サザコーヒー:パナマ ジャンソン農園 パカマラ ベスト・オブ・パナマ 2019年 パカマラ ナチュラル部門 第2位

サザコーヒーのパナマ ジャンソン農園 パカマラ ベスト・オブ・パナマ 2019年 パカマラ ナチュラル部門 第2位 PACN-02(Best of Panama 2019 Pacamara No2 Janson Estate)です。

サザコーヒーは1942年創業の茨城県ひたちなか市に本社のあるコーヒー会社です。コロンビア・カウカ県に自社農園であるサザコーヒー農園を持っています。

パナマ ジャンソン農園 パカマラ ベスト・オブ・パナマ 2019年 パカマラ ナチュラル部門 第2位 PACN-02

スポンサーリンク

パナマ ジャンソン農園とボルカン

パナマ(Panama)は中米で最も南アメリカ大陸の近くに位置し、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境であるパナマ地峡を形成しています。西はコスタリカ、東はコロンビアに接し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。

パナマは紀元前1300年以前にはすでに先住民が生活していたと考えられています。パナマ中部や西部のチリキ県から金製品や彩色土器などが出土しているため、パナマにはオルメカ、マヤ、アステカなどの大規模な遺跡文明はありませんでしたが、これらを使用する先住民文化は存在していた考えられています。 1492年のコロンブスの新大陸発見後、パナマもスペインによって植民地化されます。1519年に現在の首都であるパナマシティ(パナマ市)が設立されると、ここがスペイン本国との船の拠点として繁栄しました。

17世紀-18世紀になるとヨーロッパでのコーヒー飲用が本格化したのに伴い、オランダやフランスの植民地でコーヒー栽培が始まり、グアテマラ、コスタリカ、メキシコなど中央アメリカにも18世紀後半にコーヒーが伝わりました。

パナマコーヒーの栽培は、コスタリカ国境に近いパナマ西部チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)を中心に行われています。ジャンソン農園はこのボケテのさらに西にあるチリキ県ボルカン(Volcán)地区に位置しています。

このボルカン地区には、ジャンソン農園だけではなく、世界一高額なコーヒーを生産することで有名なナインティプラス(Ninety Plus®)や、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(World Barista Championship(WBC))で世界のバリスタが使用するゲイシャで有名なデボラ農園(Finca Deborah)、名門のカルメン農園(Carmen Estate)があります。

スポンサーリンク

パナマ ジャンソン農園

ジャンソン農園、Jansonより

ジャンソン農園(Janson Farm)はスウェーデン人のカール・ジャンソン(Carl Janson)氏が、1940年代初頭に購入した農園です。タラマンカ山脈の東端、ティシンガル(Tisingal)火山とバル火山の斜面に位置しています。

ボルカンとその周辺の渓谷はカール氏を魅了しました。彼はこの土地を購入した最初のスウェーデン人となりました。現在のエスメラルダ農園の土地を所有していたハンス・エリオット(Hans Elliot氏もスウェーデン人です。この地域はスウェーデンの風土に似ていたようです。

カール・ジャンソン氏、LAGUNAS ADVENTURES ホームページより

カール氏はマーガレット・ペギー・カルホーン(Margaret Peggy Calhoun)女史と結婚し、10人の子供をに恵まれました。 彼はブランガス牛と様々な種類の馬を輸入し、酪農場を開園しました。 彼はまた、フロリダからオオクチバスとブルーギルの淡水魚を輸入し、将来世代のために豊かな自然の保全に取り組みました。

カーレ・ジャンソン氏、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより

農園は現在はジャンソン家の第3世代目によって運営されています。農園主はカーレ・ジャンソン(Calle Janson)氏です。農園ではコーヒー栽培の他に、ペルビアン・パソと駁毛のピント馬を飼育しています。

ジャンソンコーヒー農園

ジャンソンコーヒー農園、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより

ジャンソン農園はコーヒー以外にも牛や馬などを飼育しています。そのため、コーヒーを栽培している農園は「ジャンソンコーヒー農園(Janson Coffee Farm)」と呼ばれています。

農薬、除草剤を使用せず、微生物酵素によって土壌の保全をしています。 各区画を森林によって分けることによって、自然とそこに住む動植物を保護しています。

農園では400枚のソーラーパネルによる太陽光発電で電気を補い、精製処理で発生した余剰物はすべて燃料または肥料として再利用されます。

ジャンソン農園はコーヒーツアーを開催しており、ラグナス・アドベンチャーズ(Lagunas Adventures)を介して農園を訪れることができます。

品種

ジャンソンコーヒー農園では、グリーンチップ・ゲイシャ(Green tip geisha)、カトゥアリ(Catuari) 、カトゥーラ(Caturra)、パカマラ(Pacamara)が栽培されています。

精製処理

ベネフィシオ、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより

精製所であるベネフィシオ(Beneficio)は1993年に建設され、品質とエリアによってコーヒーを選別できるようスペシャルティコーヒー専用に設計されています。

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)、ナチュラル(Natural、乾式)、ハニー(Honey)です。

今回のパナマ ジャンソン農園 パカマラとゲイシャは、どちらもナチュラル精製です。

スポンサーリンク

ベスト・オブ・パナマ 2019

サザコーヒーのベスト・オブ・パナマとエスメラルダ農園、サザコーヒー メールマガジンより

ベスト・オブ・パナマ(Best of Panama(BoP))は、パナマのスペシャルティコーヒー生産を促進させるために組織された非営利組織であるパナマスペシャルティコーヒー協会(Specialty Coffee Association of Panama(SCAP))によって主催されるコーヒーの品評会です。毎年5月に審査が行われ、その審査をもとに毎年7月にオークションが行われます。世界で最も優れた専門家たちが、コーヒーの複雑な味をカッピング審査します。

ベスト・オブ・パナマ 2019は、ヴァレ エスコンディド リゾート ゴルフ&スパ(Valle Escondido Resort & Spa)で5月22~25日に行われました。1996年以来、ベスト・オブ・パナマはパナマのコーヒー農園の品質を向上させる目的で開催され、2019年で23回目となりました。このイベントでは、17人以上の現地の予備審査員、中国、アメリカ、香港、台湾、韓国、オーストラリア、ブルガリア、日本の21人の国際審査員が審査しました。

ベスト・オブ・パナマ 2019は5つの部門に分かれました。ゲイシャ ウォッシュト(Geisha Washed)、ゲイシャ ナチュラル&スペシャル・プロセス(Geisha Natural & Special Processes)、トラディショナル ウォッシュト(Traditional Washed)、トラディショナル ナチュラル&スペシャル・プロセス(Traditional Natural & Special Processes) 、パカマラ ウォッシュト、ナチュラル&スペシャル・プロセス(Pacamara Washed, Natural & Special Processes)です。

174ロットがエントリーし、そのうちオークションにかけられたのは49ロットです。

このベスト・オブ・パナマ 2019でジャンソンコーヒー農園のパカマラが、パカマラ ナチュラル部門で第2位に輝きました。

ジャンソンコーヒー農園が有名になったのは、2013年のベスト・オブ・パナマでゲイシャが第2位になってからです。

また、パナマ エリダ農園がゲイシャ・ウォッシュト(Geisha Washed)とゲイシャ・ナチュラル(Geisha Natural)の2部門で優勝しました。エリダ農園はこれで2年連続でゲイシャ2部門で優勝したことになります。

サザコーヒー パナマ ジャンソン農園 パカマラ ベスト・オブ・パナマ 2019年 パカマラ ナチュラル部門 第2位 PACN-02

サザコーヒー様々な高額ロット
ジャンソン農園のパカマラとゲイシャ ナチュラル
ジャンソン農園 パカマラ

ジャンソン農園 パカマラ

ジャンソン農園のパカマラ、ベスト・オブ・パナマ ホームページより

品種はパカマラ(Pacamara)です。

ブルボンの突然変異種パーカス(Pacas)とブラジルで生まれたティピカの突然変異種マラゴジペ(Maragogype)の交配種で、エルサルバドルコーヒー研究所(スペイン語:Instituto Salvadoreño para Investigaciones del Café、英語:Salvadorean Institute for Coffee Research)によって最初に開発されました。スクリーンS18+が95%以上を占める非常に大粒の豆です。

2019年のベスト・オブ・パナマ パカマラ ナチュラル部門で第2位に輝いたジャンソンコーヒー農園のパカマラ Lot PACN-02は、ジャンソンコーヒー農園内のラス・ラグナス農園(Hacienda Las Lagunas)の小さなエリアから収穫されたロットです。ラス・ラグナスという名前は、パナマの湖であるラス・ラグナス(Las Lagunas)から取られています。

このアシエンダは、バル火山の西、標高1,400mに位置しており、豊かな火山性の土壌と泉があります。コーヒー栽培エリアの他に200ヘクタールの私有の自然保護区を兼ね備えており、そこにはさまざまな鳥や野生生物の重要な生息地であるラグーンや湿地があります。

このエリアはパカマラの栽培を始めて3年目で、今年初の収穫を迎えました。初収穫の年にベスト・オブ・パナマ 2019のパカマラ ナチュラル部門で第2位に輝きました。スコアは90点、最高得点は国際審査員によって95点が付けられました。

ベスト・オブ・パナマ 2019 パカマラ部門の結果

このパカマラ種のロットは、2019年のベスト・オブ・パナマの影の優勝者と言われており、非常に高く評価されたロットです。2箱100ポンドがオークションにかけられ、サザコーヒーとアロマ コーヒー オーストラリア(AROMAS COFFEE AUSTRALIA)が250ドルで落札しました。サザコーヒーの鈴木太郎氏は、「人生で最も衝撃の受けたコーヒー」と評しています。

ちなみに、第1位はダニエル パカマラ ノーブル インペリアル(DAMARLI PACAMARA NOBLE IMPERIAL)で、61ドルで落札されました。第2位のジャンソンコーヒー農園の方が高く取引されたことからも、その評価の高さが伺えます。

Purple florals, rose, raspberry, winey, cherry,pineapple, dark chocolate, clean and creamy, candy silky and brown spices.

カッププロファイル、ベスト・オブ・パナマ ホームページより

ワインのような濃厚で重いフレーバーとバラのような華やかで明るいフレーバーを併せ持つ、非常に官能的なフレーバーが印象的です。ラズベリーのような酸味、ダークリョコレートのような濃厚なボディ、シルクやクリームのような滑らかでまろやか口当たりがフレーバーの印象を引き立たせています。冷めてくるとラズベリーやチェリーのような酸味がより強く感じられるようになります。

エリダ農園のゲイシャのフレーバーがラベンダー(薄紫色)で表現されるなら、ジャンソン農園のパカマラは色で表現するとダークパープル(濃紫色)です。素晴らしく官能的なフレーバーです。

サザコーヒー パナマ ジャンソン農園 ゲイシャ ナチュラル

ジャンソンゲイシャコーヒー農園

ジャンソンゲイシャコーヒー農園、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより
ジャンソンゲイシャコーヒー農園のゲイシャの木、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより

ジャンソンコーヒー農園のゲイシャは、ジャンソンゲイシャコーヒー農園(Janson Geisha Coffee Farm) で栽培されています。

ゲイシャについて

ジャンソン農園のゲイシャの花、ジャンソンコーヒー農園 ホームページより

品種はゲイシャ(Geisha,Gesha)です。

ジャンソン農園のゲイシャは、このベスト・オブ・パナマ 2019のナチュラル&スペシャルプロセス ゲイシャ部門(Natural & Special Processes Geisha)で94点を獲得し第2位に輝きました。

ロットスコアBags重さ入札単位入札合計数件名最高入札者
GNEP-02942100lbs$1.00$298.00/lb$29,800.00JANSON FAMILY SELECTIONGeshary Coffee Inc. , Scrop Coffee Roasters (Maruhan Dining)

また、ウォッシュト ゲイシャ部門(Washed Geisha)で91.75点を獲得し第10位に輝きました。

ロットスコアBags重さ入札単位入札合計数件名最高入札者
GW-1091.752100lbs$1.00$66.00/lb$6,600.00JANSON FAMILY SELECTIONScrop COFFEE ROASTERS (Maruhan Dining)

このロットは、ジャンソン農園 ゲイシャ ナチュラルのノン・オークション・ロットです。

ゲイシャ特有のジャスミンやベルガモットのようなフレーバー、そしてパカマラにもあったバラやラズベリーのような官能的なフレーバーが豊かに広がります。ふわっと広がる豊かなフレーバーという印象です。この官能的なフレーバーはジャンソン農園特有のものであると思います。ミディアムボディでクリーンな口当たり、ゲイシャの中では柑橘系の酸味は比較的控えめに感じられます。こちらも非常に高品質なゲイシャです。

<参考>

Janson Coffee Farm<http://www.jansoncoffeefarm.com/>2019年10月21日アクセス.

LAGUNAS ADVENTURES<http://www.lagunasadventures.com/>2019年10月21日アクセス.

「Lot PACN-02: JANSON FAMILY ESTATE PACAMARA」,Best of Panama<https://auction.bestofpanama.org/ja/lots/janson-family-estate-pacamara>2019年10月21日アクセス.

「JANSON COFFEE FARM」,Specialty Coffee Association of Panama<http://scap-panama.com/2017/04/14/janson/>2019年10月21日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事