加藤珈琲店:世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドル

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドルです。

加藤珈琲店は、愛知県名古屋市に本社を置く大手コーヒー店です。

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドル

スポンサーリンク

テヘメット株式会社(Tejemet SA de CV)とカフェ・タクパル(Café Tuxpal)

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドルは、エルサルバドルのテヘメット株式会社(Tejemet SA de CV)によって生産された、テヘメット株式会社のスペシャルティコーヒーのブランドであるカフェ・タクパル(Café Tuxpal)のロットです。

テヘメット株式会社は、パーカス家(Pacas Family)が経営する家族経営の企業です。パーカス家は、19世紀にホセ・ローサ・パーカス(José Rosa Pacas)がアパネカ=イラマテペク(Apaneca-Ilamatepec)山脈に最初の農園を購入し、ブルボンのコーヒーノキを植えて以来、現在第6世代がコーヒー生産に携わっています。

パーカス家は、コーヒーの品種であるパーカス(Pacas)を発見したことで知られています。フェルナンド・アルベルト・パーカス・フィゲロア(Fernando Alberto Pacas Figueroa)は、自らのサン・ラファエル農園(Finca San Rafael)で、ブルボンのコーヒーノキの間に通常と違う低木が生えていることに気付きました(発見年は、ワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)(World Coffee Research)によると1949年、カフェ・タクパルによると1958年)。 友人と相談し、フロリダ大学での調査の結果、これがブルボンのコーヒーノキからの突然変異であり、新しい品種であることが判明しました。

このパーカスとマラゴジッペ(Maragogype)との交配により、パカマラ(Pacamara)が誕生したことはよく知られています。

サン・ラファエル農園は、1927年にペトローナ・パラシオス・デ・ディアス(Petrona Palacios de Diaz)が購入し、1950年に娘のペトローナ・ディアス・デ・パーカス(Petrona Diaz de Pacas)に受け継がれました。彼女がコーヒー生産から引退することを決めた後、3人の息子に農園を分割されました。1989年にフェデリコ・パーカス・ディアス(Federico Pacas Diaz)が、サンタ・ペトローナ農園(Finca Santa Petrona)を受け継ぎ、1993年にテヘメット株式会社(Tejemet SA de CV)を創業しました。1999年に最初のウェット・ミルを導入、2001年にカフェ・タクパル(Café Tuxpal)が誕生、2006年にドライ・ミルを導入、2012年にテヘメット株式会社はスペシャルティコーヒーの輸出業者として登録されました。

品種

品種はブルボン(Bourbon)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドル

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー エルサルバドル

エルサルバドルは中米で最も狭い国であり、そのなかに20以上の火山を有し「火の国」と称されます。栽培地は標高が高く肥沃な火山性土壌で、昼夜の寒暖差とシェードツリーによってコーヒーはゆっくりと成長し、糖度の高いチェリーが生み出されます。主な産地にソンソナテ、チャラテナンゴ、サンタアナがありアラビカ種に特化した栽培が行われています。またエルサルバドル国立コーヒー研究所により品種改良や精選技術の研究が盛んに行われています。 豊かに広がる極上の香り、甘味とコク、バランスのとれた酸味、素敵な風味のコーヒーです。
香り:★★★★
コク:★★☆☆
甘味:★★★☆
苦味:★☆☆☆
酸味:★★☆☆
焙煎:中煎り(シティ)

加藤珈琲店
スポンサーリンク

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー

Qアラビカ証明書

世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー ペルーは、Qグレードのスペシャルティコーヒーです。

Qコーヒーは、アメリカスペシャルティコーヒー協会SCAAの基準で、味覚評価80点以上の高品質のコーヒーです。
CQIが認定した3人のQグレーダーによって厳しく品質の味がチェックされています。
そして、合格した珈琲豆がコーヒー生産国から、日本へ輸出されます。
消費者の皆様はQグレードのコーヒーは、第三者による認証を受けていることから信頼と安心、間違いない風味のよいコーヒーを得ることができます。

加藤珈琲店

Qグレードのコーヒーとは、カッピングの資格を持つQグレーダーが、甘さ、酸味、質感、風味、後味、バランスなどの各カッピング項目に基づき、コーヒー豆を複合的に評価し、合計で80点以上で評価した豆のことです。

世界の珈琲鑑定士が認めた高品質コーヒーの称号です。

Qグレード(Q-Grade)とは高い品質をもつコーヒーに与えられる称号で、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットにQの称号が与えられます。SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の関連団体であるCQI(Coffee Quality Institute)の認証です。世界規格認定のスペシャルティコーヒーなのです。

加藤珈琲店

Qグレーダーとは、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)(Specialty Coffee Association of America)(現スペシャルティコーヒー協会(SCA))が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができると、コーヒー品質協会(CQI)(Coffee Quality Institute)、場合によってはアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)とコーヒー品質協会(CQI)の両方が認定した技能者のことです。

日本においても、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)(Specialty Coffee Association of Japan)が試験を行っており、Qグレーダーの資格を取得することができます。

評価方法は、コーヒー生産者またはその代理者が、コーヒー品質協会の協力機関(ICP)(In-Country Partner)に生豆サンプルを送ります。生豆サンプルを受け取った協力機関が、3人のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を委嘱します。選ばれたQグレーダー3人が、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)方式のコーヒー評価法に基づいて、当該生豆サンプルを評価します。80点以上の評価を受けることができれば、その生豆はQグレードを名乗ることができます。

このロットの協力機関(ICP)は、エルサルバドルコーヒー評議会(CSC)(英語:Salvadoran Coffee Council、スペイン語:Consejo Salvadoreño Del Café)です。

チョコレートのようなボディと甘さ、すっきりとした柔らかい味わいが印象的です。バランスの取れた飲みやすいコーヒーです。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事