丘の上珈琲(珈琲考房):インドネシア マンデリン ポルン・アルフィナー

丘の上珈琲(珈琲考房)のインドネシア マンデリン ポルン・アルフィナーです。丘の上珈琲は北海道夕張郡にある自家焙煎珈琲店です。

インドネシア スマトラ島 マンデリン ポルン・アルフィナー

スポンサーリンク

インドネシア

インドネシア(Indonesia)は複数の島にまたがる東南アジアの島国です( 画像2枚目の太い線で囲まれている場所です)。首都はジャワ島に位置するジャカルタです。インドネシアは世界第4位のコーヒー生産量を誇る世界有数のコーヒー大国です。

インドネシアのコーヒーの歴史は、17世紀にオランダ東インド会社(オランダ語:Verenigde Oost-Indische Compagnie(VOC))がアラビカ種をジャワ島に持ち込んだことにより始まりました。しかし、現在栽培されている品種はそのほとんどがロブスタ種です。これは19世紀後半にコーヒー栽培の大敵であるコーヒーさび病菌が流行し、従来のアラビカ種を栽培していた農園が壊滅的な被害を受けたため、病害に強いロブスタ種に切り換えられたためです。

インドネシアのロブスタ種は、コーヒー生産量の約90%を占め、アラビカ種は約10%ほどの生産量です。

インドネシアのアラビカ種の有名ブランドとして、スマトラ島の「マンデリン(Mandheling)」、「ガヨ・マウンテン(Gayo Mountain)」、スラウェシ島の「トラジャ(Toraja)」が挙げられます。

マンデリン

マンデリンは、インドネシアのスマトラ島の北スマトラ州とアチェ州で生産されるアラビカ種のコーヒーです。

13) マンデリン : インドネシアの北スマトラ州及びアチェ州(タケンゴン周辺のガヨマウンテン生
産地区を除く)にて生産されたアラビカコーヒー豆をいう。

(別表2) 産地、品種、銘柄の区分及び範囲の例示、「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約(平成30年6月更新)

「マンデリン(Mandheling)」は、スマトラ島のバタック族の一氏族である「マンダイリン(Mandailing)族」から取られた名前です。

マンデリンは地域によってそれぞれブランドが確立されています。インドネシア マンデリン ポルン・アルフィナーは、北スマトラ州のリントン、ドロッサングルー(Dolok Sanggul)、ポルン(Pollung)で生産されたマンデリンです。

スポンサーリンク

マンデリン ポルン・アルフィナー

アルフィナー ・ルンバンガオル氏、WATARU ホームページより

インドネシア マンデリン ポルン・アルフィナー(Indonesia Mandheling Pollung Alfiner)は、北スマトラ州ポルン地区の約250人の小農家によって生産されるマンデリンです。代表であるアルフィナー ・ルンバンガオル氏が生産農家を1軒1軒回り、高品質のコーヒーチェリーを厳選して買い付けるために、他の地域で生産されたコーヒーチェリーと混ざることなく、安定して高品質な豆を供給することができます。また、農家のコーヒー生産の品質向上にも力を入れています。

スマトラ島は、インドネシア最大のアラビカ種コーヒー生産地です。インドネシア マンデリン ポルン・アルフィナーが生産されるポルン地区は北スマトラ州の中央に位置する世界最大のカルデラ湖であるトバ湖の南西部、標高は1,400-1,500mの高地に位置します。北スマトラ州は降雨量の多い高温多湿で、雨季と乾季がはっきりしない気候です。

ポルン地区があるリントンでは、土壌やコーヒーノキを守るためにシェードツリーを植えることは一般的ではありませんが、アルフィナー氏は、カカオやバナナの木など、シェードツリーが植えられたコーヒー農園が数多く存在しているアチェ地区(Aceh)を参考にして、ギンネム(またはギンゴウカン)をシェードツリーに利用しています。シェードツリーを植えると収穫面積が狭まったり、収穫器具の搬入も困難になるため、手摘みで収穫しなければなりませんが、シェードツリーのつくる日陰がコーヒーノキを日焼けから守り、土壌、生育環境を安定的に保全することができます。

またアルフィナー氏は、ポルン地区のコーヒー生産の品質向上のために、高い糖度のコーヒーチェリーから苗木を作り、約50軒の農家に配るプロジェクトを始めました。この苗木の中にはブルボンやティピカ種などもあり、これら新たな品種が実験的に栽培され始めています。

品種

コーヒー畑、WATARU ホームページより

品種は東ティモール由来のティムティム(TimTim)、アテン(Ateng)です。

アテンはスマトラ島アチェ地区で栽培されている品種で、もともとはティムティムと思われていましたが、後にカチモール(カティモール、Catimor)系統の品種であると判明しました。

インドネシアの品種については、旦部幸博氏の百珈苑BLOG「インドネシアコーヒーの歴史と品種」、「インドネシア・ハイブリッドの誕生」、「他産地からの移入種」などを参照できます。

精製方法

乾燥の様子、WATARU ホームページより

スマトラ島では湿度が非常に高く、ドライ・ミル(パーチメントの脱穀と生豆の選別の工程)を行うことが困難だったため、「スマトラ式(Giling Basah(ギリン・バサ)、湿式脱穀(Wet Hulling(ウェット・ハル)とも呼ばれる)」と呼ばれる独特の精製方法を用いて精製されます。

このスマトラ式と他の精製方法との大きな違いは、乾燥工程を2度に分け、含水量が極端に高い状態で脱穀することにあります。「スマトラ式」は、生産した農園でルワク(Luwak)と呼ばれる機械で外皮を除去し、ムシレージ(Mucilage、一般的にはミューシレージとも)を残した状態で途中まで乾かしたコーヒーチェリーを、取引業者が集荷して、まとめて脱穀と仕上げの乾燥を行います。スマトラ島に特殊な気象条件と精製方法が相まって、酸味が消え、コクが深く、独特な風味と味わいを有する、スマトラ特有の深緑色を示すコーヒ豆が生まれます。

味の構成、丘の上珈琲ホームページより

アーシー(大地の香り)な風味、ハーブのような清涼感、マスカットやオレンジのような爽やかな味わい、長く続く余韻が特徴です。特にスマトラ・マンデリンが持つアーシーな風味は、際立った個性であるとともに、好き嫌いをはっきり分けます。

スポンサーリンク

丘の上珈琲(珈琲考房)のインドネシア マンデリン ポルン・アルフィナー

心地よいアーシーな風味を醸し出す最高級のリントン・マンデリン

マンデリン特有のエグい酸味を抑え、他にはない独特で心地よいアーシーな香りと苦味を楽しめるように焙煎しました。

最高級グレードのマンデリンであると自信を持ってご提供させていただきます。

丘の上珈琲ホームページより

焙煎

丘の上珈琲は、コーヒー豆を中煎りで焙煎しています。取り扱いの豆はすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれの豆の特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

焙煎の深さ、丘の上珈琲 ホームページより

インドネシア マンデリンは、丘の上珈琲が取り扱うコーヒーのなかでは最も苦味が強いです。

挽き目の細かさ、インドネシア マンデリンは中粗挽き

抽出

「【丘の上珈琲】コーヒー淹れ方講座」,丘の上珈琲 2017年10月12日.

高品質のインドネシア マンデリン特有のアーシーなフレーバー、ハーブーのような清涼感のあるフレーバーが印象的です。バターのような滑らかな口当たりがあります。余韻が長く続きます。

<参考>

「インドネシア マンデリン ポルン アルフィナー」SPECIALTY COFFEE WATARU ONLINE SHOP,<https://www.specialty-coffee.jp/products/detail/336>2019年5月4日アクセス.

旦部幸博「マンデリン:北スマトラのコーヒーの歴史」,百珈苑BLOG,2010年8月9日エントリー<https://coffee-tambe.hatenadiary.org/entry/20100809/1281326017>2019年8月9日アクセス.





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事