工房 横井珈琲:コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位
スポンサーリンク

工房 横井珈琲 コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位です。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、北海道札幌市西区発寒にあるスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーの横井 力(よこい ちから)は、1996年に横井珈琲を創業し、北海道のスペシャルティコーヒーの先駆けとなりました。

コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位

クマラル農園

クマラル農園(Cumaral Farm)は、コロンビア(Colombia)バジェ・デル・カウカ県(Valle del Cauca)カイセドニア市(Caicedonía Municipality)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))または太平洋沿岸/チョコ自然地域(英語:The Pacífico/Chocó (natural) region、スペイン語:La región del Pacífico​​​ (de Colombia))のバジェ・デル・カウカ(Valle del Cauca)に区分されます。

農園主はアンドレス・ロンドーニョ・モントーヤ(Andres Londoño Montoya)です。

クマラル農園は、1932年創業の歴史のある農園で、スペシャルティコーヒーの生産は1999年に始まりました。農園はレインフォレスト・アライアンス(RA)(Rainforest Alliance)認証を取得しており、熱帯雨林の保全はコーヒーの品質に良い影響を与えると考えています。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)、ブルボン(Bourbon)です。

クマラル農園では、ゲイシャ(Geisha)、レッド・ブルボン(Red Bourbon)、イエロー・ブルボン(Yellow Bourbon)、マラゴジッペ(Maragogype)、カツーラ(Caturra)を栽培しています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

このロットは、2018年のコロンビア カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で91.35点を獲得し第1位に輝いたロットです。

工房 横井珈琲 コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位

コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位
コロンビア クマラル コロンビア カップ・オブ・エクセレンス 2018年 第1位

コーヒー豆の国際品評会「2018年コロンビア カップ・オブ・エクセレンス」において見事優勝した、アンドレス・ロンドーニョさんのコーヒーをご紹介いたします。

アンドレスさんが運営するクマラル農園は、1932年からコーヒー生産に従事してきました。
1999年に彼らにとって初めてのスペシャルティコーヒー・プロジェクトが始まりました。
それから、品質を高めることに取り込み続け、世界中で認知されるまでに至りました。

クマラル農園は現在、レッドブルボン、イエローブルボン、マラゴジッペ、ゲイシャ、
コンベンショナル、カトゥーラといった異なる様々な品種を栽培しています。

これらの品種は、それぞれのコーヒーの木のベストを引き出せるよう、異なる標高に戦略的に植えられています。

クマラル農園はレインフォレスト認証を受けており、彼らは「天然の熱帯林の保全が土に特別でユニークな栄養を与え、これらがコーヒー豆にダイレクトに伝わり、その品質にも反映される」と信じています。

2018年、コロンビアで最も優れていると評価されたアンドレス・ロンドーニョさんのコーヒーをお楽しみください。

工房 横井珈琲

ゲイシャ特有のジャスミンのようなフレーバーとすっきりとした味わいが印象的です。ゲイシャとブルボンを混合することで、明確なゲイシャフレーバーにスッキリとしたクリーンな味わいを表現しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事