これは多くの困難を含む販売方法だった。さらに、第二次世界大戦が勃発すると、コーヒーの市場がなくなったため、生産者の問題は深刻化し、コーヒー産業は崩壊してしまった。このようにして、この地域でのコーヒー生産は、この地域に移住していた数少ないヨーロッパ人の離散とともに終了したのである。

1952年、タンガニーカ南部高地のコーヒーが高値で取引されたことで、イソカ県(Isoka District)ナコンデ(Nakonde)の一部の農家はコーヒーへの関心を取り戻した。また、アフリカの自給自足農業に接ぎ木するための換金作物を見つける必要があった。イソカ県が選ばれたのは、(1)土壌が良いこと、(2)タンガニーカ州のムボジ・コーヒー生産地に40キロメートル(25マイル)と近いこと、(3)国境を越えたコーヒー栽培にすでに成功しているため、地元住民も栽培に関心を持っていること、という3つの要因があったからである。

1954年、農務省はオールド・ファイフ(old Fife)に農務局を、イソカのイクンビ地区(IKumbi)内のムリ(Muli)にコーヒー苗床を開設した。1950年代には、コーヒーの自生が奨励されていたが、一人が50本以上の木を育てることは許されなかった。この考えはおそらく、タンガニーカ近郊にやってきた最初のヨーロッパ人たちが、アフリカ人がコーヒーを栽培することに完全に反対していたことから来ていた。ヨーロッパ人は、アフリカ人にはコーヒー栽培の世話をする能力がなく、病気が発生して自分たちの農園にも広がる可能性があると主張していた。また、アフリカ人が販売目的でコーヒーを栽培すれば、税金や消費のためにヨーロッパ人の農園で働く必要がなくなるため、ヨーロッパ人は自身の労働力の確保を懸念していたとも言える。しかし、上記のような政府の奨励にもかかわらず、イソカ地区の北ローデシアのアフリカ人のコーヒー栽培の発展は非常に遅かった。彼らの生産量は合計35cwtのパーチメントで、これは約26エーカーの未灌漑の若いコーヒーから得られたものである。1960年には約100人の地元のコーヒー生産者がいたが、1962年には27人しか販売用のコーヒーを生産できなかった。

イクンビ(Ikumbi)のコーヒーは、タンガニーカのオークション会場、特にモシにあるタンガニーカ委員会を通じて販売されていた。しかし、農家が代金を受け取るのは約2年後であり、満足のいくものではなかった。また、タンガニーカでの販売には問題があった。それは、ザンビアの作物がオークション会場で見落とされる傾向があったことだ。例えば、1965年の収穫物に対する支払いは、1967年になってようやくカサマ(Kasama)の3人のチームが介入して解決した。支払いの遅れは、ラベルの不備、イクンビからの出荷の遅れ、両国のコーヒー摘みの季節の違いなどが原因とされている。マーケティングの問題は、イクンビ地域のコーヒー農家の意欲を失わせた。さらに、農家はコーヒーという作物に慣れていないため、管理水準が低く、1エーカーあたりの収穫量が少なく、また、植え付けから収穫までの期間が長いため、コーヒー生産に対する地元の関心が薄れてしまった。

一方で、1961年の立法議会で、ザンビア北部で紅茶とコーヒーを栽培することが提案されたことを受けて、農務省による実験が続けられた。60年代には、北部、北西部、ルアプラ州(Luapula Province)のムピカ(Mpika)、カサマ(Kasama)、ムバラ(Mbala)、カワンブワ(Kawambwa)、ソルウェジ(Solwezi)、ムイニルンガ(Mwinilunga)の各地区にあるいくつかの研究施設で、コーヒーが試みられた。実験の結果、ザンビアでは、十分な水を確保し、適切な農法を適用すれば、コーヒーの豊作が可能であることが実証された。

さまざまな研究ステーションで得られた有望な結果を受けて、ザンビアはコーヒー産業を拡大すべきだと決定した。1965年3月、英連邦開発公社(CDC)のミッションがザンビアを訪れ、実現可能性の調査と計画書の作成を行なった。また、将来のコーヒー生産のための計画も立てた。ミッションは、カワンブワ、ソルウェジ、ムイニルンガ、ナコンデ、ムバラの5カ所で、それぞれ240ヘクタール(600エーカー)の灌漑コーヒーを栽培し、そのうち80ヘクタール(40エーカー)を小規模農家のためのスキームとして開発することを推奨した。

残念ながら、これらの場所は最初のコーヒー・プロジェクトを開始する場所としては選ばれなかった。代わりに選ばれたのは、カサマの北56キロメートル、カサマ・ムバラ道路沿いのンゴリ(Ngoli)という地域で、この地域については1966年に州の農業担当者が報告書を書いている。CDCミッションが調査した地域は、いずれも一長一短があり、様々な立地条件を考慮することは非常に困難である。このような選択肢の中で、社会政治的な要因がプロジェクトの立地に決定的な影響を与えていたと言えるかもしれない。ゴリ地区の人々は、最終決定前には、コーヒーを栽培する機会が得られることを知らされていた。プロジェクトが他の場所で行われると、ンゴリ地区の不満につながる可能性があった。一方、ザンビアの他の地域では、事前に宣伝が行われなかった。この頃、ンゴリ農園は農村開発省のプロジェクト課によって生産が開始されていた。

ンゴリのような農村農業計画の設立は、植民地時代にザンビアの開発速度が国内のすべての地域で同じではなかったことが認識されてきた結果である。また、ダドリー・シアーズ(Dudley Seers)を団長とする国連・ECA・FAO合同ミッションが、銅からの経済の多様化のために、ザンビアの農業を急速に近代化することを提唱したこともきっかけとなった。そこで、独立後のザンビア政府は、農村部と都市部の間に存在する不均衡を解消するために、農村部の開発に乗り出した。また、政府は農村部から都市部への移住を抑制し、国の経済を多様化するために農村部の開発を行うことを意図していた。他にも、カワンブワ紅茶農園(Kawambwa Tea Estate)、ムヌンシバナナ計画(Mununshi Banana Scheme)、ナカンバラ砂糖農園(Nakambala Sugar Estate)などが国内各地で設立された。

本研究では、北部州におけるコーヒー栽培の歴史を辿るだけでなく、この近代的な農業事業が地元の人々や地域社会、環境に与えた影響を評価することを試みた。これは、コーヒー生産地域で起きた社会的・経済的変化と、コーヒー農園の開発によって生じた環境変化を批判的に見ることによって行われた。

調査地域の地理と地点

カテシ農園(Kateshi Estate)は、ザンビアの北部州に位置している。カサマから北へ約26キロ、カサマ・ムバラ道路(Kasama-Mbala Road)沿いに位置し、ザンビアの首都ルサカ(Lusaka)からは約900キロ離れていル。面積は2,062ヘクタールで、そのうち1,716ヘクタールが灌漑によるコーヒー生産に特に適した土地である。おおよその位置は、南緯10度1分、東経31度15分。標高は海抜1,300メートルから1,400メートルの間。ルクパ(Lukupa)、カフィカ(Kafika)、ルクソ・リカランバ(Lukuso-Likalamba)の3つの川に囲まれている。東には、カサマ・ムバラ道路がある。北側は、カサマ・ムバラ道路から北へ約1.7キロメートル、ルクパ川の西を通る計画への連絡道路から始まる切断線で囲まれている。ルクパ川が西の境界を形成し、ルコソ・リカランバ川とその源流からカサマ・ムバラ道路まで伸びるカット・ラインが南の境界を形成している。農園にはルクパ川から水が供給されており、地域全体がルクパ川に向かって排水され、現在はカサマ・ムバラ道路の近くに再配置されている。鉄道網へのアクセスが容易で、恵まれた条件を備えたこの地域は、コーヒー栽培やその他の農業活動に適している。

ンゴリ(Ngoli)は、カサマの北56キロ、カサマ・ムバラ道路沿いにあり、面積は540ヘクタールである。乾季には水が豊富に湧き出ている。標高は約4,700フィート。位置は、南緯10度46分、東経31度13分。この土地は、この高地を東に流すヒルズ・メイン道路のラインからチャンベシ川(Chambeshi River)に向かって落ちている。この地域は、この排水システムの最上部に位置しており、カフルクトゥ(Kafulukutu)、チフナマ(Chifunama)、チルンガ(Chilunga)の各河川によって分断されている。ンゴリ農園は、北西にカフルクトゥ川、北東にチャムフブ、南東にムパンド、南西にチルンガに囲まれている。チフナマ川にはダムがあり、3.86M³/sの水流がこの地域に流れ込み、この川がカフルクトゥ川に合流した後、下流に向かって2つ目の水流が流れている。カブルクツ川(Kabulukutu)の集水域は250平方キロメートルで、PH値6.7の良質な灌漑用水が最大で毎秒1立方メートル(M³/s)、最小で毎秒0.8立方メートル(M³/s)得られる。この水は、農園の山側まで6キロメートルに渡って裏地のない用水路に流れ込み、そこからポンプ場から丘を下って点滴灌漑システムに送られる。

カテシとンゴリ農園の場所

問題提起

カサマのコーヒー会社は、植民地政府から引き継いだ偏った経済の影響を軽減するために、独立後の政府が大きな関心と探求心を持って成長した他の農村産業と同様の農村経済企業である。しかし、政府が指示した農業計画による農村開発は、初期段階では経済成長の可能性を大いに秘めていたにもかかわらず、後にはすべてが潰れてしまうような活気のない経済事業になってしまった。このような失敗の理由を理解することは重要である。

カサマのコーヒー会社は、政府主導の農村開発計画の一つであったにもかかわらず、ザンビアにおける主要なコーヒー会社の草分け的存在であり、銅経済からの多角化の試みとして多くの可能性を秘めていたにもかかわらず、また地元住民の社会的・経済的福利の向上に貢献することが期待されていたにもかかわらず、歴史的な学術的注目を集めることはなかった。その結果、このコーヒー会社が地元の人々や環境に与えた社会的・経済的な影響は、これまで十分に調査されていなかった。そこで本研究では、カサマのコーヒー会社の歴史を再構築することで、農村農業計画による農村開発を阻害した理由を明らかにすることを目的としている。

本研究では、コーヒー会社の歴史、業績、そして地元の人々やカテシとンゴリの周辺地域に与えた社会的・経済的影響に焦点を当てる。

(後略)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事