アブドゥル・カーディル・アル=ジャジーリー『コーヒーの合法性の擁護』のド・サシーによるフランス語抄訳『アラブ文選:巻八』の試訳(2)

(1)の続き。

Le mot kahwa, ainsi que le dit le docte Fakhr-eddin (10) Abou-Becr , fils d’Abou-Yézid , dans l'ouvrage qu'il a publié sous le titre de Triomphe du café (11) , est dérivé du mot ikka qui signifie opposition, dégoût (12) , ou du même mot dans le sens de kaada [s'abstenir] , comme on dit akha pour kaada dans cette phrase : Akha arradjoul analsekey [Cet homme s'est abstenu de cette chose].

 「カウア」という言葉について、アブ・イェジドの息子で、学者であるファフル・アッディーン(10)・アブー・バクルは、彼が「コーヒーの勝利(11)」という題名で出版した作品の中で、「抵抗」を意味する「イッカ」、または同じ句の中で「カッダ」のために「アクア」と言われるように、「カアダ(控える)」の意味で同じ言葉に由来すると言っている:"Akha arradjoul analsekey "は「この男はこのことを控えた」を意味する。

Avoir du dégoût pour une chose , ou s'en abstenir, cela revient a-peu-près au même.

あることに嫌悪感を抱くことと、またはそれを控えることは、ほとんど同じことに帰着する。

De Ia vient qu'on a aussi nommé le vin kahwa (13), parce qu'iI inspire du dégoût pour la nourriture , et fait qu'on s'abstient de manger, comme on l'a su de gens qui connoissoient les effets de cette liqueur.

このお酒の効果を知っていた人々が教えたように、ワインは「カウワ」(13)と呼ばれるようにもなった。なぜなら、それは食べ物に対する嫌悪感を呼び起こし、そして食べることを控えるようになるためである。

*コーヒーの語源の「カフワ」はもともと「食欲を消し去る」を意味する言葉から派生したもので、それはワインを意味する古い言葉の一つだっだ。つまり、ワインは食欲を減退させるものだと考えられていた。

II en est de même du sens du mot kahwa dans le cas présent, car le café dégoûte et porte à s'abstenir du sommeil ; et il a été employé, dans le principe, pour dissiper le sommeil, à cause des exercices de religion qui exigeoient qu'on veillât la nuit (14).

コーヒーが嫌悪感を抱かせ、睡眠を断つゆえに、この場合の「カウア」という言葉の意味についても同じことが言える。 そしてそれは、原則として、人々が夜更かしする必要がある宗教活動のために(14)、眠りを消し去るために使われていた。

II en est de même, ajoute-t-il, du mot nadhm, employé d'une manière absolue; car on généralise le sens de ce mot en lui donnant l'acception d'unir, joindre ; tandis que , dans le principe , il signifie enfiler des perles sur une soie : après cela on l'a pris métaphoriquement pour la poésie et l'Alcoran.

絶対的な用語として使われる単語「ナドゥム」も同じ言葉であると、彼は付け加えた。 なぜなら、この単語に「統合」、「結合」の意味を与えることによって、この単語の意味は一般化されるからである。しかし、 本来の意味として、それは「絹の上に真珠の刺繍をすること」を意味する。その後で、それは「詩人」と「クルアーン(コーラン)」のために比喩的に捉えられた。

*預言者、詩人、占い師とクルアーン(コーラン)との関係はここに詳しい。<https://fr.wikipedia.org/wiki/Po%C3%A9sie_arabe#Les_po%C3%A8tes_et_le_Coran

Encore peut-on dire que le café mérite, beaucoup mieux que le vin, le nom de kahwa.

その上で、ワインよりもコーヒーのほうがはるかに、「カウア」の名前に値すると言うことができる。

Les sofis ont joué sur ce nom ; ils en ont fait un usage fréquent , pour désigner l'amour; il en a été à cet égard, comme des mots qui signifient la fièvre et le vin , et autres semblables.

スーフィーたちはその名前で遊んだ; 彼らはそれを「愛」を表すために頻繁に使用した、それはカウワが「情熱」と「ワイン」、他の類義語を意味する言葉であるような、この点であった。

C'est ainsi que le scheïkh Schéref-eddin Omar , fils de Faredh, a dit dans une de ses poésies : le vin enivrant de l'amour m'a abreuvé ,”アラビア語”(15) et a employé d'autres expressions de ce genre, et c'est aussi ce qu'on voit dans les paroles de Sidi Aii Wafa (16).

そういうわけで、ファレドの息子、シャイフ・シェレフーエディン・オマル*は、彼の詩の一つで次のように語った:「愛に酔わせるワインは私を潤した」、(アラビア語原語)(15)と他のそのような表現を用いた。 これはまたシディ・アイイ・ワファ(16)の言葉にも見ることができる。

* 旦部幸博氏の百珈苑BLOGの「はじまりの物語 (10)」参照<https://coffee-tambe.hatenadiary.org/entries/2013/05/29> ド・サシーは「イブン」(=ビン)を、fils de(フランス語で「息子の」という意味)に訳している。旦部氏の指摘によると、「厳密には(特に有力氏族)イブン/ビンの後ろが実際の父親でなく、父祖(=氏族)の場合もある。歴史に名を残す人は特に多い」(2019年7月20日のツイート)とのこと。「はじまりの物語 (6.5) 」参照<https://coffee-tambe.hatenadiary.org/entry/20130316/1363403155

Quiconque a entendu parler les sofis , connoit la vérité de ce que nous disons. ( Ici finissent les paroles de cet écrivain.)

スーフィーの話を聞いたことがある人は誰でも、私たちが言うことが真実だと知る。 (ここでこの著者の言葉を終わらせる。)

Quelques-uns d'entre eux étoient dans l'usage de prononcer le nom du café , kihwa , en donnant pour voyelle au kaf, un kesra, afin de mettre par-là une distinction entre les deux boissons qui portent ce nom , le vin et le café.

その(スーフィー)うちの何人かは、ワインとコーヒー、この名前の2つの飲み物の間に区別を設けるために、「カフ」、「ケスラ」で母音を与えることで、「キウワ」とコーヒーの名前を発音する習慣があった。

Quant aux qualités naturelles du café, un grand nombre de médecins et des hommes les plus instruits disent qu'il est chaud et sec: d'autres soutiennent qu'il est froid et sec; et c'est là l'opinion qu'adoptent ceux qui désapprouvent l'usage de cette boisson.

コーヒーの自然の性質に関しては、数多くの医師と最も博識な男性たちが、それは温と乾であると言っている:他の人はそれが寒と乾であると主張している;これはこの飲み物の使用に反対する人々が採用している意見である。

*温と乾や寒と乾についての一つの参考例。

Un des avantages les plus considérables que procure l'usage du café , c'est qu'il dissipe le sommeil.

 コーヒーの使用を与えることの最も重要な利点の1つは、それが睡眠を消し去ることである。

Ce n'est pas qu'il n'y ait plusieurs autres moyens qui procurent la facilité de veiller, comme , par exemple, manger peu , éviter toute fatigue durant le jour, faire la méridienne, et autres pratiques qui sont exposées dans les livres des sofis.

例えば少しだけ食事をすること、日中のすべての疲労を避けること、昼寝をすること、またはスーフィーの本の中で公開されているその他の習慣など、夜更かしの容易にする方法が他にもいくつかないわけではない(つまり、少しはある)。

Voici une recette due au kadhi'lkodhat, l'homme le plus savant de son siècle, Tadj-eddin Abd-alwahhab Mekki Maléki , fils de Yacoub , supérieur (17) de la province de Hedjaz. ( Que Dieu lui fasse part de sa miséricorde! )

 ここに「ヒジャーズ」州の長官(17)、ヤコブの息子、彼の世紀の最も碩学の人、タジェディン・アブドゥル・アルワッハブ・メッキ・マレキによるカディルコダトゥのレシピがある。 (神が彼に憐れみを施されますように!)

J'ai appris cela en me trouvant avec lui à l'époque des fêtes saintes [c'est-à-dire, du pèlerinage] , dans sa maison située au lieu nommé Sowaïka (18) , à la Mecque.

私はメッカで、「ソワイカ」(18)と名付けられた場所にある彼の家で、聖なる祭りの時(つまり、巡礼の時)に彼と一緒にいることでそれを学んだ。

J'avois l'usage de me réunir en particulier avec lui, chaque année, pendant les nuits vénérables et après qu'elles étoient passées (19).

私は毎年、聖なる夜の間、そしてそれら(聖なる夜)が過ぎた後に、特に彼とともに集う習慣があった(19)。

Il m'apprit donc que rien n'est plus utile que de boire de l'eau froide avant le café , parce que cela communique au café une qualité humide qui tempère sa sécheresse naturelle; et que quand on en use ainsi, il ne porte pas trop fortement à l'insomnie.

なので彼は私にコーヒーの前に冷たい水を飲むこと以上に有益なことはないと教えた。なぜならそれは自然な乾の性質を和らげる湿の性質をコーヒーに伝えるからである;そして人がそれをこのように用いる時、不眠にとても強く耐えることはない(コーヒーを飲んでも眠ることができる)。

Je le voyois pratiquer exactement cette recette dans cette intention.

私は彼がこの目的でまさにこのレシピを実践するのを見た。

C'étoit un homme bien instruit et d'une grande expérience : il avoit des connoissances et une habileté supérieures en toute sorte de choses.

彼はよく教育を受けた経験豊富な人であった:彼はあらゆる種類の事柄に関して優れた知識と技能を持っていた。

Son assiduité à l'étude et ses talens l'avoient conduit au rang le plus distingué , auprès du schérif de la Mecque , Nedjm-eddounya-weddin Abou-Némi Hosaïni, fils de Bérécat , fils de Mohammed, fils de Bérécat, fîIs de Hasan, fils d'AdjIan (20), et de son fils le schérif Ahmed , ce qui étoit su de tout le monde de son vivant , dans le Hedjaz.

彼の研究の勤勉さと彼の才能は、ヒジャーズで、彼が生きている間にすべての人に知られていた、シャイフ(イスラムの知識人)のアフメドの息子で、アドジアン(20)の息子、ハサンの息子、ベレカトの息子、モハメッドの息子、ベレカトの息子、メッカのシャイフであるネドジム・エドゥーニャ・アブ・ネミ・ホセイニのそばに、最も傑出した地位へと彼を導いた。

J'ai joui un grand nombre d'années de son amitié, de sa compagnie et de sa conversation, jusqu'à sa mort arrivée le 9 de moharram 960.

ムハッラム960の9日(1552年12月25日)に彼が亡くなるまで、私は何年もの彼との友情、交際、そして会話を楽しんだ。

L'époque de son décès se trouve dans les lettres qui composent en arabe cette phrase : Les jardins des éternelles délices sont sa demeure et le lieu de sa résidence (21). II n'a laissé après lui personne qu'on puisse lui comparer. Que Dieu daigne lui donner pour demeure la gloire du paradis !

彼の死の時はアラビア語の次の文で構成されている手紙のなかにある:「永遠の喜びの庭は彼の家であり、彼の住処である」(21)。 彼は彼の後に彼と比較することができる後継者を誰も残さなかった。 神が彼の家に天国の栄光を与えることを願ってくださいますように!

スポンサーリンク

(10) II y a dans le texte Alfakhr ”アラビア語”; mais c'est une abréviation pour ”アラビア語” Fakhr-eddin.

 (10)この文章には「アルファフル」 (アラビア語原語)がある。 しかしそれは (アラビア語原語)「ファフル・アッディーン」の略語である。

Dans les noms dans la composition desquels entre le mot ”アラビア語”, on le supprime souvent ; et alors tantôt on met l'article, comme dans "アラビア語" ; tantôt on l'omet, comme dans "アラビア語" pour "アラビア語".

「アラビア語」という単語の間にある綴りのなかの名前では、それはしばしば削除される; それから時々 「アラビア語」のように冠詞がつけられる; 「アラビア語」のための 「アラビア語」でのように、時々それは省略されることがある。

Quelquefois aussi on donne à ces expressions abrégées la forme d'un ”アラビア語" ou adjectif patronymique , comme "アラビア語" pour ”アラビア語”, Ainsi on trouvera dans la suite "アラビア語", pour "アラビア語" , ce qu'il suffit de faire observer une fois pour toutes.

時にはまたこれらの省略表現は「アラビア語」の形で与えられる、あるいは「形容詞に関する性」は、「アラビア語」の場合は 「アラビア語」のように、それゆえ「アラビア語」の場合は「アラビア語」と続くのが見つかるだろう、このことはすべての人のために一度指摘しておけば十分である。

II ne sera pas inutile de rapporter ici un passage d'un petit ouvrage de Soyouti , intitulé "アラビア語" , qui indique à quelle époque et à quelle occasion s'introduisit l'usage des surnoms dans lesquels entre le mot "アラビア語" religion.

これは、(アラビア語原語)「宗教」という言葉が入るあだ名の使用がいつの時代、そしてどのような場合に導入されたかを示す、「アラビア語」という題名のソヨウティの小さな本の一節をここで報告することは無駄ではないだろう。

»Ce fut, dit-il, dans le iv.e siècle de l'hégire qu'on commença à porter des surnoms composés de deux mots, dont le second est la religion.

 「それは、そのうちの2番目は宗教である2つの単語からなるあだ名が導入され始めたのはヒジュラの4世紀のうちである、と彼は言った。

Voici quelle fut l'origine de cet usage.

これがこの使用法の起源が何であるかである。

Les Turcs s'étant rendus tout-puissans à la cour des khalifes, prirent des surnoms, tels que Schems-eddaula [ le soleil de l'empire ] , Nasir-eddaula [ le défenseur de l'empire ] , Nedjm-eddaula [ l'étoile de l'empire ] , et autres.

ハーリファ(カリフ)の法廷で全力を尽くしたトルコ人は、「シェムス・エドゥーラ 」(帝国の太陽)、「ナシル・エドゥーラ」(帝国の擁護者)、「ネドジム・エドゥーラ」(帝国の星)、などの愛称を得た。

Alors des gens d'une condition ordinaire et peu instruits convoitèrent ces surnoms , qui leur paraissoient magnifiques et très-honorables.

それから、無学の通常の人々は、彼らに偉大で非常に名誉あるように見えた、これらのあだ名を切望した。

Comme ils ne pouvoient aucunement y prétendre, parce qu'ils étoient absolument étrangers au gouvernement , ils y substituèrent des surnoms relatifs à la religion.

彼らは政府にとってまったくの異邦人であったために、彼らはそれ(あだ名)を何も主張することができなかったために、彼らはそれを宗教に関するあだ名を置き換えた。

Cet usage gagna bientôt , et devint si commun, que quelques docteurs s'y accoutumèrent, et s'entendirent pour le propager.

この用途はすぐに広がり、そして一般的になり、何人かの学者たちはそれに慣れ、そしてそれを普及させるために意見が一致した。

On lit dans les Annales de Safadi , que le vizir Abd-almélic fut le premier qui accorda à beaucoup de personnés des surnoms dans lesquels entroient les mots eddaula [ l'empire ] , ou eddin [ la religion ] : il portoit lui-même le surnom de Schéref-eddin [ l'honneur de la religion ].

サファディの年代記で読まれることには、多くの人に「エドゥーラ」(帝国)、または「エディン」(宗教)という言葉を入れたあだ名を多くの人々に与えた最初の人物は、ワズィール(宰相)のアブドゥル・アルメリックであった:彼は彼自身でシェレフ・エディン(宗教の名誉)というあだ名を持っていた。

Il mourut en l'année 439.»"アラビア語文"

彼は439年に亡くなった。」(アラビア語原文)

Manuscrit arabe de la bibliothèque du Roi, no. 441, fol 194.

 王室文庫のアラビア語写本、441番、次の194。

(11) II est assez difficile de traduire à la lettre le titre de cet ouvrage: mot à mot il veut dire , Le soulèvement de la fierté , touchant la légitimité du café , c'est-à-dire, je pense, qu'après les preuves données par l'auteur, de la légitimité du café, les personnes qui en font usage, peuvent marcher la tète levée, et mépriser leurs adversaires.

 (11)この作品の題名を文字通りに翻訳することは非常に困難である:一語一語が意味する、「誇りの蜂起、コーヒーの正当性への影響」、つまり、私が思うに、コーヒーの正当性の、著者によって与えられた証明の後で、それを使用する人々は、頭を上げて歩くことと、彼らの敵対者を軽蔑することができる。

(12) J'ai substitué "アラビア語" qu'on lit dans le manuscrit , et qui est certainement une faute.

 (12)私は写本の中に読まれ、確実に間違いである「アラビア語」を置き換えた。

L'auteur du Kamous dit: "アラビア語長文"

「カモス」の著者は次のように言う:「アラビア語長文」

Dans le Sihah , on lit pareillement , dans le même sens : "アラビア語長文"

 「シハ」では、同じ意味で、併せて次のように読まれる:「アラビア語長文」

(13) Suivant Ducange ( Glossar.ad script, med. et inf. latin, tom. II , col 28 ), cahua est employé pour du vin blanc et léger dans Matthaeus Sylvaticus.

 (13)ドゥカンジェ(シャルル・ドゥ・フレスネ)の(グロッサリウム(Glossarium)写本 med. et inf. ラテン語、第二巻、28集)に続き、マテーウス・シルヴァティクスでは「カウア(cahua)」は「白くて軽いワイン」のために用いられた。

Ce médecin du xiv.e siècle a sans doute pris ce mot, comme plusieurs autres, dans les médecins arabes.

14世紀のこの医者はおそらく、アラブの医者たちのなかで、幾人かの他の人のように、この言葉を採用した。

(14) Le texte paroît ici un peu obscur. Il semble que l'auteur a dû dire : "アラビア語” car l'adjectif "アラビア語" a un double rapport de concordance avec "アラビア語" qui le précède , et avec le nom "アラビア語" , ou avec le pronom "アラビア語" remplaçant ce nom, et que l'auteur , je crois , n'auroit pas dû sous-entendre.

 (14)この文章はここでは少し曖昧に見える。著者は「アラビア語」と言うべきであったように思える:なぜなら形容詞 「アラビア語」はそれに先行する 「アラビア語」と、そして「アラビア語」の名前と、またはその名前を置き換える代名詞「アラビア語」に、二重一致の報告がある、そして著者は、私が思うに、暗示すべきではなかったように思える。

A raison de sa concordance avec "アラビア語", l'adjectif est au génitif, et est déterminé par l'article ; à raison de sa concordance avec "アラビア語", il est au singulier et au féminin. ( Voyez, sur cette double concordance, ma Grammaire arabe, tom. II, no.377 et suivans, page. 219 et suiv. )

「アラビア語」との一致の理由で、形容詞は属格であり、そして冠詞によって決定される;「アラビア語」との一致のために、それは単数形で女性形である。(この二重一致については、私のアラビア語文法、第2巻、377番以下、219ページ以降を参照。)

Au surplus, Abd-alkader a dit de même un peu plus haut : "アラビア語" au lieu de "アラビア語", ce qui eût été plus exact.

さらに、アブドゥール・アルカーディルは同じことをもう少し大声で言った:「アラビア語」の代わりに「アラビア語」、それはもっと正確であった。

Dans les mots "アラビア語", l'affixe de "アラビア語" se rapporte à "アラビア語".

 「アラビア語」の言葉では、「アラビア語」の接辞は「アラビア語」に関係する。

(15) Le passage d'Omar , fils de Faredh , cité ici par Abd-alkader , est tiré du premier vers du poème célèbre intitulé "アラビア語" où "アラビア語" ,dont je parlerai dans mes notes sur l'Extrait des Poésies d'Ebn-Faredh , qui se trouvera dans ce recueil Voici le vers entier: "アラビア語原文" c'est-à-dire , « Le vin enivrant de l'amour m'a abreuvé d'un profond sommeil , qui s'est emparé de mes paupières appesanties et ma coupe est le visage de celle dont la beauté brille d'un éclat incomparable.»

 (15)ここでアブドゥール・アルカーディルによって引用された、ファレドの息子、オマルの一節は、「アラビア語」またはこの詩全体があるこの撰集のなかに含まれるであろう、イブン・アル・ファリドの詩の抜粋に関しての私の注で私が話すであろう「アラビア語」という題名の有名な詩の最初の句から引かれている:(アラビア語原文)、すなわち、「愛に酔わせるワインは私に深い眠りを与えた、それは私の重いまぶたを奪い去り、私の杯は比類なき光彩で輝く美のその(杯の)顔である。」

Dans le second hémistiche, "アラビア語" signifie le visage , comme le dit expressément Djewhari , et le verbe "アラビア語" est au féminin , parce que "アラビア語" se rapporte logiquement à une personne de ce genre.

 二つ目の半句では、「アラビア語」はドジェワリがはっきりと言うように、「顔」を意味し、動詞「アラビア語」は女性形である、なぜなら「アラビア語」は元来この種の人に示すからである。

Dans Golius et Castell on lit "アラビア語" vultus ; mais c'est une faute , il faut lire "アラビア語": Giggeius a écrit "アラビア語".

 ゴリウスとカステルにおいて(アラビア語原語)「顔」が読まれる;しかし、それは間違いである、「アラビア語」と読まなければならない:ギッゲイウスは「アラビア語」と書いた。

Un passage de ta Vie de Tamerlan , par Ahmed , fils d'Arabschah , est propre à faire voir combien il est quelquefois nécessaire de connoltle le sens mystique attaché à certains mots par les sofis ou contemplatifs.

 アラブシャーの息子、アハメドによる、「ティムールの人生」の一節は、「スーフィー」または瞑想によって特定の言葉に付随する神秘的な意味を知ることがどれほど頻繁に必要であるかを示している。

Cet écrivain parlant d'un guerrier qui sembloit ne pas faire la moindre attention aux pierres qu'on lançoit contre lui, ni aux coups qu'on lui portoit , dit ( Vit et res gesta Tim. éd. de M. Manger, t. II, p.366) : "アラビア語原文" ; c'est-à-dire, « Il ne s'apercevoit pas même des coups de pierre qu'il recevoit , ni des Blessures que le fer lui faisoit : on l'eût pris pour un dévot adorateur de Dieu , que la mort auroit surpris au moment où il étoit absorbé et comme anéanti dans Ia considération de l'unité divine.»

この著者は、彼に向かって投げられた石にも、彼に与えられた打撃にも、ほとんど注意を払っていなかったように見えた戦士について語った、「ティムールの人生となされた事、M.マンガー版、第二巻、366ページ」で言う: (アラビア語原文); つまり、「彼は彼が受けた石の打撃にも、鉄が彼に与えた傷にも、気付きさえしなかった:彼が虜になり、神の合一の配慮の中で互いに消滅するようなその瞬間、死は驚くべきものとなり、彼は神の敬虔な崇拝者として連れて行かれた。」

M. Manger qui n'a pas entendu ce passage, a mal-à-propos imprimé "アラビア語" pour "アラビア語".

この一節を耳にしていないM.マンガーは、「アラビア語」を「アラビア語」と不適切に印刷した。

Le sens de ce texte dépend de la signification que les sofis donnent au mot "アラビア語" et que l'auteur du "アラビア語文" définit ainsi : "アラビア語文"

このテキストの意味は、スーフィーたちが「アラビア語」という単語に与える意味と「アラビア語文」の著者がこのように定義した意味によって異なる:「アラビア語文」

Pour comprendre cette définition , il faut savoir que "アラビア語", dans le langage des sofis, c'est le monde composé de tout ce qui tombe sous les sens "アラビア語原文" , et "アラビア語" , le monde caché ou insensible qui n'a de relation qu'avec les esprits et les ames ,"アラビア語原文".

この定義を理解するためには、スーフィーたちの言葉で、「アラビア語」を知っておく必要がある、それは「意味の下に横たわるすべてから成る世界である」(アラビア語原文)、そして(アラビア語)、「隠された、または霊と魂としか関係がない無感覚の世界である。」(アラビア語原文)

L'auteur de cette définition veut donc dire que, dans le style des sofis, le mot mort "アラビア語" signifie l'état de l'homme spirituel qui est étranger à l'un de ces mondes comme à l'autre, parce qu'il est absorbé dans la grandeur du créateur , et dans l'intuition de la vérité.

したがって著者がこの定義で言おうとしたことは、スーフィーたちの文体では、死という言葉(アラビア語原語)は、「霊的な人間の状態がこれらお互いの世界で異邦人であることを意味するということである、なぜなら彼は創造者の偉大さと真実の直感の虜になっているためである。」

(16) Au lieu de "アラビア語", j'avois imprimé dans la première édition "アラビア語" , mais je suis convaincu aujourd'hui que le manuscrit porte "アラビア語" : cela se joint avec les mots "アラビア語”.

 (16)「アラビア語」の代わりに、私は初版で「アラビア語」と印刷した、しかし私は今日写本に「アラビア語」があると確信している:それは「アラビア語」という単語と結びつく。

Qouiqu'on lise dans Abd-alkader Sidi Ali Wafa "アラビア語" , je ne doute pas que ce ne soit le même personnage qui , dans le "アラビア語題" de Soyouti ( man. ar. de la bibl. du Roi, no.791, fol 210 verso), est nommé Sidi Ali, fils de Wafa, de l'ordre des Schadélites "アラビア語".

 アブドゥール・アルカーディル・「シディ・アリ・ワファ」(アラビア原語)で読めば、ソヨウティの「アラビア語題」(王室文庫、アラビア語写本、第791版、次の210)にある、「シャデリテの号、ワファの息子、シディ・アリ」(アラビア語原語)と名付けられた同じ人物であることは疑いない。

Son père se nommoit Sidi Mohammed, fils de Mohammed.

彼の父は「モハメッドの息子、シディ・モハメッド」という名前である。

Sidi Ali naquit au Caire en 759 ,et mourut à la fin de 807.

シディ・アリは759年にカイロで生まれ、807年の終わりに亡くなった。

Il professoit la secte des Malékites et tient un rang distingué parmi les sofis : car Soyouti dit qu'il étoit "アラビア語" : il a composé beaucoup de poésies.

彼はマリキスム派を宣誓し、スーフィーの間で傑出した身分を保持している:なぜならソヨウティは彼が「アラビア語」であると言っているからである:彼は数多くの詩を作った。

*マリキスム派についてはここを参照できる<https://fr.wikipedia.org/wiki/Malikisme

(17) Le mot ”アラビア語" signifie , je crois , supérieur de tous les sofis, ou le plus distingué par son mérite entre tous les sofis du Hediaz.

 (17)「アラビア語」という言葉は、私が思うに、「すべてのスーフィーの卓越者」、またはヒジャーズのすべてのスーフィーの間でその長所により最も傑出したもの、を意味する。

(18) Sowaïka signifie le petit marché.

 (18)「ソワイカ」は「小さな市場」を意味する。

Il est fait mention de ce-lieu dans l'extrait que j'ai donné de l'histoire de la Mecque, dans le IV.e tome des Notices et extraits des manuscrits , p. 543.

それは私がメッカの歴史、注釈の第4巻と写本の抜粋、543ページ、で与えた抜粋のなかのその場所で言及されている。

Suivant l’auteur du Moschtarik, le mot sowaïka "アラビア語" est tantôt le diminutif de "アラビア語" marché, et tantôt celui de "アラビア語" jambe , et dans ce dernier cas il signifie un terrain désert , d'une forme alongée , qui ressemble à la jambe d'un homme "アラビア語文". Man. ar. de la bibliothèque du Roi, sans n.o

「ムシュタリク」の著者によると、「ソワイカ」 (アラビア原語)は時として (アラビア原語)「市場」の指小辞であり、そして時として (アラビア原語)「脚」の指小辞であり、後者の場合ではそれは「人の脚のように見える、伸びた形の、砂漠の土地」(アラビア語原文)を意味する。 王室文庫、アラビア語写本、番号なし。

(19) Les Turcs observent, dans le cours de l’année, sept nuits qu'ils célèbrent avec beaucoup de solennité, et qu'ils nomment "アラビア語".

 (19)トルコ人は、一年中、彼らが多くの厳粛さでもって祝う、そして彼らが「アラビア語」と名付ける、7つの夜を観察する。

Ce sont, la nuit de la naissance de Mahomet ”アラビア語" , le 12 de rébi premier; celle de sa conception "アラビア語" , le premier vendredi de redjeb ; celle de son ascension "アラビア語", le 27 du même mois ; la nuit du baraat "アラビア語", dans laquelle l'ange de la mort, et les anges gardiens qui tiennent registre des actions des hommes, déposent leurs registres et en recommencent de nouveaux, le 15 de schaban; la nuit du destin "アラビア語" où tous les êtres inanimés adorent Dieu, le 27 de ramadhan ; et enfin les deux nuits du premier de schawal et du 10 de dhou'lhiddja, nommées "アラビア語", dont l'une précède la fête appelée "アラビア語" ou cessation du jeûne, et l'autre celle des victimes "アラビア語".

これらは、「モハメッドの誕生の」(アラビア語原語)夜、最初のレビの12日目、「彼の受胎の」(アラビア語原語)夜、レッドジェブの最初の金曜日、「彼の昇天の」(アラビア原語)夜、同月の27日目のことである; 死の天使と、人々の行動を記録し、彼らの記録を綴じ入れて、シャアバーン15日*に新しく再開する保護者の天使たちがいる「バラートの」(アラビア語原語)の夜:すべての生命のない存在が神を崇拝する「運命の」(アラビア語原語)夜、ラマダンの27日; そして最後に、一方は「アラビア語」と呼ばれる前夜祭、または断食の中止、そして他方で「犠牲」(アラビア語原語)祭の、「アラビア語」と名付けられた、シャワールの最初の2日の夜とドゥリジャの10日。

* シャアバーンについて<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3>

Je ne crois pas cependant qu'il soit ici question de ces nuits, parce qu'il paroît par les expressions de l'auteur "アラビア語", que les nuits dont il parle sont consécutives et qu'elles appartiennent aux fetés du pèlerinage "アラビア語".

しかし、私はこれらの夜の問題がここで言及されているとは思わない、なぜなら、それは彼が立て続けに夜について語り、それら(夜)は「巡礼祭」(アラビア語原語)に属している、「アラビア語」という著者の表現に関することに見えるからである。

Je conjecture donc que les nuits dont il s'agit commencent à celle qui précède le 7 de dhou'Ihiddja, et finissent à la nuit du 13 au 14 du même mois.

したがって、これらの夜はドゥリジャの7日の前日の夜に始まり、同じ月の13日から14日の夜に終わると私は推測する。

Ma conjecture est fondée sur ce que les fêtes de ce mois s'ouvrent le 7, par l’annonce qu'en fait l'imam en prononçant, après la prière de midi, le discours nommé "アラビア語" , et qu'elles durent jusqu'au 13 inclusivement, jour auquel les pèlerins rentrent à la Mecque. Voyez Mouradgea d'Ohsson, Tabl. gen. de l'empire Othoman, tom. I, pag. 260; tom. II , pag. 27 et suiv.

私の推測は、「アラビア語」と名付けられた演説と、正午の祈りの後に、イマームによってなされた発表によって、この月の祭りが7日に開かれること、そして、巡礼者がメッカに戻る日、13日の終わりまでそれらの夜が続くことに基づいている。(ムラジャ・ドーソン「オスマン帝国全覧」第一巻、260ページ、第二巻27ページ以下参照)

Je regarde "アラビア語" comme le pluriel de "アラビア語" : c'est ainsi que "アラビア語" , font au pluriel "アラビア語".

 私は、「アラビア語」を「アラビア語」の複数形として見る:これが「アラビア語」、複数形にすると「アラビア語」である。

Si ce mot signifioit huit, comme je l'avois d'abord pensé , on auroit dû écrire "アラビア語".

もしこの単語が「8」を意味するならば、私が最初に考えたように、「アラビア語」と書かれるべきだった。

II est vrai que le manuscrit d'où ce morceau est tiré , n'est pas toujours très-exact ; mais on peut encore ajouter , pour confirmer le sens que je donne au mot "アラビア語" , qu'il seroit surprenant qu'en parlant de nuits consacrées à des exercices de dévotion, l'auteur n'eût pas ajouté quelque épithète , comme saintes, bénies , vénérables.

この作品が引用された写本が必ずしも正確であるとは限らない; しかし、著者が「聖なる」、「祝福する」、「尊ぶべき」のような、いくつかの形容語句を加えなかったならば、帰依の実践に捧げられた夜の話をすることは、驚くべきことであると、「アラビア語」という単語に与えた意味を確認するために、付け加えることができるかもしれない。

(20) On voit par ce qui est dit plus loin (pag. 433 ) qu'en l'année 917, le schérif de la Mecque étoit Bérécat, fils de Mohammed.

 (20)917年には、メッカのシャイフは、モハメッドの息子ベレカットであったということが、後に述べられていること(433ページ)からわかる。

Abou-Némi dont il est question ici , étoit sans doute le fils de ce Bérécat.

ここで問題にしているアブ・ネミが、ベレカットの息子であることは間違いない。

Il est fait mention dans les Annales d'Abou'lféda , sous l'année 702, d'un schérif de la Mecque nommé Abou-Némi Mohammed , dont les enfans après lui se disputèrent le gouvernement de la Mecque.

それはアブ・アル=フィダの年鑑で言及されている、702年に、「アブ・ネミ・モハメッド」と名付けられたメッカのシャイフに、彼の後の子供たちがメッカの政府に論争を挑んだことに。

Je ne sais si ceux dont parle Abd-alkader , sont les descendans de celui-là. Voyez Abou'lféda , Annal. Moslem. tom. V ,pag. 181.

アブドゥール・アルカーディルによって言及されたのが、その子孫であるかどうか私は知らない。(アブ・アル=フィダ「モスレム年鑑」第五巻、181ページ参照)。

Je trouve dans le "アラビア語" de Makrizi ( man. ar. de la bibl. du Roi , n.o 672 et 673 ), de l'an 740 à 760 de l'hégire, de très-fréquentes mentions d'un schérif de la Mecque nommé Adjlan "アラビア語".

 私はアル=マクリーズィーの「アラビア語」(王室文庫、アラビア語写本、672番と673番)のなかに、ヒジュラ740年から760年まで、「アドジラン」「アラビア語」と名付けられたメッカのシャイフの言及を頻繁に見つける。

Je crois que c'est le personnage du nom d’Adjlan dont il est ici question; il peut y avoir quelques degrés omis ici dans la généalogie de Bérécat , entre lui et Adjlan.

私はここで問題となっているのは、「アドジラン」の名前の人物だと思う; 彼とアドジランの間で、ベレカットの家系でここである程度省略されたことがあるかもしれない。

(21) On lit dans le manuscrit: "アラビア語" Les lettres de ces mots donnent pour valeur 1003; ce qu'on ne peut admettre, Abd-alkader ayant écrit en 996.

 (21)この写本に読まれる:「アラビア語」これらの単語の文字は1003の値を与える; これを認めることはできないと、アブドゥール・アルカーディルは996年に書いている。

Au lieu de "アラビア語" , il faut, sans aucun doute , lire "アラビア語" , ce qui ne change rien au sens , et alors les lettres de ce chronogramme donnent l'année 963.

「アラビア語」の代わりに、必ず、「アラビア語」と読む必要がある、意味を何も変えないこと、そしてそのためこのクロノグラムの文字は963年を与える。

Il est donc à-peu-près certain que l'auteur avoit écrit "アラビア語の文" en l'année 963, et que le copiste a omis le mot "アラビア語" trois.

したがって、著者が「963年に」 (アラビア語原文)と書いたこと、そして代書屋が 「アラビア語」の「3」を省略したことはほとんど確実である。

Je n'ai point hésité à imprimer ”アラビア語".

私は「アラビア語」を印刷することに躊躇しなかった。

Ce qu'on appelle "アラビア語" ou "アラビア語", c'est la notation des valeurs numériques par les lettres de l'alphabet, à la manière des Hébreux. Voyez M. Lumsden, a Grammar of the persian language, tom. I, pag. 37.

 「アラビア語」または「アラビア語」と呼ばれるものは、ヘブライ語のような、アルファベットの文字による数値の表記法である。 (M.ランスデン「ペルシャ語の文法」、第一巻、37ページ参照)

(3)に続く。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事