丘の上珈琲(珈琲考房):タンザニア キリマンジャロ モンデュール AA

丘の上珈琲(珈琲考房)のタンザニア キリマンジャロ モンデュール AAです。丘の上珈琲(珈琲考房)は、北海道夕張郡に実店舗があるお店です。

タンザニア キリマンジャロ モンデュール AA

タンザニア

タンザニア(Tanzania)はアフリカ大陸の東海岸にある共和国です。周辺7ヶ国に囲まれており、一部インド洋に接しています。首都はドドマ(Dodoma)です。

タンザニアのコーヒー生産地域は北部・南部・西部に大きく分類されます。国土の大半がサバナ気候に属しており、雨季と乾季が明確に分化しています。中央部がステップ気候の乾燥帯、南部と北部の高地山岳部が温暖湿潤気候で比較的高温多雨です。降水量は海岸部やビクトリア湖岸、キリマンジャロ周辺で1,000mmを超えるますが、内陸部では約500mmと乾燥しています。

タンザニアのコーヒー生産者は小規模農家がほとんどです。コーヒー生産の70%がアラビカ種、30%がロブスタ種です。タンザニアのアラビカ種はキリマンジャロ北部、アルーシャ、ムベヤ南部、ムビンガ、キゴマ西部が主要産地です。

タンザニア北部には大規模農園が多く存在し、南部には小規模生産者が多く存在しています。日本では「キリマンジャロ」ブランドで知られる北部のアラビカ種コーヒーが有名ですが、近年は南部で生産されるアラビカ種のスペシャルティコーヒーに注目が集まっています。

タンザニアのコーヒーは、かつてはタンザニアのコーヒー全体を統括するタンザニア・コーヒー・ボード(Tanzania Coffee Board(TCB))を介してしかコーヒーの取引ができませんでしたが、1994年にコーヒーの流通の自由化により、一部で農協や農家との直接取引が可能になりました。

しかし、2018年にタンザニア政府はコーヒー規制の変更を行い、現在コーヒー生産者は農業マーケティング協同組合(Agricultural Marketing Cooperative Societies(AMCOS))と呼ばれる組織にのみ、コーヒーを販売することができます。

キリマンジャロ

タンザニアのコーヒーでは、キリマンジャロで生産されるコーヒーが有名です。キリマンジャロコーヒーはキリマンジャロのふもとで生産されています。

キリマンジャロ(Kilimanjaro)の山はタンザニア北東部にある標高5895メートルのアフリカ大陸の最高峰です。スワヒリ語で、キリマは「山」、ンジャロは「輝く」の意味です。日本ではヘミングウェイ原作の「キリマンジャロの雪」という映画によって、一躍有名になりました。

このキリマンジャロのふもとは標高1,500-2,500mで、この地域では特に高品質なコーヒー豆を生産することができます。しかし、キリマンジャロコーヒーがすべてキリマンジャロのふもとで生産されているわけではありません。タンザニア産アラビカ種をキリマンジャロと呼ぶため、キリマンジャロのふもとで生産されるコーヒー豆だけでなく、タンザニアで生産される高級コーヒー豆のほとんどすべてが、キリマンジャロを名乗ることができるからです。

9) キリマンジャロ : タンザニアにて生産されたアラビカコーヒー豆をいう。ただし、ブコバ地区
でとれるアラビカコーヒー豆は含まない。

(別表2)産地、品種、銘柄の区分及び範囲の例示 「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約(平成30年6月更新)

タンザニアのコーヒーはキリマンジャロブランドの他に、スノートップ(Snow Top)やアデラ(Adela)などがあります。

*タンザニアとキリマンジャロのコーヒーについては、旦部幸博氏の百珈苑BLOGの2010年6月7日エントリー、「「ドイツ領東アフリカ」時代のタンザニア」、「イギリス領タンガニイカから現在へ」に解説があります。

モンデュール農園

モンデュール農園、European Coffee Tripより

歴史

モンデュール農園(Mondul Coffee Estates)は、キリマンジャロの裾野にあるタンザニア最大のコーヒー産地アルーシャ地区(Arusha Region)の近くに位置している農園です。

モンデュール農園は、1931年にイタリア人のヴォットーリオ・ダヴィコ・ディ・クィッテンゴ伯爵(Count Vottorio Davico di Quittengo)によって開発されました。彼はウガンダの中央アフリカ探査会社で働いた後、土地を購入する援助をするように彼のイタリアの家族を説得し、モンデュール農園を設立しました。

ダヴィコ伯爵は1983年に亡くなり、農園を見下ろすモンデュール山麓(Mount Monduli)の最高峰の丘に埋葬されました。その後、農園は彼の2人の息子によって引き継がれました。

モンデュール農園は2007年に株主グループに買収され、ブルカ農園(Burka Coffee Estates)が管理するようになりました。ブルカ農園を運営する「ブルカコーヒー農園株式会社(Burka Coffee Estates Ltd.)」は、ブルカ農園、モンデュール農園、セリアン農園(Selian Coffee Estates)の3つの農園で構成されています。

コーヒー

農園の入り口、Mondul Coffee Estatesより

モンデュール農園は標高1,650m-1,840m、モンデュール山麓(Mount Monduli)の斜面に位置しています。周辺には、セレンゲティ国立公園(Serengeti National Park)、キリマンジャロ国立公園(Kilimanjaro National Park)、ンゴロンゴロ自然保護区(Ngorongoro Conservation Area)などが広がる自然豊かな場所です。

農園は1999年と2001年にタンザニアコーヒー協会(Tanzania Coffee Association(TCA))のコンクールで金賞を2回受賞している経歴があり、タンザニアを代表する優良農園の1つです。

モンデュール山麓は、浸透性が高く、優れた水はけと保水機能を兼ね備えた深い火山灰層と腐葉土、豊富な地下水に恵まれています。また赤道直下で、高い標高が昼夜の寒暖差を生み出し、高品質なコーヒー栽培に適した環境です。

コーヒーは、シェードツリーの日陰で栽培されます。

コーヒーノキは不要な新芽などに養分を取られないよう、随時剪定を施します。また、コーヒーノキは年を経るごとに木そのものの生産性が下がり、コーヒー豆の品質が落ちるため、5-6年に一度、地上約30cmくらいの位置で幹を一旦切るカットバックという剪定を行います。カットバック後に伸びてきた芽のなかから健全な芽だけを残して、また新たに実のなる木に育てていくのです。

モンデュール農園には植木職人が常駐していて、農園をカットバック1年未満のエリア、1年後、2~3年後、来年カットバック予定の4つのグループに分け、収穫サイクル、品質の管理を行っています。

コミュニティ

農園には、農園の経営者から労働者まで全員が生活しており、1つのコミュニティを形成しています。

労働者には無料の住宅、医療サービス、スポーツ施設、無料の学校教育を提供されています。収穫期には、近隣の村から250人のピッカーが雇われます。

農園の従業員としてマサイ族が雇われています。

品種

品種はN39とKP423です。

ともにブルボン(Bourbon)の選抜種で、優れたカップクオリティを持つと言われています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

タンザニアでは、タンザニア北部のタリメ地区(Tarime District)で、伝統的にナチュラル(Natural、乾式)精製のコーヒーが生産されていますが、日本に流通するタンザニアコーヒーの大部分は、ウォッシュト精製のコーヒーです。

農園で使用される水は、自然から湧き出る2つの泉から供給されています。

規格

キリマンジャロコーヒーは、コーヒー豆の大きさと欠点豆の混入度合いによって格付けされます。

モンデュール AAは、AAグレードの最高等級です。

認証

このコーヒーは、フェアトレードのスペシャルティコーヒーです。

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す公平・公正な貿易の仕組みのことです。

貿易の不公平は、途上国の生産者や労働者に賃金の安さ、過労、健康、環境への害なとの、不当な負担を強います。フェアトレードにより、途上国の生産者と労働者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが可能となります。

コーヒーは、フェアトレード認証製品市場で大きな割合を占めています。

味の構成、丘の上珈琲 ホームページより

シトラス系の爽やかな酸味が特徴です。キリマンジャロブランドのコーヒーは、豊かな酸味で知られています。滑らかな口当たりで、クリアな後味です。

丘の上珈琲(珈琲考房)のタンザニア キリマンジャロ モンデュール AA

酸味の王様と言われるキリマンジャロの真骨頂。

浅煎りすると酸っぱくなってしまいますが、絶妙な加減で焼き上げると心地よい酸味が楽しめます。

味わいは酸味だけでなく、コクと厚みもあるのが特徴です。

丘の上珈琲 ホームページより

焙煎

丘の上珈琲は、コーヒーを中煎りで焙煎しています。取り扱いのコーヒーはすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれの豆の特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

焙煎の深さ、丘の上珈琲 ホームページより

タンザニア キリマンジャロは丘の上珈琲が取り扱うコーヒーのなかでは、最も酸味が強いです。

抽出

「【丘の上珈琲】コーヒー淹れ方講座」,丘の上珈琲 2017年10月12日.

ライムのようなフレーバー、上品で爽やかな酸味、厚みのあるボディとコクが印象的です。しっかりとボディとコクがある焙煎度のため、酸味が目立たず、バランスの良い味わいです。

<参考>

Mondul Coffee Estates<https://mondulcoffee.com/>

「Mondul Coffee Estates, Tanzania」,European Coffee Trip<https://europeancoffeetrip.com/mondul-coffee/>







Twitterでフォローしよう

おすすめの記事