丘の上珈琲(珈琲考房):グァテマラ アンティグア サンタ・クルス

丘の上珈琲(珈琲考房) グァテマラ アンティグア サンタ・クルスです。丘の上珈琲は北海道夕張郡に実店舗があるお店です。

グァテマラ アンティグア サンタ・クルス

グアテマラ

グアテマラ(Guatemala)はシェラ・マドレ山脈(Sierra Madre)が縦横に走っている中米北部の国です。シェラ・マドレ山脈はメキシコの北西から南東にかけて連なる大山脈で、北はロッキー山脈に続き、南端に位置するのがグアテマラです。

グアテマラは火山国で、グアテマラコーヒーの多くは山脈の斜面で栽培されています。標高1,300m-2,000mの高い標高、降雨量の多い肥沃な火山灰土壌で、高品質なコーヒーの栽培に恵まれた環境です。気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グアテマラには狭い国土に8つの代表的な産地があり、山脈を挟んで気象条件が違うため、それぞれに特徴が異なります。

中央にあるのがアンティグア地区、国を囲むようにしてあるのがフライハネス地区、アカテナンゴ地区、サンマルコス地区、アティトラン地区、ウエウエチナンゴ地区、コバン地区、ヌエボ・オリエンテ地区の8つです。

これらの産地は、1960年に設立されたグアテマラ国内のコーヒー生産者を代表する組織であるアナカフェ(Asociación Nacional Guatemalteca de Café (Anacafé))によって認定されています。

アンティグア

アンティグアのコーヒー物語、apcaantiguacoffeeより
アンティグアのコーヒー、apcaantiguacoffeeより

サンタ・クルス農園(Finca Santa Cruz)は、グアテマラ中部アンティグア地区に位置しています。

グアテマラのコーヒー生産地域、CAFE IMPORTSより

アンティグア(Antigua)はグアテマラで最も有名なコーヒー生産地域です。アンティグア産のコーヒーは、ラ・アンティグア・グアテマラ(La Antigua Guatemala)とその周辺で生産されるコーヒーで、アナカフェによって原産地が認定されています。

ラ・アンティグア・グアテマラは市の名前であると同時に、基礎自治体の名前でもあります。単にアンティグア、またはラ・アンティグアと呼ばれることが多いです。

ここでは市を指す場合は「アンティグア市」、コーヒー生産地としてアンティグアを指す場合は「アンティグア地域」と呼ぶことにします。

アンティグア市はグアテマラにある22の県のうちサカテペケス県(Sacatepéquez)に位置しており、同県の県都です。

アンティグア市

アンティグア市は、グアテマラ中央高地のパンチョイ谷(Panchoy Valley)に位置しています。

アンティグア市は首都グァテマラ・シティからほど近くにある旧首都で、スペイン植民地時代のコロニアル様式の建築が数多く残る美しい都市です。1979年にユネスコ世界遺産に指定されました。アンティグアはコーヒーの他にも、「聖週間(スペイン語:Semana Santa)」というカトリックのお祭りで有名です。

アンティグア市は1524年7月25日に建設された都市で、1541年から1773年までグアテマラ総督府(スペイン語:Capitanía General de Guatemala)の首都でした。

建設された7月25日が聖ヤコブの記念日であったことから、1566年6月10日にスペインのフェリペ2世によって「グアテマラの騎士たちの聖ヤコブの非常に高貴で非常に忠実な市(スペイン語:Muy Noble y Muy Leal Ciudad de Santiago de los Caballeros de Guatemala、英語:Very Noble and Very Loyal City of St. James of the Knights of Guatemala)」という称号を与えられました。聖ヤコブは都市の守護聖人となっています。

1773年のサンタ・マルタ地震によって都市の大部分が破壊されたため、1776年に首都が「グアテマラ・シティ(シウダ・デ・グアテマラ (スペイン語:Ciudad de Guatemala))」に遷都されました。

グアテマラ・シティの正式名称は、「ラ・ヌエバ・グアテマラ・デ・ラ・アスンシオン(La Nueva Guatemala de la Asunción))」で、「(聖母マリア)被昇天の新しいグアテマラ」という意味です。

新しい首都となったグアテマラ・シティに対して、古い首都は「古いグアテマラ」を意味する「アンティグア・グアテマラ(Antigua Guatemala)」と呼ばれるようになりました。

1773年の地震で都市の多くの部分が破壊されましたが、スペイン植民地時代の約3世紀の間に建設された、古い教会や修道院が数多く残っています。市を見下ろす郊外には十字架の丘(スペイン語:Cerro de la Santa Cruz)があり、観光スポットになっています。

またアンティグア市は、スペインのコンキスタドールで年代記作家のベルナル・ディアス・デル・カスティリョ(Bernal Díaz del Castillo)の安息の地でもあります。彼は現在のアンティグア市のレヒドール(Regidor、参事)に任命され、そこで彼はそれまでの彼の新世界での征服活動を『メキシコ征服記(Historia verdadera de la conquista de la Nueva España)』という自伝にまとめあげました。

アンティグア地域のコーヒー

アンティグア地域は、アグア火山(Agua)、アカテナンゴ火山(Acatenango)、フエゴ火山(Fuego)の3つの火山に囲まれた盆地で、これらの火山活動による肥沃な土壌は高品質なコーヒー栽培に最適です。

代表的な自治体としては、アンティグア(Antigua)、ホコテナンゴ(Jocotenango)、シウダ・ビエハ(Ciudad Vieja)、サン・ミゲル・ドゥエニャス(San Miguel Dueñas)があり、グアテマラの有名農園がひしめいている地域です。

気候は雨季と乾季が明確で、夜には気温が下がります。気温は約19-22℃、年間降水量は約800-1,200mm、湿度は約65%です。豊かな火山性土壌、十分な日射、比較的少ない降雨量、涼しい夜がアンティグ地域の特徴です。

土壌に含まれる火山性の軽石が少ない降雨量でも十分な水分を保持し、日射と霜からコーヒーノキを守るためのシェードツリーが密集しています。シェードツリーは雨季と乾季の気候に合わせて剪定されます。

コーヒーハンターのホセ(José.)川島良彰氏によると、このアンティグア地域には線虫が多いそうです。

ちなみに中米、ことにグアテマラのアンティグア地区は土壌に線虫が多く、ほとんどのコーヒーの木は台木(下部に用いる植物体)にカネフォラ種(ロブスタ)を使い、上部にアラビカ種を接木しています。地面に近い部分に線があるので、見れば一目で分かります。

コーヒーハンターが見た コーヒー生産国の最新事情」 2012年8月22日 株式会社Mi Cafeto 代表取締役 川島良彰氏、friend of coffeeより

アンティグア地域は安定して高品質なコーヒーを生産する地域として、歴史的に高く評価されてきました。

2000年に「アンティグアコーヒー協会( スペイン語:Asociacion De Productores De Cafe Genuino Antigua、英語:Antigua Coffee Producers Association(APCA))」が設立されました。アンティグア地域の原産地呼称を守り、偽物の流通を防ぐために、本物のアンティグア産コーヒーには「ジェニュイン・アンティグア(Genuino Antigua)」の認証がされます。

品種

主な栽培品種は、ブルボン(Bourbon)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)です。

アンティグアのコーヒーは、グアテマラの中でも最も高品質なコーヒーとして知られてきました。

アンティグアのコーヒーは一般的に、豊かなアロマ、上質な酸味、フルボディ、優れた甘味が特徴です(実際の味は農園、品種、精製方法などによってそれぞれ異なります)。

サンタ・クルス農園

サンタ・クルス農園(Finca Santa Cruz)には、17世紀から18世紀にかけてのスペイン統治時代の遺跡が残っており、この農園の名称の由来となったサンタクルス教会もその一つです。

農園面積は15ヘクタールと非常に小規模のために、かつては単一農園としてではなく、他農園と混ぜられてアンティグアブランドとして販売されていました。当時はスターバックスの買い占めが多く、多くのアンティグアの農園がスターバックスに豆を売っていました。そのために当時のスターバックスのメニューに、グアテマラ・アンティグアと表示されていたことがあります。現在はそれぞれの農園でブランドが確立されています。

品種

この農園で栽培されている品種は、ティピカ(Typica)とブルボン(Bourbon)が90%以上です。グアテマラ産のティピカは、現在栽培している農園が少なく希少です。

精製方法

ベラ・ビスタ・ミル、Collaborative Coffee Sourceより

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

サンタ・クルス農園のコーヒーは、近隣のベラ・ビスタ・ミル(Bella Vista mill)で精製されます。

ベラ・ビスタ・ミルは、ルイス・ペドロ・セラヤ・サモラ(Luis Pedro Zelaya Zamora)氏によって管理されています。彼はセラヤ家の第4世代目のコーヒー生産者であり、農学者でもあります。

ベラ・ビスタは、ウェットミルとドライミル、輸出業者を兼ねています。ルイス・ペドロ氏とその家族が所有する農園とルイス・ペドロ氏が管理する農園、そして近隣の農園のコーヒーがこのミルに持ち込まれ、精製されます。

フルーティーな香味、スイカのような爽やかな甘味があり、滑らかな口当たりが特徴です。アンティグア産に特徴的な爽やかなコーヒーです。

丘の上珈琲(珈琲考房)のグァテマラ アンティグア サンタ・クルス

甘みさえ感じる中庸な味わいが女性に人気。

浅煎りだと酸味だけになってしまいますが、適正にローストすると甘みが感じられます。

焙煎が非常に難しく、技術力の問われる珈琲豆です。

丘の上の珈琲 ホームページより

焙煎

丘の上珈琲はコーヒー豆を中煎りで焙煎しています。取り扱いの豆はすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれの豆の特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

丘の上珈琲 ホームページより

グアテマラは、丘の上珈琲が取り扱うコーヒーのなかでは、最もバランスのとれたコーヒーです。

スイカのような爽やかな甘味があり、みずみずしい味わいです。全体のバランスが良く、とても飲みやすいです。

丘の上珈琲で取り扱われていたアンティグア ラ・フォリーについては、以下の記事を参照してください。

http://real-coffee.net/okanouecoffee-guatemala-antigua-la-folie




<参考>

「Antigua Santa Cruz」,Cropster Hub<https://hub.cropster.com/store/listings/5668>

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事