Acid Coffee:エチオピア ハロ・ベリティ
スポンサーリンク

Acid Coffee エチオピア ハロ・ベリティです。

Acid Coffeeは、東京都渋谷区にあるスペシャルティコーヒー店です。

エチオピア ハロ・ベリティ

ハロ・ベリティ

ハロ・ベリティ(Halo Beriti)は、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)ゲデオ地方(Gedeo Zone)ゲデブ郡(Gedeb Woreda)ハロ・ベリティ住民自治組織(Halo Beriti Kebele)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、イルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)に分類されます。

https://www.trabocca.com/our-coffees/ethiopia/yirgacheffe/halo-beriti-washing-station/

ハロ・ベリティ ウォッシング・ステーション(Halo Beriti Washing Station)は、2017年からボレドゥ・コーヒー(Boledu Coffee)が運営するウォッシング・ステーションです。

ボレドゥ・コーヒーは、アベヨット・アゲゼ(Abeyot Ageze)とメブラトゥ・アイナレム(Mebrahtu Aynalem)によって設立されました。アベヨット・アゲゼは、この地域の出身で、自らも小さなコーヒー農園を所有しています。メブラトゥ・アイナレムは、コーヒーのマーケティングに携わってきました。2人は出会ってすぐにボレドゥ・コーヒーを設立し、ハロ・ベリティ ウォッシング・ステーションを所有・管理しています。

ハロ・ベリティ ウォッシング・ステーションの敷地面積は4.8ヘクタールで、周辺地域の小規模生産者1,250軒のコーヒーを集荷しています。

品種

品種はデガ(Dega)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

Acid Coffee エチオピア ハロ・ベリティ

エチオピア ハロ・ベリティ

ジャスミンのような甘いフローラルフレーバーとレモングラスのような酸味のゲイシャのようなフレーバーに、モカのような複雑な後味が残ります。冷めてくると、かぼすやすだちのような酸味の印象が強くなります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事