ロゼッタ・カフェ・カンパニー:ブラジル サン・マヌエル農園 手摘み完熟豆

ロゼッタ・カフェ・カンパニーのブラジル サンマヌエル農園 手摘み完熟豆です。ロゼッタ・カフェ・カンパニーは、徳島県小松島市に実店舗のあるスペシャルティコーヒー専門店です。

ブラジル サン・マヌエル農園 手摘み完熟豆

スポンサーリンク

ブラジル

ブラジル(Brazil)は南米の東部に位置する60億本のコーヒーの木が栽培されている世界最大のコーヒー産地です。人口は約2億930万人で、日系人は約160万人です。国土の60%以上が中部から南部に高原地帯です。北部は熱帯性雨林、中部は亜熱帯地帯、南部は温帯地帯となっています。

ブラジルのコーヒーの生産は、南部のミナスジェライス州が全体の約50%を生産しています。74%がアラビカ種で、26%がロブスタ種です。ブラジルのコーヒー生産量は世界全体の生産量の約30%を占めるため、コーヒーの国際相場はブラジルの生産量に左右されます。

ブラジルは北部のノルチ(Norte)、北東部のノルデスチ(Nordeste)、中西部のセントロ・オエスチ(Centro-Oeste)、南東部のスデスチ(Sudeste)、南部のスウ(Sul)5つの地域に別れ、それらの地域はさらに26のエスタードと呼ばれる州(Estado)と1つの連邦直轄区(首都ブラジリア)から構成されています。サンマヌエル農園があるミナスジェライス州(Minas Gerais)は南東部のスデスチに位置しています。

スポンサーリンク

サン・マヌエル農園

ブラジル サン・マヌエル農園(Sao Manoel)は、ブラジルの良質なコーヒー産地として名高い、標高約850~1200mに位置するミナスジェライス州のセラード(Cerrado)地域で収穫されたコーヒーです。

セラードは1995年に、ミナス・ジェライス州政府の法令により認定されたこの州の55都市に広がる広大な熱帯サバンナ地域です。セラード(ポルトガル語で未開の大地の意味)はブラジル政府が国家プロジェクトとして農業開発を始めてから、約20年程度で南アメリカ最大の農業地域に生まれ変わった場所です。資金・技術提供において、日本もこの土地の開発に深く関わっています。土壌、栽培技術の改良により、農業に適さないとされていた広大な熱帯サバンナ地域が、世界有数の一大穀倉地帯に変貌しました。セラードは今では、「ブラジルの緑の革命」「20世紀農学史上最大の偉業」と称され、成功した開発援助のモデルとなっています。

このセラード地域で生産されるコーヒー豆は、ブラジル全土における生産量の約50%を占めています。コーヒーの生産地は山脈の地形が一般的ですが、セラードは広大な高原のため、コーヒーノキに日が均一に当たり、育成にバラツキが出ないことから、均質なコーヒー豆の安定した生産を確保できます。

また、気候は大陸性気候で、年間の平均気温は23度、夏の雨期と冬の乾期がはっきり別れるのが特徴です。セラード地域はもともと降雨量が少ない土地ですが、生産期の夏は雨季のため高温多湿で、集中的な降雨による一斉開花によって、コーヒーチェリーの熟成を均一に保つことができます。それに対して、収穫期の冬は乾季のため低温乾燥の穏やかな気候で、特に降雨量が少ないために、豆が発酵することなく、安定した収穫を行うことができます。雨期と乾期のはっきりと分かれた気候は、良質のコーヒー豆の栽培に最適です。

ブラジル サン・マヌエル農園 手摘み完熟豆は、セラード高原の中心地920-1.300mにあるサンマヌエル農園で栽培され、完熟した実のみを選別して手摘みした豆です。ブラジルでは広大な面積を持つ農園が多いため、コーヒーの果実は通常機械で収穫されます。そのため、コーヒーの果実は未熟な果実も完熟した果実も一緒に収穫し、果肉除去の段階で完熟豆と未熟豆の選別を行います。しかし、この豆は手摘みによる完熟した実だけを収穫しているため、豆の粒揃いは均一で、雑味がなく、さらに完熟豆ならではの深いコクが味わえます。

品種

品種はムンドノーボ(Mundo Novo)です。

ムンドノーボは、1943年にサンパウロのミネイロス・ド・チエテ(Mineiros do Tiete)地区で見つかった、インドネシアから移入されたティピカの亜種であるスマトラとブルボンとの自然交配で生まれたアラビカ種で、現在ブラジルを代表するコーヒーの品種です。優れた成長力があり、生産性が非常に高く、病害虫にも強いのが特徴です。

ムンドノーボは優れた成長力が発揮されるのはブラジルの土地に限られており、他の土地ではその特性が発揮されることは少ないです。ムンドノーボは他国の土地では成長力に大きな優位性は認められず、ブラジル以外ではほとんど栽培されていません。

精製方法

ブラジルではナチュラル(Natural、乾式)が一般的です。ブラジルのウォッシュトは主にヨーロッパに向けて輸出され、日本に輸入される量は少ないです。

スクリーン

スクリーンサイズは16-18です。

スクリーンサイズとは、豆の大きさを表す指標で、数字が大きいほど大粒の豆です。セラード地域でのスクリーンサイズはおよそ以下の様な割合です。

スクリーン18以上 約10%
スクリーン17 約25%
スクリーン16 約25%
スクリーン14 約20%
スクリーン15 約20%
スクリーン14未満 約10%
ピーベリー 約10%

セラード地域に特徴的な甘みの強いコーヒーです。香り高いチョコレートのフレーバーが特徴的で、冷めるにしたがって甘みが増します。手摘みによって選別された豆なので、雑味が少なく、苦味と酸味のバランスも良いです。

スポンサーリンク

ロゼッタ・カフェ・カンパニーのブラジル サン・マヌエル農園 手摘み完熟豆

ブラジル・セラード地域にあるサンマヌエル農園で採れたコーヒーです 
ブラジルの伝統的な精製方法であるナチュラル製法のコーヒーです。 
手摘み完熟豆はセラード高原の中心地標高1.000mの高地で栽培され収穫されます。 
生産農場は徹底した農業技術の下で管理され、灌漑と乾燥設備、そして水洗精選方も完備しています。 
香り高いチョコレートフレバーで、雑味がなく、 
冷めるに従い甘みが増し、最後までクリアな後味で飲んでいただけます

ロゼッタ・カフェ・カンパニー ホームページより

焙煎

焙煎:ハイロースト

チョコレートのフレーバーのなかに甘味を感じるコーヒーです。酸味、苦味のバランスが取れています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事