丘の上珈琲(珈琲考房):グアテマラ アンティグア ラ・フォリー

丘の上珈琲(珈琲考房) グアテマラ アンティグア ラ・フォリーです。

丘の上珈琲(珈琲考房)は、北海道夕張郡にある自家焙煎珈琲店です。

丘の上珈琲

グアテマラ アンティグア ラ・フォリー

スポンサーリンク

ラ・フォリー農園

ラ・フォリー農園 出典:WATARU

ラ・フォリー農園(Finca La Folie)は、グアテマラ(Guatemala)サカテペケス県(Sacatepéquez Department)ホコテナンゴ(Jocotenango)フェリペ・デ・ヘスス村(San Felipe de Jesus)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)に区分されます。

農園主はペニー・マテウ(Penny Matheu)氏です。ラ・フォリー農園は、マテウ家の土地と近隣のフィラデルフィア農園(Finca Filadelfia)の土地が分割されて誕生した農園です。

農園面積は91エーカーと小規模です。

受賞歴

ラ・フォリー農園は、グアテマラ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Exellence)において、2010年にブルボン(Bourbon)が88.95点を獲得し第5位に入賞しました。

品種

ラ・フォリー農園で栽培されている主な品種は、ブルボン(Bourbon)とカツーラ(Caturra)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ラ・フォリー農園のコーヒーは、近隣のべジャ・ビスタ・ミル(Bella Vista mill)で精製されます。

べジャ・ビスタ・ミルは、ルイス・ペドロ・セラヤ・サモラ(Luis Pedro Zelaya Zamora)氏によって管理されています。彼はセラヤ家の第4世代目のコーヒー生産者であり、農学者でもあります。

べジャ・ビスタは、ウェットミルとドライミル、輸出業者を兼ねています。ルイス・ペドロ氏とその家族が所有する農園、ルイス・ペドロ氏が管理する農園、そして近隣の農園で栽培されたコーヒーがこのミルに持ち込まれ、精製されます。

スポンサーリンク

丘の上珈琲(珈琲考房) グアテマラ アンティグア ラ・フォリー

グアテマラ アンティグア ラ・フォリー

すっきりとした甘みで女性人気No.1の珈琲。

浅煎りだと酸味だけが残りますが、適度な焙煎をすることで甘みを引き出すことができます。

ミネラル分を多く含んだ土壌が作り出すグァテマラコーヒーをお楽しみください。

丘の上珈琲

焙煎

丘の上珈琲は、コーヒーを中煎りで焙煎しています。取り扱いのコーヒーはすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれの豆の特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

焙煎 丘の上珈琲

グアテマラ アンティグアは、丘の上珈琲が取り扱うコーヒーのなかでは最もバランスがとれています。

挽き目

抽出

ドリップのコツ
「【丘の上珈琲】コーヒー淹れ方講座」,丘の上珈琲 2017年10月12日.

味 出典:丘の上珈琲

グアテマラらしい爽やかなフレーバーと甘さが印象的なコーヒーです。爽やかでありながらボディはしっかりしており、酸味と苦味のバランスのとれた飲みやすいコーヒーです。

<参考>

「グアテマラ アンティグア ラ・フォリー」,WATARU<https://www.specialty-coffee.jp/products/detail/237>

「GUATEMALA」,Collaborative Coffee Source<https://www.collaborativecoffeesource.com/guatemala>

「Luis Pedro Zelaya」,Stumptown Coffee Roasters<https://www.stumptowncoffee.com/producers/luis-pedro-zelaya>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事