ニューカレドニアのコーヒーの歴史(4):コーヒーさび病菌の流行とロブスタ種の導入

(3)の続き。

コーヒーさび病菌、Wikipediaより
スポンサーリンク

コーヒーさび病菌の流行

フェイエの理想の実現を何度も阻んだ危機から回復したばかりのニューカレドニアのコーヒー栽培は、その時栽培されていたアラビカ種にとって宿命的な危機に再び直面することになった。それはヘミレイア・ヴァスタトリクス(Hemileia Vastatrix)というコーヒーさび病菌の流行である。

さび病の代表的な一種として知られるコーヒーさび病菌は、オレンジ色をした粉状の胞子が葉に広がり、光合成を阻害してしまう。次第に大きくなり葉全体に広がると、葉は落ち木は枯れてしまう。カフェ・オンブラージュ (木陰栽培のコーヒー)ような湿気の多い環境ではより広まりやすいと言われるが、本当の原因は単一栽培にあると言われている。

コーヒーはそのほとんどが赤道近くの熱帯性の気候の環境、温暖で肥沃で生態系豊かな楽園のような場所で栽培される(北緯25度から南緯25度のいわゆるコーヒーベルト)。この地帯は生存競争が極めて激しく、植物は休息のための冬がない。コーヒーノキが病害虫から身を守るために生み出したものが、カフェインやコカインといった向精神作用のあるアルカロイド系の薬物である。コーヒーノキは熱帯性の気候にも耐えられるほどに丈夫な植物であるが、特定の植物を人為的に単一栽培することにより、生態系が崩壊しやすくなる。

植民地支配の拡大と並行したコーヒー栽培の世界的な拡大を追いかけるように、コーヒーさび病菌もまた拡大していった。ちなみにコーヒーさび病菌の拡大に先行した病気がアイルランドにジャガイモ飢饉を引き起こしたジャガイモ疫病で、1880年から1882年にセイロン(Ceylon、現在のスリランカ)でコーヒーさび病菌の研究をしたイギリスの植物学者マーシャル・ウォード(Harry Marshall Ward)は(ヘミレイア・ヴァスタトリクスはこの人物が命名した学名である)、ジャガイモ疫病の研究をしたドイツの植物学者アントン・ド・バリー (Heinrich Anton de Bary,1831-1888)に学んでいる。

1867-8年に、コーヒーさび病菌はセイロンで大流行し、コーヒー農園を壊滅させた。その後セイロンではトーマス・リプトン(Sir Thomas Johnstone Lipton 1st Baronet,1848-1931) が紅茶の栽培に乗り出し、現在は紅茶の生産地として有名となっている。

また、コーヒーさび病菌は1876年にはインドネシアのジャワ(Jawa)、スマトラ(Sumatera)に到達、インドネシアでは1908年ごろに大流行した。

ニューカレドニアで公式に確認されたのは、1911年のポンエリウーアン(Ponérihouen)だった。しかし実際は、これよりも早い時期、1908年にカナラ(Canala)で、1909年にティオ(Thio)でこの病気が報告されている。ともにニューカレドニアの東海岸の地方である。コーヒーさび病菌がどのような経緯で持ち込まれたかは定かではないが、ニューカレドニアで行われていた木陰栽培では湿気が多くなるため繁殖しやすかったはずだ。

コーヒーさび病菌はポンエリウーアンで確認される前年の1910年に、ヘブリディーズ諸島のコーヒー農園に回復不可能なほど深刻なダメージを与えていた。すでにその時点で、それがグラン・テール島に持ち込まれれば、コーヒー生産に壊滅的な影響を与えるだろうことを誰もが予感していた。

実際、数年のうちに、何もその侵入を阻止することができずに、コーヒーさび病菌は島全体に拡大していった。それはコーヒーノキを容赦なく破壊した。 1910年に約500トンあったコーヒー生産は、1915年にはフェイエ以前の数字、200トンにまで生産量が減少するまでになった。

スポンサーリンク

ロブスタの導入

ニューカレドニアで栽培されていたアラビカは、他国と同様に、コーヒーさび病菌に抵抗することができなかった。ニューカレドニアはこの対策のために、他国の例に倣って、赤道付近の雨の多いアフリカの熱帯地方の品種を導入することにした。コーヒーさび病菌に完全耐性を持つロブスタ種(Robust)である。

ロブスタ種の語源は「丈夫な、頑丈な」という意味の「ロバスト(robusut)」で、ロブスタ種は病害虫に強いだけでなく、標高0m〜1,000mのどこでも育つため、栽培しやすい品種でもある。

ロブスタ種は1898年ベルギーのジャンブルー農業研究所(現ジャンブルー農学部(Gembloux Agro-Bio Tech))の植物学者エミール・ローラン(Emile Laurent ,1861-1904)がアフリカのコンゴ(Congo, Kongo)発見したものである。彼は彼の弟子であるエミール・デ・ウィルデマン(Emile De Wildeman)と園芸会社に配り、エミール・デ・ウィルデマンは「ローレンティイ種(C. laurentii)」、園芸会社に依頼されたベルギーの植物学者ルシアン・リンデは「ロブスタ種(C. robusta)」と名付ける。(1897年にすでにガボンで発見されていた「カネフォーラ種(C. canephora )」と同種だったため、正式名称は「カネフォーラ種」だが、一般的には「ロブスタ種」で通っている。

実はそれ以前の1862年に、ヨーロッパの探検家リチャード・バートン(Sir Richard Francis Burton,1821-1890)とジョン・スピーク(John Hanning Speke,1827-1864)がタンザニア(Tanzania)の北西部ブコバ(Bukoba)の原住民族の間でこのコーヒーが使用されていることを報告しているが、当時はこの苦くて味の悪い品種に換金作物としての価値があるとは誰一人考えなかった。

しかしロブスタ種が発見されたこの時期は、東インド諸島のアラビカ種が全滅の危機に瀕していた。この品種がコーヒーさび病菌に完全耐性を持つことがわかったため、東インド諸島をはじめ、この病気が流行していたコーヒー生産各国に広まることになったのである。

ニューカレドニアにおいては、フランスのアグロノミー・トロピカル庭園(Le jardin colonial de Nogent)からクイルー(Kouilou)という品種が送られた。アグロノミー・トロピカル庭園はフランス植民地での農業生産の増強のために1899年に設立された農業試験園で、ヴァンセンヌの森に位置している。ここでは、コーヒー、バナナ、ゴムの木、ココア、バニラなどの熱帯性の植物が研究されており、クイルーという聞き馴れない品種はアフリカのコートジボワール(Côte d'Ivoire)、マダガスカル(Madagascar)、トーゴ(Togo)で栽培されていたロブスタ種の品種で、ガボン(Gabon)を起源とする野生種である。ここからクイルー・ニアウリ(Kouilou Niaouli)という品種がフランス植民地時代に農学者によって開発される。

一方で農林省はジャワのボイテンゾルグ植物園(Le jardin botanique de Bogor、現在のボゴール植物園)からロブスタ種を取り寄せていた。この植物園はオランダ植民地政府によって設立され、ジャワやその他の地域にあった植物を集めて、あらゆる目的に利用できるように研究していた。1880年にはメルヒオール・トロープ(Melchior Treub,1851-1910)が園長となり、コーヒーさび病菌に対する対処も研究されていた。

クイルーとロブスタ種は1911年6月22日に500 kgニューカレドニアに導入された。ニューカレドニアのコーヒーの再生に大きく貢献したのはジャワから導入されたロブスタ種だった(1)。

ジャワから導入されたロブスタ種は、アラビカ種とルロワ(Le Roy、ブルボンポワントゥ)がかつて植えられていた場所に新しく植えられた。特に東海岸はロブスタ種で埋め尽くされることとなった。コーヒーさび病菌が最初に確認された東海岸は、海からより湿った風の影響を受けるため、より被害が深刻だった。

アラビカ種は雨の少ない海岸の渓谷にわずかに生き残ったが、ルロワは完全に絶滅した(2)。アラビカ種はより乾燥した西海岸で抵抗性を示し、この地域はコーヒーさび病菌の拡大が緩やかだったため、そこで耐病性を獲得することになる。

ロブスタの導入はニューカレドニアのコーヒー栽培を救い、コーヒー生産量は増加した。1919年には、コーヒーの輸出は600トン近くまで増加した。これから20年間はニューカレドニアのコーヒー生産の「黄金期」と呼べる時代がやってきたのだった。

(5)に続く。

スポンサーリンク

(1)1924年にニューカレドニアではコーヒーベリーボーラー(Coffee Berry Borer)による被害が確認されている。このコーヒーベリーボーラーはクイルーとロブスタ種がニューカレドニアが導入されたときに持ち込まれたものであると言われている。

(2)ルロワは当初ヘミレイア・ヴァスタトリクス(コーヒーさび病菌)に大きな抵抗性を示したとの記録もある

"Quant à la Rouille {Hemileia), elle sévit sur les Coffea arabica de Nouvelle-Calédonie depuis 1910. Toutefois d'après M. Ch. Jacques, une variété, le Caféier Leroy montre depuis des années une grande résistance à la maladie." Aug. Chevalier(1931)「La culture du Caféier en Nouvelle-Calédonie.

旦部幸博氏によると、純粋なブルボンには「SH2」というさび病抵抗性に関わる遺伝子は一応存在している(ティピカには存在しない)が、単独だと十分な耐性は示さない。さび病耐性に関する初期の文献は、評価法などがあまり統一されていなかったり、一般農家の感想レベルの内容が入っていることがあるようである(この内容のツイートはこちらから)。

メモ

フランス植民地下のトンキン(ベトナム北部)のフーウー(Phu-Ho)にはコーヒーの試験所があったようで、コートジボワールの小インデニエのYグループ・エクセルサ(le groupe de Y Excelsa)、クイルー・ニアウリ(le Niaouli du Dahomey、フランス領ダホメのニアウリ)などの品種などがあったらしい(クイルー・ニアウリが「フランス領ダホメのニアウリ」と呼ばれるのは、1904年にニアウリ植物園フランス領ダホメに設立されたためである)。フーウーのあるフート省はコーヒーや茶の歴史を考える上でも重要なようである(参考)。

「5万ヘクタールの茶とコーヒーの栽培は、1926年から1931年の間にフランスの耕作者よって放棄された。 耕作地の面積は2.950 ヘクタールで安定した。」André Guinard, “La culture du thé en Indochine” (1953), cited by Brocheux, , Une histoire économique du Viet Nam, 86

また、"La Revue Agricole de Noumea(1930年3月)"で"Café Herlin"という品種が報告されている。ニューカレドニア南部州ブーライユ(Boureil)近くで発見されたアラビカ種で、広い葉と細長く2倍近い果実の大きさを持ち、高収量で高品質な品種であったらしい。この説明はマラゴジぺ(Maragogipe)の何らかのタイプに見られるもので、ブラジルのアラビカ種の栽培地にも現れているかもしれないということを示唆している。

"A Review of Literature of Coffee Research in Indonesia"にも、この"Café Herlin"に関する記載がある。

<参考>

Aug. Chevalier(1931)「La culture du Caféier en Nouvelle-Calédonie.」,『Journal d'agriculture traditionnelle et de botanique appliquée』, pp. 174-176

Alain Saussol(1967)「Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisation」,『Les Cahiers d'Outre-Mer』,pp. 275-305.

Isabelle Leblic(2007)「Café, développement et autochtonie en nouvellecadédonie」,Études rurales.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事