カフェ ランバン:コロンビア マジョルカ農園

今回はカフェ ランバンのコロンビア マジョルカ農園の紹介です。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

カフェ ランバンのコロンビア マジョルカ農園

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。首都はボゴタです。コロンビアを南北にアンデス山脈が縦断し、山岳地帯の面積が大きいです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビアコーヒーは、世界で一番品質がよいとされています。コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2 期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

標高の高いところは栄養価が高く、水はけが良い火山灰の土壌です。火山灰の土壌は良質なコーヒー生産にとって最適の土壌です。火山灰の土壌は植物が根を張りやすいため、育ちやすいです。また保湿力が高いため、雨の少ない乾季にも植物に十分な栄養を与え続けることが出来ます。また火山灰に多く含まれる硫黄が、コーヒー豆に豊かな香りを与えます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の 雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。マジョルカ農園のあるカウカ谷州はコロンビアの南部に当たります。南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1 期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

マジョルカ農園(Hacienda Mallorca)はアンデス山脈の西側、コロンビア最西端のカウカ谷(Valle Del Cauca)カイセドニア(Caicedonia)にあります。マジョルカ農園は水と緑が豊かな広大なナトゥラル・ファラリョネス・デ ・カリ国立公園(El Parque Nacional Natural Farallones de Cali)の北部の地区に位置しています。標高は1,600mで、気候は昼夜の寒暖差が激しく、豆が膨らんだり縮んだりを繰り返すことで、糖分を含んだコーヒー豆が生まれます。スペシャルティコーヒーの生産に最適な環境です。この農園は2006年にレインフォレストアライアンス(Rainforest Alliance)に認証され、18ある自然の泉は保全林によって保護されています。農場内および生産工程で使用される水はすべて、濾過され、自然環境に戻される前に処理されます。

マジョルカ農園の初収穫は1932年と歴史ある農園です。現在の農園主サンティアゴ・ロンドーノ(Santiago Londono)の4世代前の曽祖父が農園を始めたとき、栽培されて品種はティピカでした。ティピカは最初にコロンビアにやってきて栽培されたアラビカ種です。次にブルボン、その後に生産量の多いカトゥーラに取って変わります。そして 近年では、さび病への強さから、最近開発されたカスティージョがコロンビアの多くの地域で栽培されています。

マジョルカ農園の現在の農園面積は51ヘクタールで、カツーラ50%、ゲイシャ30%、イエローブルボン20%の三品種を栽培しています。

収穫は手摘みで行われます。収穫期には約50人のピッカーを雇い、内15人が女性、35人が男性です。マジョルカ農園では地元の女性を積極的に起用しています。女性は主に収穫とマイクロロットの選別の役割を担っています。

7年ほど前から精製工程の違いに興味を持つようになり、ウォッシュト、セミウォッシュト、ナチュラルを作るようになりました。主に生産されるのはウォッシュトで、コロンビアでは珍しくセミウォッシュト(ハニー)でも、コーヒーが生産されます。

コロンビア マジョルカ農園はゲイシャ50%、イエローブルボン50%でブレンドされています。ゲイシャは1936年にエチオピアのゲシャ地方で発見されたエチオピア起原の野生種です。ゲイシャは、最も希少で高価な最高品質のコーヒーとして有名です。また、イエローブルボンはブルボンの一種で、その名の通り黄色味がかった豆で、通常のブルボンよりも甘味が強いのが特徴です。ナチュラル(湿式)で精製されるため、味わいがよりきれいになっていますが、ゲイシャの個性的なフレーバーは控えめになっています。

コロンビア マジョルカ農園は、香味がぼやけないように、ゲイシャとイエローブルボンのコーヒーチェリーを品種別に乾燥させて、ドライミリング(脱穀)の直前でブレンドして仕上げたロットです。

味の特徴はゲイシャの花や香水のようなフレーバーが印象的ですが、ナチュラルで精製されているため、それほど強く主張しません。控えめのゲイシャフレーバーの中に、 イエローブルボンのまろやかで果実のような甘味とナッツのようなコクが感じられます。口当たりは非常に滑らかです。ゲイシャとイエローブルボンがブレンドされることにより、他のコーヒー豆にはない独特の味わいが生み出されています。

コロンビア最西端にあるマジョルカ農園、このロットは最高級品種のゲイシャが50%、希少な品種イエローブルボンが50%でブレンドでされた贅沢なロットです。滑らかな口当たりで完熟した果実の甘さが特徴です。『カフェ ランバンホームページより』

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができます。コロンビア マジョルカ農園は浅煎り(ライトロースト)と中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)の2つから選択できます。

スポンサーリンク

焙煎

焙煎:ライトロースト(8段階中1番目)

最も浅煎りです。ライトローストでは香りもコクも引き出すことができないので、ライトローストのコーヒーはほぼ存在しません。

カフェ ランバンでは浅煎りでも、充分に香りが引き出されています。その他の酸味、苦味、甘味、コクなどがないため、香りの印象がダイレクトに伝わっています。

通常はコーヒーを粉の状態で買うと、酸化が速くなるのでオススメできませんが、カフェ ランバンの浅煎りはお店で挽いてもらった粉の状態で買うことをオススメします。2週間程度は酸化せずに鮮度が持ちます。

欠点豆がなく、きれいな豆です。ライトローストなので、豆の色が薄いです。

スポンサーリンク

花や香水のようなゲイシャフレーバーが存分に味わえます。苦味、コクはなく、口当たりが非常に滑らかで、紅茶のような印象です。

スポンサーリンク

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

欠点豆がなく、きれいな豆です。

ミディアムローストもゲイシャフレーバーの印象が強いです。ライトローストよりも、イエローブルボンの果実のような甘味が引き立ち、酸味と甘味のバランスが良いです。

焙煎

焙煎:フレンチロースト(8段階中7番目)

フランス式の極深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です。カフェオレやウィンナーコーヒー・エスプレッソなどに向いています。 
酸味はほとんどなく苦味が強く感じられます。苦味、コクに加えて厚みが出てきます。コーヒー豆の色はほ黒に近いこげ茶で、油が滲みます。エスプレッソやクリームを加えて飲むフランスやイタリアのコーヒー向きの焙煎です。

欠点豆がなく、きれいな豆です。

 

こちらはお店で挽いてもらった状態です。

ゲイシャのフレーバーとイエローブルボンの果実のような甘味のバランスが良いです。深煎りなので酸味が少なく、苦味が強めです。

総合評価

エスメラルダ農園のゲイシャよりはゲイシャフレーバーの印象は控えめですが、果実のような甘味と酸味がより強く出ています。バランスが良く、非常にクオリティの高い豆だと思います。このクオリティの豆のなかでは、非常にお買い得な値段となっています。

浅煎りに近い焙煎ほどフレーバーの印象が強くなり、深煎りに近い焙煎ほどバランスが良く、飲みやすくなります。

フレーバーを楽しみたい方は浅煎りがオススメです。普通のコーヒーを楽しみたい方は、深煎りがオススメです。

コーヒー豆の品質も焙煎も素晴らしいので、最高品質のコーヒーを味わえます。

注文はこちらから。

*情報は投稿時のものです。在庫はホームページからご確認ください。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事