澤井珈琲:マンデリンとゴールデンブレンド

今回は澤井珈琲Beans&Leaf店のマンデリンとゴールデンブレンドを紹介します。こちらは楽天市場でも加藤珈琲店と並ぶ大手のコーヒー店です。銘柄豊富なので、ゲイシャやモカマタリなど近所で見つからないレアな銘柄もこちらで購入できます。本社は鳥取県にあり、鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

澤井珈琲 Beans & Leaf店のマンデリン

インドネシアは複数の島にまたがる東南アジアの島国です( 画像2枚目の太い線で囲まれている場所です)。首都はジャワ島に位置するジャカルタです。インドネシアは世界第3位のコーヒー生産量を誇る世界有数のコーヒー大国です。

マンデリンは、インドネシアのスマトラ島北スマトラ州及びアチェ州(タケンゴン地区を除く)で栽培されるアラビカ種のコーヒー豆です。インドネシアは世界第3位のコーヒー生産量を誇る世界有数のコーヒー大国です。インドネシアのコーヒー農園は小規模農園が全体の95%も占め、残りの大規模農園が国営と民営で半々です。インドネシアでは、17世紀にオランダ軍がアラビカ種をジャワ島に持ち込んだことにより、コーヒー豆の栽培が始まりますが、現在栽培されている品種はそのほとんどがロブスタ種です。これは19世紀後半にコーヒー栽培の大敵であるコーヒーさび病菌が流行し、従来のアラビカ種を栽培していた農園が壊滅的な被害を受けたため、病害に強いロブスタ種に切り換えられたためです。

具体的には、インドネシアのアラビカ種の主な品種は、カティモール種とジャワ・ティピカ種です。有名な銘柄としてマンデリンやトラジャ、ガヨ・マウンテンが挙げられます。1,000m以上の高地で栽培され、全体生産量の10%ほどです。残り90%以上を占めるロブスタ種は缶コーヒーやインスタントコーヒーの原材料となります。

主要産地は島ごとにスマトラ島がマンデリン、リントン、ガヨ・マウンテン、スラウェシ島がカロシ・トラジャを栽培しています。

マンデリンは病害から生き残ったアラビカ種をもとに、インドネシア西部のスマトラ島のMandailing(マンデリン)族が中心となって栽培を行ったものです。Mandheling(マンデリン)はバタック族の一氏族であるMandailing族からその名が取られています。その生産量はインドネシアのコーヒー生産量の数%に過ぎないですが、その希少性と品質が認められ、同じくインドネシアのコーヒーであるトラジャと並ぶ高級ブランドとなっています。

スマトラ島は、インドネシア最大のアラビカ種コーヒー生産地です。マンデリンが栽培される北スマトラ州とアチェ州は、スマトラ島北部にあり、ミネラル豊富な火山灰の肥沃な土壌です。高温で降水量が多い熱帯雨林気候で、年間150~200日は降雨があり、乾季があまりはっきりしない気候です。

スマトラ島では湿度が非常に高く、乾式精製を行うことが困難だったため、「スマトラ式」と呼ばれる独特の精製方法を用いて精製されます。この「スマトラ式」と他の精製方法との大きな違いは、乾燥工程を2度に分け、含水量が極端に高い状態で脱穀することにあります。「スマトラ式」は、生産した農園で途中まで乾かしたコーヒーチェリーを、取引業者が集荷して、まとめて脱穀と仕上げの乾燥を行います。このような特殊な気象条件と精製方法が相まって、酸味が消え、コクが深く、独特な風味と味わいを有する、スマトラ特有の深緑色を示すコーヒ豆が生まれます。

味の特徴はアーシー(大地の香り)な風味、マスカットやオレンジのような爽やかな味わい、長く続く余韻が特徴的です。特にスマトラ・マンデリンが持つアーシーな風味は、際立った個性であるとともに、好き嫌いを分けます。

マンデリングレィテスト1
薫り ★★★★☆
コク ★★★★☆
酸味 ★☆☆☆☆
苦味 ★★★★★

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

こちらのコーヒーはインドネシアスマトラ島北部アチェ地区の1400m~1900mの高原地帯で栽培されています。 零細農家中心の丁寧な栽培と収穫。また、今地区は熱帯林の非常に肥沃な土壌のため肥料を必要とせず、実質上の有機栽培をしている農家が多く、均一な青緑色の厚みのある豆に仕上がります。その中から大粒な豆だけを集め、そして手選別によって欠点豆を取り除き、外観とカップの品質をグレードアップさせたプレミアムコーヒーです。マンデリンコーヒー独特のコクを持ったバランスの取れた味をお楽しみください!(澤井珈琲ホームページより)

スポンサーリンク

焙煎

焙煎:フレンチロースト(8段階中7番目)

フランス式の極深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です。カフェオレやウィンナーコーヒー・エスプレッソなどに向いています。
酸味はほとんどなく苦味が強く感じられます。苦味、コクに加えて厚みが出てきます。コーヒー豆の色はほ黒に近いこげ茶で、油が滲みます。エスプレッソやクリームを加えて飲むフランスやイタリアのコーヒー向きの焙煎です。

証明書がついてきます。

欠点豆ほぼありません。フレンチローストなので、豆が黒く、油が出ています。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

スポンサーリンク

アーシーなフレーバーが特徴の苦味が強いコーヒーです。非常に濃厚ですが、後味は残らず、スッキリした味わいです。

購入はこちらから。

セットはこちらから。

ドリップバッグはこちらから。

澤井珈琲 Beans & Leaf店のゴールデンブレンド

澤井珈琲 Beans & Leaf店のゴールデンブレンドはマンデリンを使ったブレンドコーヒーです。ブラジル、その他の豆とブレンドされ、マンデリンよりも優しい味わいに仕上げています。

ゴールデンブレンド
薫り ★★★☆☆
コク ★★★✪☆
酸味 ★☆☆☆☆
苦味 ★★★★☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

こちらのコーヒーは、インドネシア、スマトラ島産出のマンデリンスーパーグレードを大切にブレンドしたコーヒーで、優しい口当たりの中、一口、口に含むと口の中一杯に、重いコクと濃厚な香りが響き渡ります。そしてその濃厚な強い苦味がこのコーヒー最大の旨みと言えるでしょう。このマンデリンはマンデリンの中でも、人間の手作業によりハンドピックした良質で最高品質のものばかりを選び抜いたものを使用して一切の雑味を除きました。ゴールデンブレンドは美味しい苦味を感じて頂きたく、ブレンドしていますので、なるべく深い焙煎の方がその真価を発揮します。深い焙煎を指定して頂きますと美味しくお召し上がりいただけます。(澤井珈琲ホームページより)

スポンサーリンク

焙煎

焙煎:ハイロースト(8段階中4番目)

中深煎りです。ちょうど真ん中、バランスのとれた焙煎度合いと言えます。1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です。ミディアムローストまでに比べ 酸味が押さえられ、苦味・甘味が強くなってくる段階です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

証明書がついてきます。

欠豆、貝殻豆少し見られます。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

マンデリンよりも香りと濃厚な苦味は控えめになっていますが、バランスが良く、優しい味わいに仕上がっています。マンデリンよりも浅煎りで、他の豆とブレンドされているため、ゴールデンブレンドの方が飲みやすく、誰にでもオススメできます。

個性的な味わいを求める方はマンデリン、バランスの良い味わいを求める方はゴールデンブレンドがオススメです。

購入はこちらから。

セットはこちらから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事